第42話 誰が神を慰めるのか。

文字数 3,677文字

 瓦礫の山の中。夜を迎える。

 黒衣の男は無事に体をつなげ、指をならし現れた黒馬と共に消えた。


 必ず帰ってきます。

 そう言い残して。


 私はタチに沢山抱かれた。

 タチに触られていると、自分の中身を強く感じる。

 感情なのか、心なのか、魂なのか…。

 感じているのは肉体なのに、自分の中身が揺さぶられる。


 誰に向けてかもわからないけど「ごめんなさい」と繰り返し謝る私に、タチはずっと「良い子だ」と返してくれた。


 愛してる。大好きだって。ずっと、ずーっと伝えてくれた。


 私は涙が枯れるまで泣いて、必死にタチにしがみ付く。

 何もかも忘れて、今だけを感じていたいという願いと。

 自分は神様なんだって、自責。

 どうしてこうなってしまたんだろう。という不安で。


 私の中で沸き乱れる、ぐちょぐちょした感情と、快楽に溺れながら。

 夜空の下、タチに包まれて、声を上げる。


 

 ちなみにストレちゃんは空気を読んで、私たちのいる小屋の跡地じゃなく、離れた馬の所で寝てくれてたみたい。

 本当いつも、申し訳ない。今度3人で美味しいものをたくさん食べようね。

タチと居るとね…どんどん弱くなっちゃう。こんな泣き虫じゃなかったもん。
 崩れた小屋の中、ひっぱりだしたベッドの上で、いつものタチ枕に頭をのせて目尻を拭う。
ナナは頭が悪いな。そこも可愛いが。
…なんで?自分の変化に戸惑うのは普通でしょ?
 素っ裸で寝そべる二人。

 タチが、乱れて汗で張り付いた私のおでこの髪を整えてくれる。

強弱とは相対だろう?ようは比べっこだ。
うん。
なら答えは明白だろうに。ナナが弱いのではない、私が強いだけだ。
…なるほど。

 乱れ毛を整え終わったタチが、おでこに一つキスをくれる。

 不正解者にも優しい強者だ。

 

私はドンドン強くなるから、ナナがドンドン弱くなるのも当然だろう?
…ダメな気がするけど納得しちゃう。
散々思い知らされて、まだ抵抗するつもりか?体は素直だぞ、頭一撫でで負けを喜ぶ。
撫でられなくても、負けてるもん。

 タチの唇に人差し指で触れる。

 卑猥(ひわい)なのに、私を説き伏せる呪文を吐き出す魔法の唇だ。

良い子だ。それでいい。何度も何度も教えてやる。私が上で、お前が下だ。
そうやって、神だって打ち負かすつもりだったんだ?
予定は変更だ、こんなに可愛い神は殺すに惜しい。…しかしそうかナナが神か…。

 自分で振ってしまった話題に、少し後悔する。

 私が何者かなど関係なく、今は「タチの下」として可愛がって貰えてたのに。


妙にひかれた理由はそれだったのだろうな。
ズキリ。

 胸の奥がちょっと痛む。 

私が…神だったから、タチは私が気になったんだよね…。
 聞かなければいいのに、でも言葉が唇から抜け出してしまう。
要因は色々あるだろうが、それが大きかったのだろうな。

 タチはいつだって素直だ。隠すことも、恥じることもしない。

 その強さが、私の弱さを引き立てる。

きっかけがそれでも、私がナナを愛してる理由は神だからではない。ナナが悪魔でも、魔物でも、好きなものは好きだ。
…うん。

 わかっている。わかっているのに、ちょっと不安になる。

 もし、私が本当にただの人間だったら、タチはここまで優しくしてくれたのだろうか?

 私に興味をもってくれたのだろうか?

変えられぬモノを恥じるな。ナナはナナだ。だから巡り合えた。もしも私に精力が溢れていなかったら?などなんの意味がある。
でも、私は神だから。どこまでが自分か考えちゃうの。
どこまででも構わん。お前が良い子でいたから、私のそばにいられる。
全然良い子じゃないよ…。ずっと隠して、自分のタメだけに行動して…。逃げて、頼って。
誰の基準でだ?神か?私にとってはナナは良い子だ。それでいい。他がどう思うかなど知らん。

 タチは…どこまでも「我」の人だった。先とか後とか、周りとかなく。

 さっき言ってた、強さだってそう。タチの強さは相対じゃない。

 たった一人でもきっと強い。絶対的な強さ。

私にとっては最高に都合の良い子だぞ?刺激的で、可愛らしくて、意地らしくて、愛らしい。
 言葉の並びだけ聞くと、ひどく虐げた暴言にも聞こえるが、私には、私にだけはとっても嬉しい褒め言葉。
…都合の良い子になれてる?
最高にな。この世で一番愛おしい。

 あぁ。私は、この人を忘れる事などできないのだろう。

 例え、例え神に戻ったとしても。長い月日が流れたとしても…。

…どうしよう。戻りたくない。神様とかやめたくなっちゃう。
ぎゅっ

 タチの体にしがみ付く。

戻る必要があるのか?
それは…でも、私は神様で、存在するときから、そうであったんだもん。誰かがちゃんとしておかないと…。
その結果、今私に抱かれている。それだけだろう?
戻りたくない。ずっとずーっとタチと一緒にいたいけど…。
ならそうしろ。
でも!私がいないせいで不満をもってる人や、不幸になってる人がいたら…世界を見渡せるのは神様だけ…だからイトラだって…!
 タチの胸に顔をうずめたまま、くぐもった声で不安をぶちまける。
見渡せたからどうだというのだ?人間全てが幸福だった時などあるまい。お前が神であった時でもだ。ならば、責を感じ胸を苦しめるのは思い上がりだぞ?神だってやめたい時はやめればいい。
でも!…でも!!私はタチよりもずっと年上で、みんなが生まれるずっと前から…それこそ世界が始まるその時から存在してたのに!
だからこうして私がいるのだろう?良くやったぞ。おかげで私はナナを抱きしめて、愛しさで胸が焼け焦がれている。

