第69話 火と犬。

文字数 4,987文字

 火の化身アチャは、強かった。

 光の化身イトラに選ばれ、力を与えられたポチですら(かな)わぬ程に。


 当然といえば当然の話だ。神に与えられた「源」の力を持ち、世界にある4つの大陸の内一つを司る「化身様」人間が敵うはずがない。

 土の化身ダッドにしたって、ポチが圧倒できたのはあくまでそれが「一部」だったから。今この場にいる土塊(つちくれ)を消したからって、ダッド自体を殺したことにはならない。

 

 そんなこと、ストレも初めから知っていた。

 だけど、自分より遥かに強いポチの力を見て、一部とはいえ化身を圧倒する姿を見て、勇気づけられたのも事実なのだ…直後に、こんな一方的な事態に追い込まれるとは思いもよらなかった。

ッツ…!

 ストレは体の痛みで声を漏らす。

 アチャとの戦いが始まってからまだ10分と立っていまい。

 左腕と両太ももに軽度の火傷と切り傷、先程喰らった攻撃で頭部を打ち付け足元もおぼつかず――しかし、補助行動が主な彼女より、直接対峙しているポチのダメージはより深刻だった。

わん!!!

 千切れた右腕を咥え、くぐもった声で、元気よく吠える。

 既にこれで3度めの裂断だ。

 

 持ち前の回復能力でどうにか保たせているが、今までの負傷、常人ならば百回は死ねる量を貰っている。

 右腕が2回・左腕が1回切り離され、その度戦いの流れは止まったが、アチャは追撃をしなかった。

いいねー!いいねー!ほら又くっつけろ!待っててやるからよ!!

 意地悪い笑顔を浮かべ、挑発的に両手を叩くアチャ。

 彼は実力差を見せつけ、残虐な遊びとしてこの場を楽しんでいた。


 今ポチが咥えている腕も、アチャがちぎり取り投げ返してきたのだ。

 犬に枝を投げて遊ぶように。


 それでもポチは()える事なく立ち向かい続ける。

大丈夫かポチ助…ここは一旦冷静に――

 なったところでどうにかなるとは、ストレも思っていないだろう。

 しかし、残酷な光景をこのまま繰り返すわけにもいかない、彼は仲間だ。

(どうする…!勝ち筋は見当らないし、逃してくれるとも思えない…。ポチ助が力尽きるか、奴が(たわむ)れに飽きた時…私達は終わる。)

 先程まで、ただただ前進を続けるポチに合わせて、攻撃を重ね補助することに思考が精一杯だった。

 強大な敵との戦いに勝つために。


 だが、負った怪我と見せつけられた戦力差のせいで、体が自由に動かず脳みそは、どう生き延びるかしか考えられない。

(どうする…どうすれば、チビ様の元へ…!)

 ただただ前進するポチを見て、ただただ退路を探し出そうとするストレ。

 アチャに立ち向かう気持ちなど、とっくに消えていた。自分より遥かに強い犬がこれ見よがしに「わからされ」続けているのだから。

生きたいか?時間ぐらいなら稼いでやるぞ。
(…ポチがしゃべった!)

 絶望的状況で逃げの思考に引き込まれていたストレに向かい、体半分を黒ずませ、焼け焦げた匂いをただよわせて。

 今度の攻撃も、火の化身にやすやすと受け流されたのだ。

なんだ、しゃべれるのかよお前。
 出会ってから、鳴き声と雄叫びしか聞いていないアチャが腕を組み、2人を見下す。
…一人で逃げたりはしない。チビ様に合わせる顔がなくなる。

 ストレがポチからの提案をすぐに否定できなかったのは、生き延びたいという怯えからではない。

 頭を巡る逃亡計画は、初めから「2人で。」が絶対条件。

 言葉に詰まった理由は、ただポチの顔に見とれてしまったからだ。

なぜ…そんなに笑顔なんだ?ポチ助。

 ポチの半分焦げた顔がみるみる元の肌に戻っていく、驚くべき再生力だが、異様なのはソコでは無い。

 ナナ達と二手に別れ、馬を駆けてからずっと…彼はずっと笑っていた。


 今こんな状況でも、なおのこと嬉しそうに、心の底から楽しそうに。

あぁ…なんで…なんでなんだろうな!自分にも解らない!なんでこんなにも世界が輝いてしまうんだろうな!!!

 突然、人語をしゃべり始めたポチ。

 彼の感情がわからず戸惑うストレ。ポチはタチがこの場に居なくても楽しそうだった。


 打開する作があるとも、生き延びるすべがあるとも思えない。

 もう二度と、愛しのご主人さまに会えないかもしれないと言うのに、ポチは楽しそうだった。

痛みもある!死ぬんだろうなという予感すら感じている!なのに!!

 一度口を開いたら(たが)が外れたのだろう、犬の(うな)り声で言葉を発する。

 自らの中から何かが溢れさせるように、大きく口を開き、ポチはこの場に居ない誰かに向かってしゃべり続けた。

楽しい!楽しいぞ!!どうすればこんな俺が作り出せるんだ!?今は死にたく無いのに死にそうで…!それでも!こんな!?あぁ…ご主人さま!!ご主人さまのおかげで俺は!!

