押しかけ女房

作者 桐乃桐子

[恋愛・ラブコメ]

40

1,331

5件のファンレター

「あのとき助けていただいた恩返しに来ました」
三者三様の落とし前のつけ方。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

シュールなコメディ

レターを失礼します。 訪問してきた動物との交流、ここだけ切り取るとメルヘンとか童話のような世界観なのかと思いきや、思いっきり現実社会の物語で、その辺の調和はとても独創的だし、上手いなぁとただただ感心しました。 動物たちのキャラも「らしくて」魅力的ですね! 皆んなしっかりと生業を持ち稼いでるってところも、なるほど、の後に「なんでやねん!」と笑えました。 銀は、きっと反社絡みの……(汗) とてもシュールでコミカルなお話で、何かとおかしなことだらけなのに、それらが見事に物語に溶け込んでいて、 ... 続きを見る

返信(1)

このお話大好き!

するするテンポよく読めて、登場人物のビジュアルや間合い、会話が絶妙なので、楽しさがどんどん積み重なっていきました。 昔話テイストなのかと思いきや、舞台はガッツリ現代でそのギャップが面白いし、発想と展開が……たまらなくいいですね。 実は「桐乃さん最近BL書かないのかな~」と思っていたのでこの展開は大満足で、緑と琥珀が拗ねるシーンが個人的にお気に入りです。 以前「カロリー控え目でヘルシーな文章を書いてみたい」と仰っていましたよね。 桐乃さんの文章は直す所なんてないのになぁ……とそのとき思 ... 続きを見る

返信(1)

とっても楽しい!

とっても楽しかったです! 冒頭から、一つのパターンの変奏が三回繰り返されるわけですが、軽快なセリフの妙も相まって、だんだんおかしくてたまらなくなってきます。 三者三様のキャラもしっかり立っていて、それぞれかわいく魅力的ですね! 特に、純情一途で任侠的な雰囲気もある銀さんが、すっごくいい味を出していると思いました。(もう思いを遂げさせてあげて!と読みながらつい心の中で叫んでしまいました…^^;) 登場人物たちと適度な距離を取る「語り」で淡々と描かれる破壊的なコメディーの世界。桐乃さんのコメ ... 続きを見る

返信(1)

すごい‼︎ 桐乃さんワールド!

語彙が乏しくて申し訳ありません(・・;) わくわくしながら読ませていただいて、「え?」「えっ?!」「あはは!」「ほっこり。。。(しんみり…?)」というようなジェットコースター状態を楽しませていただきました。 「登場人物四人の恋愛物」というお題が、桐乃さんの手にかかればこんなミラクルショットになるのですね……。 あり得ないようなお話なのに、なぜか少しもそう感じないのです。そこであった出来事を見ているように自然に物語を眺めていました。 そして途中に出てくる身も蓋もないセリフに一人で爆笑してし ... 続きを見る

返信(1)

TVドラマを思い出しました。

桐乃さん、こんにちは。 現実感のあるファンタジー、いいですね。 それぞれの特徴をだしつつ、ミステリアスも難なくクリアし、しかもしっかり残している。 面白かったです! 状況は違いますが、貴作は僕に「パパはニュースキャスター」のオープニングを思い出させてくれました。 テレビドラマが面白く、毎週(再放送なら毎日)が楽しみだった頃を懐かしく感じました。 有り難うございました。

返信(3)

小説情報

押しかけ女房

桐乃桐子  sarusuberi424

執筆状況
完結
エピソード
5話
種類
一般小説
ジャンル
恋愛・ラブコメ
タグ
【課題文学賞1】
総文字数
4,995文字
公開日
2022年05月10日 01:25
最終更新日
2022年05月11日 13:28
ファンレター数
5