第21話 ピチョン。

文字数 2,393文字

 水の大陸一の大きな港町ピチョン。

 風の大陸へと渡る船が出るのは十日後だ。


 私が既に十三回目の人生な事。

 今から聖地に向かい、神に戻ろうとしている事をズーミちゃんには説明した。

こんな感じかな…。正直、私も事情が分かってないんだよね。

 丸いお月様が空に浮かぶ夜。宿屋の二階の一室で二人きり。

 タチは街に着くなり何処か (たぶん如何わしい所)に出かけてしまった。

な…なんとなくわかりました…のじゃ。
そんなにかしこまらないでよ…。

 私の長ったらしい説明を、ズーミちゃんはずっと背筋を伸ばして聞いてくれていた。

 もちもち食べてた時みたいに、仲良くしたいけど、彼女の気持ちを考えれば無理もない。

ご飯にしよっか!

 よくある一階が食事処になっている宿。

 先ほど部屋に上がる途中、まろやかな白シチューの匂いがしていた。


ゆっくり食べたいし、お部屋に持ってくるね。

 下で食べるとなると、ズーミちゃんは身を隠さなければならない。大変だろう。

 馬車移動の疲れも、お触り大魔神の不在もある。

 のんびり食事をできるチャンスだ。

そんな…!神様を使い走らせるなど…わらわがいってくるのじゃ!
シュタッ!

 立ち上がり、素のままでドアへと向かうズーミちゃん。

まってまって!出るならお洋服着ないと!
はっ!?忘れとった…!
 完全に緊張が抜けてない。

 このまま外に出したら絶対にスライムバレするだろう。

いいからゆっくりしてて。ズーミちゃんは特に窮屈な旅だったんだし。

 馬車移動中、ずっと全身を服で隠しゆられていた。

 暑いし、息苦しいし、大変だったろうに一言も文句も言わず…。


 真面目な子なのだ。

うぅ…ありがとうございます…なのじゃ。
ご飯持ってくるかわりに、今まで通りに話してくれると嬉しいな。
(仲良くもしたいし、緊張しっぱなしじゃズーミちゃんがちょっと心配。)
ですが…。
お願い!寂しもん。それに今の私は、ただの食いしん坊の人間なんだから。
 ズーミちゃんからの反論はまたずに部屋を出る。

クキュル。

 一階に降りると、美味しそうな匂いでお腹が鳴った。

(ちゃんとした食事は久しぶりだな。)

 今回の人生、もっぱら食を楽しみに生きていた。

 美味しいごはんは何よりのご褒美だ。才も能も無いおかげで、ソレを知れた。

 

 五つある丸テーブルと、カウンターの席は全て埋まっている。

 この手のお店には珍しく、酔っているお客さんが一人もいない、どうやらお酒を扱ってないようだ。


 酔っ払いに、絡まれることが無いのは助かる。


 カウンターの奥でお鍋をぐるぐる混ぜていた、白頭巾のおばちゃんに話しかける。

あのー。食事をお願いしたいんですけど。
悪いね~。見ての通り席に空きがないんだよ。
 気のいい声と、優しい笑顔、あと美味しそうな匂い。
お部屋でいただけたりします?
構わないよ~。食器を自分で下げてくれるならね。
もちろん下げます!じゃあ、二人分お願い――

クキュル。

 待ちきれずにもう一度なったお腹。

 たぶん聞かれてしまった恥ずかしさで、お腹を押さえた私の肩を、誰かが抱き寄せた。

三人分で頼む。うまそうだな。
タチ…!
私抜きで晩餐とは、いじわるだぞ。
 神の肩を一番抱いた女タチさんが、私の鼻をツンと指でつく。
どうせ朝帰りだと思ったんだもん。
 目を閉じそっぽを向く。


(勝手に出かけて帰りを待ってもらえると思うなよ…!)
折角の同室を逃す私だと思うか?
 さすがの港町。

 到着が遅かったのもあり、部屋はどこも埋まっていて一つしか取れなかったのだ。

知らないし!どうせヤラしいお店か、女の子でも引っ掛けてたんでしょ。
私は男もいけるぞ?
別にどうでもいいもん。
 ひょうひょうとした態度がまたムカツク。

 ホント、好き勝手しかしないんだから。

お待ちどう。シシカ肉の白シチュー三つだよ。
(まろやかな白シチューに、むちむちのシシカ肉がゴロゴロと…!)