 天を仰ぐ。

 そのままの行為を、そのままの姿でポチはした。

 犬として。

ポ…ポチ助…!落ち着いてくれ!今はそういう感じじゃない!!あの変態はいないのだぞ!!

 全身で喜びを表現しながら、体の一部を猛らせたポチ。

 なだめようとするストレの言葉は、もちろん彼の耳に届いていない。

会話できるだけのオツムがあるかと思えば…脳がヤラれてやがる。(あが)めるって行為はな、上位の存在にするもんなんだよ!神や化身様にな!いったい誰を崇めてやがる!!

 アチャは苛つきながらポチを罵倒した。

 戦い始めてからずっと、アチャはどんな攻撃を受けようとも、薄ら笑いを浮かべていたのに。

 今までにない怒りの感情が表に出る。

俺の神は俺が決める…!いや、決めさせられている!!あの方が俺の()しだ!俺の神なんだ!!!

 大きく吠えて、ポチは走った。

 まるで自らの意思ではなく、誰かの力で動かされているような、不自然で突飛な動きで。


バチン!

 黒々としたポチの剣が、アチャの右手と交差する。

 今までと同じ、その先にまで刃は届かない。




 はずだった。

てめッ!!?

 ありえない軌道でポチの刃が剣筋を引き、アチャの体に黒い傷がつく。

 

 人間のえがけない、アチャの予想外の(すじ)の攻撃。

 ポチの込めすぎた力で(ひしゃ)げた腕が、それでも剣を握り締めた拳が、もたらした人外の攻撃。 

 

 自らの力だけではなく、誰かの力で作り出した攻撃が。

俺には自由なんてないんだ!!推しに惹かれ、導かれた…ただの犬!!
なにがオシだ!!どこの言葉しゃべってんだ犬コロ!!!

 予想外の攻撃をくらい多少のダメージを負ったものの、アチャは怯むことなく反撃する。

 ポチの体に燃える拳がめり込み、胴にめり込んだ。

 腕一本。きれいにアチャの右腕がポチを貫く。

推しだ!!すべてをなげうち、(ささ)げたいんだ!!何もかもがくだらなく、うざったらしく感じていたこの俺に…なぜ!?どうして喜びなんてあたえられるんだろう???なぁ!?
知るかボケ!中から焼かれて死に失せろ!!

 問に答えることなく、怒りと同じく熱量を上げるアチャ。

 ポチの再生能力と、火の化身の燃える体がつながって黒い煙を異音と共に発生させる。


なんでなんだろうなぁ!!!

 望んだ返事を貰えなかったポチは、胴を燃える腕に貫かれたまま、楽しそうにストレの方へと顔だけ向ける。

 とても、異様な光景がそこには広がっていた。

わ…わたしに尋ねられても…困る…というか怖いぞ、ポチ助。

 完全にどうかしている瞳をまっすぐと向けられ、唖然とするしかないストレ。

 この状況でも、自身の中に湧き上がる衝動に身を(よじ)らせるポチ助に、誰かの影を感じられずにはいられなかった。

俺様にはテメーのその収まりが、うざったくてしかたがねぇーんだよ!!人間に仕える人間なんぞ、クソダサくってしかたがねぇ!同族が同族の下につくってのはなぁ…弱さを認めてるってだけだろうが!!

ゴン!

 アチャは苛立ちを増し、怒りに任せてポチに頭突きを加えた。

 体に食い込んだ黒い刃をものともせず、貫いた腕を軽くねじり、ポチに痛みを与えてどちらが上かをわからせようと。

そうだ!俺はこんなにも弱く!こんなにもしょーもない!!わかりますご主人!!それこそがあなたを引き寄せてくれた!!

 ポチも負けずと、重なり合った額を押し返し、額からも黒い煙をあげさせた。

 (ひしゃ)げた腕と、剣を握った拳にいっそうの力を込め、ねじ込まれた燃える腕を焼けた内蔵で締め上げる。

気持ちが悪ぃーんだよ!!

バコン!!

 合わさった頭を大きくそらし、もう一撃とポチの頭に頭突きを見舞うアチャ。

ご主人さま!愛してるわん!!!

バゴン!!

 貰った一撃で火だるまになった頭を、アチャ以上に大きくそらし、ギラつく瞳で頭突きを返すポチ。

死ね!その気色の悪い考えを脳みそごとふっとばしてやる!
バゴン!
わん!!
バゴン!
死ね!死ね!
わん!!わん!!!
バゴン!バゴン!
気持ちが悪いです!!!