 憎らしいほど、タチの事が好きになってしまっていて。

 しがみ付いた私の両手は彼女の体に食い込み、重なった個所から血を流す。

元をたどればお前に行きつくのかもしれないが、みなそれぞれに意志を持つ。私だって元は母と父が作り出した。

 タチは私に負けないぐらい強く体を抱きしめ、優しく頭を撫でてくれる。ゆっくりゆっくり。

 いつもの通りに。

顔も知らん父が母に注ぎ、母は受け止め私が作られた。それまで一片たりとも私の物などこの世になかったが、今私は私だ。ママの思い通りに動くこともないし、自由に生きてる。両親を否定することだってもちろんできる。感謝することもな…。

 タチの熱い体温と、心臓の鼓動が聞こえる。

 今この瞬間を生き。私に言葉を向けてくれる彼女を感じる。


 私の延長などではない、確かな他者を…。

私の内から溢れる気持ちでだ。私のママだって同じだろう。母の母も、母の母の母もどこまでたどってもそうだ。みな意志を持つ。お前のモノじゃない。だから責など感じるな。始めたのがお前だとしても、全ての責などあるわけないだろう?
私…神様なんだよ?…ただの人間じゃないの。
人間をなめてもいいが、私をなめるなよ?私はお前になど祝福されんぞ。
どうして…タチ…。

 やっぱり。やっぱり。タチと居るせいで、泣き虫になる。

 枯れたはずの目元から、溢れるはずの無い涙が湧き出てくる。

 全部。全部タチのせいだ。彼女の起こす不思議な魔法で私はこうなってしまったんだ。

 きっと彼女が存在するから、私は人になりたいって思って、肉体を得て――

私とお前は違う。だからわかりあうタメに抱かせろ。愛してるんだ。

私はナナより強い。だから私の言う事を聞け。私が死ぬまでで良い。


…やだぁ。考えたくないよぉ…。

 そう、もう一つの。最大の不安。

 こんなに好きで、こんなに頼りになって、こんなに素敵な人を。

 

 いつか、必ず失ってしまう時が来るという恐怖…。

なら考えるな。
でも考えちゃうよ!色んな事いっぱい!人間の私ではなんにもわからないのに!怖いよ!不安だよ!!
私が抱いてやる。私を信じて私に惚れていればいい。

 タチがきつく私を締め上げる。

 体から空気が抜け、心から苦しみが絞り出される。

 私の一切が零れてしまわないよう、タチは唇を重ねながら。


 長い。長いキスだった。

 息継ぎをしなければこのまま死ねるほどの。

…タチは私より神様みたいだね。
お前が望むなら変わってやってもいい。

 優しく優しくおでこにキスがされる。

 出会ってからの短い期間で何度キスされたことだろう。

 

不甲斐ない私より、そのほうがいいかもね…。
不甲斐ないのもいいではないか、元々その程度の存在なだけだ。
…うん。そうかも。
だがな、私に最高に愛された女はナナだけだぞ?
(なじ)られながら、自信もてって言われてるのかな?
 激しい心の動きと泣く事に疲れた私は、へにゃへにゃの笑顔でタチにお返しのキスをする。
私のモノだ。と言っている。自身なんてなくてもいい、私が持ってる。不安でも構わん、私が食べてやる。どれもこれもナナから溢れたものなら好物だ。
うん。うん。

 私が、神である私が、味わう事など想像もしてなかったであろう気持ち。

 仕える心と、慰められる喜び…。


 ずっとずーっとこのまま…今だけが続いてくれれば…。

やはりあなたは相応しくない。
 一筋の光が、声と共に天から舞い降りた。
たかだが人間一人、しかも神殺しの女に言いくるめられる。

 懐かしい。私の最初で最古の他者。


 光の化身イトラ。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

[ナナ]

死んでもやり直し、同一の主観を持つ転生を繰り返している。

タチと出会い今、この瞬間、しがみ付いてでも離したくない思いを知る。

言葉の人。

「美味しいもの食べてる時が一番幸せ!」

[タチ・ユリ]

なんでもいける素敵ビッチ。

男も女も抱くし、責めも受けも味わう遊牧民の子。神を抱く女。

今を楽しむため、強靭で健康な肉体を悪魔と契約して手に入れた。

代償は寿命の半分と、子を宿す力。

肉体の人。

「うるさい。抱くぞ?」

[ズーミ]

水の化身。

化身として新米なため、のじゃ喋りで威厳を持たせようとしたりする。

人間大好き。

情の人。

[ユニコーン]

やっかい処女厨。

ナナが好き。タチが嫌い。

ナナを見守っていたくて、出会った時から追っかけをしている。

おぼれる人。

[ヒタム・ストレ]

前職をタチのせい(?)で追われ、新たな主人としてナナを追っかけている。

騎士でいたい人。

[黒衣の人(ポチ)]

増えた世界から、まっとうに転生してきた人。

奴隷を買いハーレムを築いたが虚しさを覚え、刺客としての役割を果たす。

タチは抱きたがっている。

寂しいおじさんの人。

「世の中を大切にしたいと思うわけがない、大切にされた覚えがないからな。」


[アチャ]

火の化身。

火の大陸で自らを神と呼ばせ、人を手下として使っている。

お気に入りの国に肩入れしたりもしてる。

[ナビ]

風の化身。

酒場でバイトしたりしている。

ウゴゴゴゴォ

[おばーちゃん]

「素敵じゃないの」

新機体。主人公だからね!

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色