 目の前に現れた、宝物に目が奪われ、ムカツキも消し飛ぶ。

 そうだ、今私は幸福の時を待っていたんだ。

頂こう。
 当然の流れみたいに、タチは代金を払い、両手と腕を器用に使って三つの木皿を持った。
熱いからこぼさない様にね。
大丈夫だ。行くぞナナ。
(…ずっと。ずーーーっとだ。この旅中ずーーーーっとこうだ。)
 階段を手ぶらで登りながら、思っていた事を口に出す。
彼氏みたいな感じやめてよ。自分で買うし持てるから!

 馬車移動の時からそうだった。

 同乗したお客さんの前でもオレの女だ。みたいに振舞って…。

そんなつもりは…多少あるが、気に食わんか?
食う食わないじゃなくて、意味が分からないの!
 そのクセ、道中すれ違った薬売りの女性に、いい肉付きだとか軟派な事言ってたし、誰にでも気取った所すぐみせるし。
意味は分かるだろう?好感度上げだ。お前に好かれたい。
だとしたら過剰!なんかちょっとずれてるし!
私は通常でも格好いいからな、好意も足されて濃いめに感じるのかもしれん…常人は。
(臆面もなく…!何度も繰り返すけど私神だぞ!!)
そんな鼻につく態度で好かれると思ってるんだ。

 皮肉たっぷりで嫌味を言ってやる。

 正直、美人さんだし、格好つけも多少は様にはなってると思うけど、その自覚が腹立つ。

そういうな。そのうち病みつきになる。
 キザなウィンクを一つ送られた。

 ムカツク。

なりません。
シシカ肉を一つ分けてやるから。
えっ!?いいの!?

 しょうがないのだ。

 だって今は人間だし、人はお腹が減る。そして食事は幸福なのだ。


クキュル。

 お腹だって同意している。

好きになったか?
少しだけね。

 部屋に戻りズーミちゃんと三人仲良く、おしゃべりしながら食事をする。


 みんなで食べる白シチューはとっても美味しいし楽しい。

 悔しいかな、一つ増えたシシカ肉が、私の胃と心に贅沢を味わせる…。

 ずるいぞタチ!

 

 でも、食後のカラの食器を奪って、私が一人で下げたから。

 それでお相子なはずだ。 


 たぶん。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

[ナナ]

死んでもやり直し、同一の主観を持つ転生を繰り返している。

タチと出会い今、この瞬間、しがみ付いてでも離したくない思いを知る。

言葉の人。

「美味しいもの食べてる時が一番幸せ!」

[タチ・ユリ]

なんでもいける素敵ビッチ。

男も女も抱くし、責めも受けも味わう遊牧民の子。神を抱く女。

今を楽しむため、強靭で健康な肉体を悪魔と契約して手に入れた。

代償は寿命の半分と、子を宿す力。

肉体の人。

「うるさい。抱くぞ?」

[ズーミ]

水の化身。

化身として新米なため、のじゃ喋りで威厳を持たせようとしたりする。

人間大好き。

情の人。

[ユニコーン]

やっかい処女厨。

ナナが好き。タチが嫌い。

ナナを見守っていたくて、出会った時から追っかけをしている。

おぼれる人。

[ヒタム・ストレ]

前職をタチのせい(?)で追われ、新たな主人としてナナを追っかけている。

騎士でいたい人。

[黒衣の人(ポチ)]

増えた世界から、まっとうに転生してきた人。

奴隷を買いハーレムを築いたが虚しさを覚え、刺客としての役割を果たす。

タチは抱きたがっている。

寂しいおじさんの人。

「世の中を大切にしたいと思うわけがない、大切にされた覚えがないからな。」


[アチャ]

火の化身。

火の大陸で自らを神と呼ばせ、人を手下として使っている。

お気に入りの国に肩入れしたりもしてる。

[ナビ]

風の化身。

酒場でバイトしたりしている。

ウゴゴゴゴォ

[おばーちゃん]

「素敵じゃないの」

新機体。主人公だからね!

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色