第2話 あなた誰?

文字数 3,504文字

 気づいたら存在し、ただそこに在った。

 いつからか、どこからかも、わからない。もしかしたら私が始まりなのかもしれない。

 でも、そういう。こういう?意識をし始めるという事は主体を持つという事で、ちょっと寂しさを感じたり、ちょっと「光あれ」とかいってみちゃったりもする。


 時に換算すると、どれぐらい前の事だろう?

 いいないいな人間って。と思うよりはるかはるか前の出来事だ。


 そう、この地球を司る地水火風の化身たちが生まれるよりももっと前…


この先がアルケー湖…!

 馬車を降りてから野っ原を十五分ほど歩くと、先のほうに小さく湖がみえる。

 あそこに、もちもちであまーいお菓子があるわけだ…!

 そう、今私は各地を歩きまわっている。主に甘いものを探し求めて!

 能力も才能もない人としての思考の楽しみ、食べ歩き!

まだ…だいぶあるな

 おでこに手を当て眼をしかめる。歩くのめんどうである。

 また、うまいこと湖行きの馬車が通りかかってくれたりしたら嬉しいのだが…

 ついでに、ヘソの心配をしない全肯定ご老人と相席だったりするとお得度が増す。

そこの女!逃げろ!
えっ…?

 歩くしかないと覚悟をきめた矢先。

 なぜか、私は小脇に抱えられていた。

(確かに私は小柄だけど、すごい力持ち…!)

 しょうのない感想と共に体が宙に浮く。…って女の人だ!

 長い黒髪を、高い位置で結い上げ、腰には長剣が装備されてる。どうやら戦士や剣士の類らしい。

 なるほど、だから力強い足取りで私を抱えたまま走れるわけか。大きな胸をゆらしながら…!

人さらい…!?

 とても素直な感想に、嫉妬の感情が少し混じってしまった。

 切れ長の目がこちらをチラリとみた。険しい顔つきも相まってとても気が強そうにみえる。

 ちょっと怖い。

好みの顔だが今はそれどころではない!

 だいぶ怖い返答と同時に、黒髪が野原に倒れこむ。私も当然倒れる。草と土の上とはいえ痛い。

 ドパッ!私たち二人が走っていた場所に、水の塊のようなものが着弾した。

逃がさんぞタチ!

 すでに立ち上がっている黒髪女性の視線の先に、青色で人型のゼリーみたいな生物が佇んでいる。

 どうやら彼女が攻撃してきたみたいだ。ならば、私の横にいる黒髪女性が「タチ」なのだろう。

しつこいスライムだな…ズーミ!

 タチが腰に備えた剣を構える。これ、面倒ごとに巻き込まれる感じだ…!

 スライムちゃんは、子供サイズで可愛らしい見た目とはいえ

 今の私は無能力。極力厄介ごと、特に暴力沙汰はさけて今回の人生は楽しんできたのに!

 こんな所で巻き添えで痛い死に方は嫌だ…!

 どうにかして二人から距離を…

…!

 スライムの子。ズーミって呼ばれてる子の半透明の体内にとても身近で懐かしいモノを見つけてしまう…。

 いや、そんな、まさか…!

神の名において!お前のように穢れた存在浄化してくれるわ!
黙れ水の化身!
 この地球を司る地水火風の化身…その一人…!
(つまり…!私の眷属!!)

 そう、確かに彼女の体内にきらめく一粒の欠片…あれは神…つまり私が分け与えた力の源。

 ズーミの体にある無数の気泡に隠れてはいるが、私にはわかる。だってもともと私の力だから。

大丈夫だ。私のそばにいろ

 タチがギュッと私の肩を抱き寄せる。

 面倒な事実に気づき冷や汗垂らして固まっているのが、恐怖に怯える姿にでもみえたのだろうか…?

 そんな王子様みたいなことしないでも…逃げにくくなっちゃうし!

(まずいまずい!化身たちは私が不在なことを知らないはず…!)

 そう、今この世界は神様のいない世界。いるには、いるからお留守な世界と言ったほうが正確か…

 だが神様としての役目は果たしておらず、人間に転生して遊び回っている…

 神様いません!なんて混乱は必至なので私の不在は光、一番私にちかい彼が神様のふりをしてくれている…

(ばれたら気まずい…!)
 こんな好き勝手してるとこ知られた日には…!
お前のような存在!神は許しておらん!
私の人生!どう歩もうが私の勝手だ!
 びゅ!っとズーミの腕がのびタチを襲う。

 私を抱き寄せたまま器用に身をかわすタチ。

お前の生きようは罪なのじゃ!穢れなのじゃ!
売られた喧嘩は買う主義でな!私を否定するなら神であろうと叩き切ってやる!
 ズーミが続けて腕を伸ばし攻撃を重ねる。

 ひとつ、ふたつと身をかわし、みっつめの攻撃を剣を抜き撃ち落とす。

 神様を抱えながら。

(あずかりしらぬ所でややこしいコトになってる…!!)

 激しくなる戦闘、面倒くささの増す事情、抱きかかえるついでに私の胸に当たっているタチの手!

 色んな理由で今すぐココを離れたい!

