第62話 花火。

文字数 3,291文字

 次の日の夜。

 なんと祭りが始まった。


 いつも通りに賑やかで楽しそう。

 アタシはヒトからもスライムからも離れた秘密の場所で、祭りの音と空を楽しんでいた。

(ヒトが疲れて静かになったら、新たな棒を探しに行こう。)

 いつも思う。アタシがヒトだったら毎日全てに感謝して、毎日祭りにするんだけどな。

 だってその方が絶対楽しい。賑やかで。騒がしくて。寂しくなくて。


 美味しいモノだっていつでも食べれて、棒だって手に入る。

 踊って、しゃべって、笑って…。

 なんでそうしないのだろう?スライムのアタシには理解できない。

スライムちゃん。

ビク!!

 突然のしゃがれた声に体が跳ねて広がった。

 振り向くとそこにヒゲオジがいた。あとイヌも。


 …なんで??

約束しただろう?俺のコレクションをみせるって。

 何言ってんだか分んないけど、肩に掛けたカバンをパンパン叩いてる。


 ヒゲオジがアタシの横に来て、カバンの中からナニかを取り出した。

ほらこれ。丸いだろ?

 なにこれ?石じゃん。


 ヒゲオジは嬉しそうに丸い石を次々引っ張り出して、均等に並べる。

さすがに全部はもってこれなかったんだけどな。家には、こ~んなでっかくて真ん丸の石もあるんだぞ?

 たぶん、きっと。

 アタシが宝を見せたから、そのお返しに持ってきてくれたんだろう。


 悪いけどこんなただの丸い石、あっちこっちに落ちてる。

 でも、ヒトには珍しいのかもしれない。

ほらみろコレ。星形の跡がついてるんだ。
わん!!

 でもま。ヒゲオジはスッゴク自慢げで、なんでかイヌまで盛り上がってて。

 どうしてかアタシまでウキウキしてきたので、これでいい気がする。


 何言ってんだか分んないけど、ヒゲオジが並べる石をアタシとイヌは楽しく眺めていた。

おっと、忘れる所だった。キミにプレゼントがあったんだ。

 ヒゲオジが服の内側から紙袋を取り出した。

 ヒトって不便だよね。自分の体にしまえないんだもん。

少し冷めてしまったけど…キミには丁度いいかな?
!?

 それは…!それはまさか…!

 

 棒だった。

 二股に分かれた棒。

 それも実付きの!!

「!!」「!!」

 アタシは体の中をポコポコさせながら釘付けになる。

 湯下たってるじゃん!!棒!!!

これはキミの。こっちは俺とジェットの分だ。

 ヒゲオジが一本、アタシの方へと棒を差し出す。

 

 まさかヒゲオジ・・・!アタシにくれるっていうの!?

ほら。遠慮せずお食べ。右に刺さってるのがイモで。左が肉だ。
ヒゲオジスキ!!
  差し出された棒に、震える手を伸ばす。
キミには熱いかもしれないから、気をつけてな。

 何言ってんだかわかんないけど。

 この素敵で優しい生き物はなんだ?汚いヒゲなのに。


 言葉も通じないスライムのアタシに、どうしてこんな優しくしてくれるのか。

キミが食べないと、ジェットも食べられないよ?
へっへっへ。
 イヌがよだれを垂らして、お座りしている。

 まってよイヌ。アタシにだってココロの準備ってもんがあるんだよ。

パクリ。

 口に含んだ瞬間。

 体内に美味しさが花開いた。

 

 花火ってやつかな?

おいしい!!!

 自然に目が閉じ、全身が震える。

 なんと神聖で、愛おしい食べ物だろう!

 これがヒトの作った食べ物!


 おいしい!

はっはっは!言葉が通じなくてもわかるよ。おいしいだろう?俺の知り合いが作ってるんだぞ?今が稼ぎ時だ。

 何言ってんだか分んないけど。大好きだよヒゲオジ!あとでそのヒゲ洗ってあげるよ!

 

 夢中になって頬張り食べる。


バグバグモグモグ。

 今回の祭りはなんて最高なんだろう。


 綺麗に平らげた後に残るは、アタシが作りだした棒!

 こんなことってあっていいのだろうか?
気持ちい喰いっぷりだ。

 ヒゲオジとイヌも一緒に食べた。

 こんな美味しいご飯は始めてだ。


 自分で棒まで作り出してしまった。

…。
この串かい?こんなゴ――。…良かったら貰ってくれるか?

 ヒゲオジの手にする棒をみていたら、アタシにくれた。

 ヒゲオジ本当にいい奴だ。

ヒュルルルル。

 そんな幸せな時。

 風を切る音が空を駆けた。


パァーン。

 輝く花だ。あの花が咲き始めたんだ。

 ヒトが祝い、楽しむ花。

!!

 アタシは慌てて池に飛び込む。

 あの花は続けて花開く。

 

 やっぱり見るなら水中からじゃなくちゃ。

ヒゲオジ!!イヌ!おいでよ!!
 何言ってんだか分んないだろうけど、バチャバチャ水面を叩いて、池へと招く。
なんだ?来いってか??

 戸惑いながら、身を乗り出すヒゲオジ。

 

 早く早く。五輪ぐらいしか咲かないんだから。

しかしな…綺麗な池をよごしてしまうぞ?
そんなのいいから!一緒に見ようよ!アタシがあとで綺麗にするって!!

 何言ってんだかわかった気がした。

 気にするなってヒゲオジ。

わかった。わかった。…あとで怒るなよ?

