第53話 ポチ物語。

文字数 4,144文字

すまん。加減がきかなかった。

 窓から差し込む光と、小鳥のさえずりが朝をお知らせする。

 離れ離れだった二人の再会、それも相手がタチとくればそれはもう…それはもうである。

…でも、体がすごくしっくりきてるよ。…力は抜けてるけど

 ふかふかベッドと久しぶりのタチ枕の上で、ぐったり横たわる。

 私が変わっても、タチはずっと強烈にタチのままなので、彼女に触れられ教え込まれるとそこを起点に体がなじむ。


 不思議な事である、ずっと同一主体をもった私が、外部を基準に推し量るなんて。

まだまだだがな。もっともっと感じさせんと気が済まん…がさすがに休憩だ。その体では心配だ。
遅すぎる気遣いだと思うけど…。
ナナも望んではないだろう?手加減など。体がもてば…だがな。
…うん。

 まったく力の筋が入らなくなるまで負かされ、やっと意識を取り戻したばかりな私。

 さすがに口ぐらい閉じていたいけど、それもかなわない。


 なつかしい。この目覚めると微笑みながら見つめられてる朝。

 またこんな朝が迎えられるなんて…。

(良かった…本当に良かった…。)

 確かにタチがここにいる事を噛み締めたくて、抱き着たいのだけど腕に力が入らない。

 

 私の瞳の動きと、微かな体の揺れで察したのか、タチが覆いかぶさるように抱きしめてくれる。

大丈夫だ…。本当に良く戻ったぞ。
…うん。

 私も何か言いたいけど、今この瞬間に満足しちゃって言葉が見つからない。

 声を探すのも億劫(おっくう)で、今。今この時をただ味わってたくて…。

 

余計なことは考えるな?散々教え込んだだろう?私が上だ。
うん。
 そうだった。「それでいいや」で居れるんだった。タチと一緒の時は。
しかし…ひとつ謝らないといけないな。
なに?タチが謝ることなんて何一つないよ。
あの犬を一度抱いてしまった。
あの黒服の彼…?そういえば様子がおかしかったけど…。

 素直な感想は「なんだそんなことか」だった。

 別段その程度のことで今更怒ったりしない…タチが誰かを抱くなんて今更ね。

 

 今更怒ったりしないよね?たぶん。

 考えだすとモヤモヤするが、あの黒衣の男の変貌ぶりの方が気になる。

なんでもポチはポチで昔、女を囲っていたらしいんだが…。簡単にまとめると、持て余して皆殺しにしたそうだ。
色々簡潔にしちゃいけない気がするけど…なかなか壮絶な…というかあの人ポチって名前なの?
知らん。今となっては名乗る気力も失っていてな。不便だから名前を付けてやった。
うん。まったく流れが理解できない。

 私のしってる黒衣の者、現ポチ君は。

 始めイトラが差し向けた追手で、次にタチを傷つけた敵で、最後タチの剣で真っ二つになり、謝りたい人がいると言って去っていった。

 

 それが今や犬になりきっている。名付け親はタチ。

 変化が急すぎて、事情に追いつけるわけがない。

ポチを最後まで心配した女だけは、手にかけず捨て置いたそうでな。その女に謝罪しに戻ったのが私達と別れた時だ。
なるほど。ポチさんにも心残りがあったわけだね。
あぁ。だが拒絶された。
…あらら。
当然だろう。その女にとってポチを優しく受け入れる道理などない。待つ必要もな。新たなパートナーと幸せに暮らしてたんだそうだ。「もう忘れたい思い出だ」とな。

 詳しい事情をしらないので、なんともだけど。まぁ、タチの言う通り。

 

 ポチ君が無策で戻って許されるものでもなさそうだ。

 自業自得と言うやつかもだけど、ちょっと可哀想。

ボロ雑巾の様子で帰ってきてな。ずっとブツブツ呟いていた…。その崩れ腐った姿が余りに美味そうでな…一発思い知らせてしまった。器の違いというものをな。
 うむ。

 ようはしょぼくれたポチさんをみて、タチの攻めっ気が(うず)き、抱いちゃった。と!

いいよ。タチがこの世に存在してくれてるだけで、私はとっても嬉しいもん。
すまんな。ナナの居ない時に夜遊びなどしたくなかったんだが…余りにも哀れでな。上に立つ資質がどういう物か、徹底的に焼きこんでしまった。
許してあげる。…でも他にも言う事あるでしょ?女の子達と沢山キスした事とか。
それは確認のキスだけだ。一人も抱いてないぞ?ちゃんと我慢した。
 タチの中の謝る線引きが分からないが。抱くかどうかが一応ラインらしい。
性欲を押さえるのが大変だった…。ナナと離れてから干からびた昆布駄犬しかしゃぶらずに…だが味は濃く――
待った!詳しい話はいりません。

 私の頭をなでながら、ポチを食べた時の話を始めるタチにストップをかける。

 二人で居た船の上で散々聞いた覚えがある…。

 

 タチの猥談!しかも今回相手は知り合い (一応)

嫌か?ナナには全て話しておきたいのだが…。
そう言われると知っておきたい気もするけど…焼いちゃいそうだから。聞いても絶対嫌いになったりしないけど…。
 なんだろう?独占欲?私にとっては至極当然な嫉妬心と敬愛。