 幾度かそんな応酬を見せられたストレが、つながった2人の間を綺麗に槍で切り分けた。


 最上段。熱と衝撃でとろけたチーズみたいに糸引く2人の額。

 中段。黒い刃を握りしめたポチの腕と胴を貫くアチャの腕それぞれ一本。

 下段。なんかポチ助の猛っていたアレ。

 

 まとめて綺麗に一撃で。

 1つになりかけた2人を見事に区別した。

なにすんだ女ァ!!!
わぅん!!!
 激しい対立をし、頭突き合戦を繰り広げていた2人だが、割って入られるの気に食わないようで、ストレの水差しに声を荒げる。
こんなもの見させられてる方の身にもなってくれ!?の…脳みそっぽいのが飛びちって…うっぷ…。

 目の離せない攻防…攻攻(こうこう)ではあったが、常人からすればとんだ残虐ショーである。

 頭突きが繰り出されるたび、グロテスクが加速していたし、立ち込める臭いも煙も増していた。

こんな奴、脳みそが欠けたってかわりゃしねーだろうが。
 切られ飛んだ燃える腕を拾い、簡単につなぎ合わせたアチャが「台無しにしやがって」と舌打ちをする。
仕える喜びは私にだってわかる…!しかし、少し落ち着いてくれポチ助。絶対変だ…!

 ストレは、切り落としてしまったポチの腕を拾い、ポチにくっつけようとする。

 切り口に近寄ると人の焦げた臭いが増すのだろう、口元を覆い顔を紫色に染まっていく。

チッ!何が「仕える喜びだ」てめぇーも狂信者かよ…!どうなってるんだ元神の周りの人間どもは…!!
い、いやポチ助と一緒にはしないでもらいたいが…。私はもっとこう…健全で由緒正しい、騎士としての――…そんなことを言い始めたら、火の化身!あなただって光の化身にかしづいているのだろう?

 仲間ではあるが、同類と見られるのは心底嫌そうで、ストレは慌てて言い訳を考える。

 

 飛んだ腕を拾う時、再び距離は広がり、男たちの熱は少し冷めたようだが状況に変わりはない。

 互いに切り落とされた腕をつなげ、敵として再び正面から向き合う。

勘違いするんじゃねぇーよ。今はイトラの側についちゃーいるが、奴だって当然ぶっ殺す。神が消えたこの世界、イトラとヤウがやり合って力が弱まれば…次の支配者はこの俺だ!

 ポチに当てられたのか、アチャまでもが犬のように天を仰ぎ力強く吠えた。

 ゆっくりと落とした顔には、小馬鹿にした笑みはなく闘志に満ちた炎が宿る。

同族にかしづくような雑魚共が!この俺様に(かな)うかよ!!
わん!!!

 簡単に男たちの火は付き直した。

 主人への想いと、力への渇望で。

ま、まて!!せめて頭突き以外の方法で決着を…!!

 ズンズンと、互いに大股で歩み寄り、再び額を打ち合わせる気の犬と化身。

 これから見せられる光景に戦慄(せんりつ)する人間。

魂の中まで犬に堕ちやがって!!!
わん!!!

 見下しではない、軽蔑の色で空気を揺らすアチャと理解に喜ぶポチ。


 そして、ずっとナニかが気になっている様子で落ち着きのないストレ。

ぶっ殺してやる!
わん!!!
というか!!!ポチ助!!アレつけなくていいのか!?私は拾わないからな!!!

 もう一歩、あと一歩というところでストレの余りに悲痛な叫び。

 指差された先に落っこちているのは、ポチのつけ忘れられた「猛り」。

 それに気づいた2人の歩みが止まった――。


 わけではなかった。


 空が輝いたのだ。大きく白く。

…イトラ?

 アチャが呆けた顔で空を見る。

 釣られてポチとストレも空を見る。

 

 その時、丁度、ヤウの手により光の化身がこの世から失われた。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

[ナナ]

死んでもやり直し、同一の主観を持つ転生を繰り返している。

タチと出会い今、この瞬間、しがみ付いてでも離したくない思いを知る。

言葉の人。

「美味しいもの食べてる時が一番幸せ!」

[タチ・ユリ]

なんでもいける素敵ビッチ。

男も女も抱くし、責めも受けも味わう遊牧民の子。神を抱く女。

今を楽しむため、強靭で健康な肉体を悪魔と契約して手に入れた。

代償は寿命の半分と、子を宿す力。

肉体の人。

「うるさい。抱くぞ?」

[ズーミ]

水の化身。

化身として新米なため、のじゃ喋りで威厳を持たせようとしたりする。

人間大好き。

情の人。

[ユニコーン]

やっかい処女厨。

ナナが好き。タチが嫌い。

ナナを見守っていたくて、出会った時から追っかけをしている。

おぼれる人。

[ヒタム・ストレ]

前職をタチのせい(?)で追われ、新たな主人としてナナを追っかけている。

騎士でいたい人。

[黒衣の人(ポチ)]

増えた世界から、まっとうに転生してきた人。

奴隷を買いハーレムを築いたが虚しさを覚え、刺客としての役割を果たす。

タチは抱きたがっている。

寂しいおじさんの人。

「世の中を大切にしたいと思うわけがない、大切にされた覚えがないからな。」


[アチャ]

火の化身。

火の大陸で自らを神と呼ばせ、人を手下として使っている。

お気に入りの国に肩入れしたりもしてる。

[ナビ]

風の化身。

酒場でバイトしたりしている。

ウゴゴゴゴォ

[おばーちゃん]

「素敵じゃないの」

新機体。主人公だからね!

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色