 アタシの急かしように押されてか、ヒゲオジとイヌが向き合って頷く。


バシャン!

 小さな池に大きな波紋が波うつ。


 アタシとヒゲオジとイヌ。

 言葉の通じない生き物が、仲良く水中に肩を並べる。

 水の生き物はアタシだけなのに。

ヒュルルルル。

 2つ目の空気を裂く音。


チャポン。

 アタシが浅く潜ると、ヒゲオジとイヌも続いた。


バァーン。

 見上げると色とりどりの輝く光。

 水に反射して、まとまりなく散らかり広がる。


 くぐもった音と振動が、水づたいで全身に響く。

 いままで。独り占めしてきた光景。

 いままで。分かち合えなかった景色。


 汚いヒゲのヒトと毛が抜けるイヌ。それにぼっちのスライム。

 こんな瞬間が訪れるなんて、なんて不思議で素敵なのだろう。

なんと…!水中からはこう見えるわけか!!
ザパァァン!

 水面に顔を出し、息継ぐことも忘れて、ヒゲオジが興奮気味に声をだす。

美しい!これは酒が飲みたくなるな!!
わう~ん!
でしょでしょ!!

 嬉しい。

 何言ってんだか分んないけど。同じ気持ちなことは分かる。


倒木にあった時はなんてついてない人生だと思ったもんだが…たった1日でひっくり返るとはな…。わからんもんだ。
…?

 力を抜いて、池に浮かぶヒゲオジ。

 何言ってんだかわかんないって。

 次の花咲いちゃうよ?

キミのおかげだ。ありがとうな。
 でた。アタシの好きな響きのヤツだ。最後のヤツ。
…あり?んがと?
はっはっは!すごいなキミは!そうだよ。ありがとうだ。

 アタシはヒトが好きだ。

 頑張れば意思が通じることがある。

 ヒドイ目にあわされたこともあるけど、それはヒトだからじゃない。

ヒュゥウウ~。パァアアン。


 次の花火が空に広がった。

 地上で見たのは久しぶりだ、この輝きもまた美しい。



 スライム全部が嫌いじゃないのと一緒で、ヒト全部は好きになれないだろうけど、できれば沢山仲良くしたい。

 

 たぶんこの時。アタシはそう思ったんだ。

抱かせろ!!!

 やかましい言い争いに目が覚める。


 いわゆる。いつものヤツだ。

 タチにナナ。ユニコーン。

 最近はナビ様まで積極的に関わろうとしている。

(…こんな高い空の上からだと、花火はどうみえるのじゃろう?)

 寝起きの頭によぎった思考で、懐かしい夢をみていたコトを思い出す。


 あれから何度かヒゲオジと花火をみた。

 わらわがただのスライムだった頃。まだ若く。まだ青い。300年も前の話。


 火の化身と水の化身。二人が喧嘩して、水の大陸を大波が襲うその時まで。

(いつからこんなしゃべりになったんじゃったかの…。) 

 理由は覚えている。威厳が欲しかった。

 先代に授かった、この力にふさわしい姿になるために。

 今度は大切なモノを護れるようにと…。背伸びをして。

 

 それがなぜか、光の化身に歯向かい、争おうとしている。

(今のわらわなら、きっとおぬしを護れたじゃろうな…。)

 夢を見るといつも思ってしまう。けど、そんなに引きずられはしない。なにせ、昔の事だ。


 時の流れとは、大波よりも残酷に全てを流す。

(それでもわらわは…正しく居たいと思うよ。水の大陸を…アルケー湖のみんなを…友を護れるようにと…。)

 高い高い空の上なのに、なぜか、花開く音が聞こえた気がした。

 

 くぐもってくぐもって、水中で全身に響くあの懐かしい音が。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

[ナナ]

死んでもやり直し、同一の主観を持つ転生を繰り返している。

タチと出会い今、この瞬間、しがみ付いてでも離したくない思いを知る。

言葉の人。

「美味しいもの食べてる時が一番幸せ!」

[タチ・ユリ]

なんでもいける素敵ビッチ。

男も女も抱くし、責めも受けも味わう遊牧民の子。神を抱く女。

今を楽しむため、強靭で健康な肉体を悪魔と契約して手に入れた。

代償は寿命の半分と、子を宿す力。

肉体の人。

「うるさい。抱くぞ?」

[ズーミ]

水の化身。

化身として新米なため、のじゃ喋りで威厳を持たせようとしたりする。

人間大好き。

情の人。

[ユニコーン]

やっかい処女厨。

ナナが好き。タチが嫌い。

ナナを見守っていたくて、出会った時から追っかけをしている。

おぼれる人。

[ヒタム・ストレ]

前職をタチのせい(?)で追われ、新たな主人としてナナを追っかけている。

騎士でいたい人。

[黒衣の人(ポチ)]

増えた世界から、まっとうに転生してきた人。

奴隷を買いハーレムを築いたが虚しさを覚え、刺客としての役割を果たす。

タチは抱きたがっている。

寂しいおじさんの人。

「世の中を大切にしたいと思うわけがない、大切にされた覚えがないからな。」


[アチャ]

火の化身。

火の大陸で自らを神と呼ばせ、人を手下として使っている。

お気に入りの国に肩入れしたりもしてる。

[ナビ]

風の化身。

酒場でバイトしたりしている。

ウゴゴゴゴォ

[おばーちゃん]

「素敵じゃないの」

新機体。主人公だからね!

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色