あの!もう大丈夫なので!戦闘の邪魔でしょうし!離してもらったり!
なにを言ってる!ここで離れるのは危険だ!相手は水の化身だぞ!
(化身だから離れたいの…!)
 と叫んでやりたいどころだが、それじゃあ身バレを加速させてしまう。
残念よの~タチぃ~。いかな凄腕の剣士といっても水の剣ではの~

 これ見よがしに口元に手を当て嘲笑うズーミ。

 言われてみると、タチが片手で握っている剣の刃は、半透明でキラキラと太陽の光を反射させている…

 先ほど攻撃を撃ち落としたときも鈍い不思議な音を立てていたが、アレは水がぶつかり合う音だったのか。


お前とワラワの愛称はサ・イ・ア・ク。受けれはしても、攻撃はできまいて…せめて他の化身があいてならの~!
 心底嬉しそうに、性格の悪いお嬢様みたなケタケタ笑いのズーミ、煽っているとかしか思えないがそれよりなにより…。
あの!
なんだ?
せめて私持つとこ変えてくれませんか!

 気になる…タチの手が胸に当たっているのが…!戦闘中だし、危機的状況だし、相手は化身だし、神様サボってるし、なによりタチさんも善意で抱き寄せているんだろうから!場合じゃないのはわかっていてもすごく気になる!

 だって!なんか気づいたら手がどんどん移動してて、胸を鷲掴まれている気がするから!

…気にするな。いい触り心地だぞ。
やっぱり意図的だ!!

 この人!なんかおかしいと思ったんだ!最初の返事とか!距離感とか!状況が状況だから後回しにしてたけど!

 全力全身で離れようとする私と、まんじりともせず片腕で抱き寄せたままのタチ。


暴れるな。危ないぞ?
近い!近い!顔が近い!あなたが一番あぶっ――
ワラワをほっとくな!!!
 とてもまっすぐな返しをしようとした矢先、突然タチがどんと私を突き放した。

 そう一応戦闘中だったのである。そして一応いままではちゃんとズーミを見てたのである。

 今さっきのくだらないやり取りの前までは――

 タチがズーミの振った腕にぶつかり転がり飛ぶ。


タチさん!

 まったくもって彼女に対して良い印象はないのだけど、つい心配の声が漏れてしまう。

 攻撃の巻き添えにならぬよう、反射的に私を離した彼女と同じように。


戦いの最中にイチャつくとはなにごとじゃ!

 ぐうの音も出ない正論だけど、いちゃついてたのは彼女だけだ。

 吹っ飛ばされて転がったタチに、ズーミが手をかざす。

 水がうにょうにょと広がり、水の玉となりちタチを包み込んでいく。

ッツ…!おっぱっいの誘わく…!

 あの人、こんな状況でまだしょうのないコト言いかけなかった?

おぬしは見逃してやる、さっさと行くがよい
えっと…はい…

 しっしっと犬を追い払うようなしぐさをするズーミ。その横には水に捕らわれたタチ。


 そう。別にこれでいいのだ。元々私には関係がないはずだし、タチにされた事といえばセクハラ。


 神様だって切るとか怖いコトいっていたし、あまり長居して神様サボりばれたら恥ずかしい、

痛い思いをするのもまっぴらごめんだ。

…!…!

 苦しそうに、水の玉のなかでタチがもがいている。きっと息ができないのだ。

 タチの口から沢山の空気の泡があふれ出ている。

 でも今の私は無能力、無才能、なにもなしのナナ。

なんじゃ?はよ散れ。健全に生きろよ。
…えっと。わかりました。

 でも一応、私を突き飛ばしてくれたんだよな…。

 もがき苦しむタチを見ているのが忍びなく背を向ける。きっとこのまま湖へと足を進めるのだ。

 なんかおいしいもちもちの甘いお菓子があるんだって!それを食べるのが私の今の目的だ!


…ごめん!化身ちゃん!!
???
 くるりと背を向けたのに、またくるりと向き直った私。

 ズーミの顔にはなんだコイツ?と書いてある。

ごめん…!私あなたの弱点わかるんだよね…!

 ぴょん!ズーミに体当たりするみたいに飛びこむ。伸ばした両の手は、かつて私が分け与えた力の源へと向かう。

 無数の気泡に隠れているが、私にはわかる…。

なっ!!
できることは一応しておかないと…!
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

[ナナ]

死んでもやり直し、同一の主観を持つ転生を繰り返している。

タチと出会い今、この瞬間、しがみ付いてでも離したくない思いを知る。

言葉の人。

「美味しいもの食べてる時が一番幸せ!」

[タチ・ユリ]

なんでもいける素敵ビッチ。

男も女も抱くし、責めも受けも味わう遊牧民の子。神を抱く女。

今を楽しむため、強靭で健康な肉体を悪魔と契約して手に入れた。

代償は寿命の半分と、子を宿す力。

肉体の人。

「うるさい。抱くぞ?」

[ズーミ]

水の化身。

化身として新米なため、のじゃ喋りで威厳を持たせようとしたりする。

人間大好き。

情の人。

[ユニコーン]

やっかい処女厨。

ナナが好き。タチが嫌い。

ナナを見守っていたくて、出会った時から追っかけをしている。

おぼれる人。

[ヒタム・ストレ]

前職をタチのせい(?)で追われ、新たな主人としてナナを追っかけている。

騎士でいたい人。

[黒衣の人(ポチ)]

増えた世界から、まっとうに転生してきた人。

奴隷を買いハーレムを築いたが虚しさを覚え、刺客としての役割を果たす。

タチは抱きたがっている。

寂しいおじさんの人。

「世の中を大切にしたいと思うわけがない、大切にされた覚えがないからな。」


[アチャ]

火の化身。

火の大陸で自らを神と呼ばせ、人を手下として使っている。

お気に入りの国に肩入れしたりもしてる。

[ナビ]

風の化身。

酒場でバイトしたりしている。

ウゴゴゴゴォ

[おばーちゃん]

「素敵じゃないの」

新機体。主人公だからね!

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色