 ちょっとだけ食い違った思いがあるのです。

可愛いなナナは…そう言われるとポチが泣き散らかした話を――
きらいになるよ!
わかった。わかった。この話はよそう。


 いつの間にか動くようになった手で、タチの頬をつねりひっぱる。

 どんなことを聞かされたって、嫌うわけない。

 嬉しそうに頬を伸ばされるタチの顔を見ているだけで、私は幸せなんだから。


 でも、だから、やきもちも焼くんだよ。

 

 そんな甘噛みをしあって、まったりとお互いを感じる。

 夜のぶつかり溶けあう確認も好きだけど、こういうのも大好きだ。

私の人生で…あれほど恐怖を感じたのは初めてだった…。

 唐突に、真面目な顔で言葉を口にするタチ。

 ゆるやかな流れの中、フッと恐れを思い出す感覚は私にもわかる。


…タチ。

 体の力を取り戻した私は、タチの体を抱きしめる。

 体が縮んだ分大きく感じるけど、ちゃんと心の底から全力で。

生き延びた後…ナナを迎えに行かねばと取り乱し、ストレやナビにも迷惑をかけた…。
…。

 そう。わかっていた。私が失う恐怖に怯えていた日々と同じ…。いや、それ以上タチだって怖かったはずなのだ。

 タチには私を確認する手段がなかったのだから。

駆けずり回って探し出したかったが、声を上げ、待つのが一番だと頭で判断した…。必至に我慢したのだ。ほめてくれ。
…本当にありがとう。タチは良い子だよ。

 私が地上から完全に離れていた2か月も合わせて、ここ数ヶ月。

 

 タチはずっと我慢してたのだ、性欲もさることながら、恐怖から来る無策な行動も。

 あのタチが体を動かすことを、抑えていた。

 

 私と再会するために…。

大好き。ありがとう。
…うむ。こういうのも最高だ。待っていた。

 タチの頭を抱えるような形で抱きしめ、ゆっくり撫でる。

 ホントは全身を包み込んであげたいけど、体が小さいからね。

 

 タチは甘えるような声を小さくもらし、グリグリと頭をこすり付けた。

 こんなタチ。私以外に見た人はいるのだろうか?

 

 安堵にひたり、身を任せるタチなんて…。

 可愛くない? 

…痛む?

 昨日から目に入っていた、タチの首元の痕。

 ゆっくりゆったりタチの頭を撫でながらも、うっすら残るその線が気になった。


 胴と頭が切り離された証拠の痕だ。

ん?…あぁ大丈夫だ心配ない。
どうやって無事でいられたの?
…ナビが手助けに来た。自らの土地を護るついでだがな…。

 アルケー湖にダッドが現れた時、ズーミちゃんがした判断と同じだ。

 自らの大地。自らの領土の自衛。

…いや。素直に言うべきだな。一番の要因は「舐められた」からだ。

 タチが私の首元に頭をグリリと、ひと擦りして言葉を続ける。
私の首を飛ばしたあと、ナナも崩れて消え去った…。イトラの力なら私を消し飛ばすなど容易だったろう、だがしなかった。ナビとストレが駆け付けるの許し、頭を繋げるのを見ていた…。
どうして?

 神殺しを望んでいた頃のタチならともかく、今のタチはイトラにとって邪魔者でしかないはずだ。

 わざわざ殺すこともないかもしれないが、見過ごす理由にもならない。

理由はひとつだ…。ナナの前でまた私を殺す。
それが一番ナナに効く。それをあの時奴は知った。

 背骨がぞくりと凍り付いた。

 確かにイトラは言っていた。早く私に諦めて欲しいと。


 私は何度も転生する。今の私は時の化身だ…と。

 世界が乱れ、醜く広がる前に、私に止まって欲しいのだ…と。

今回…目が覚めるまで二カ月開いたの…。また能力も、才能も、何にも無しで生まれたし…。体も小さくなってる。
…イトラの奴は私が殺す。安心しろ。

 タチが私を抱き寄せて、私もタチを抱きしめた。

 2人の胸の中は一緒。大切な者を失う恐怖…あの別れの時に味わった、やりきれない思い出。

…ところで。ナナはナナでいいのか?名前…というか呼び方は。いつも変えていたのだろう?
うん!ナナが良い!私はいつまでもタチのナナでいたいから…。
わかった。お前はナナだ。私の良い子のナナだ。


 思えば、同じ名前を語るのは初めてだ。


 一つの肉体を終える時、そこを切り取り線に名も、関係性も捨てて来た。

 そもそも深い関係を持つことが少ないのもある。 

 特に転生した最初の方は、肉体は持ったものの、どう人間と付き合うかわからなかった。


 そんな言葉下手、伝達下手、共感下手の自分に寄って来る者は、能力目当ての人ばかり。それも少し嫌だった。


 回を重ねるごとに、色んな考え、色んな性格の人もいると知ったが、それでもまだ他者との接触を避けてた傾向がある。

 人とは違う存在とバレるのが嫌だったのか、自覚するのが嫌だったのか…。

 何時まで経っても踊れず、歌えず、調和できずにいた。人に興味があるクセに。


 だからそのつど、私を使い捨て生きて来た。縁やしがらみを面倒がって。


 今は裸で愛する人と抱き合ってるけどね…! 

次は、私の首が落ちたぐらいで離れるなよ?
うん。ずっとず~っと一緒にいる。もう離れない。

 タチの言葉とぬくもりが、私にまで自信を分け与えてくれる。

 たかたが首が落とされたぐらい、なんだというのだ。

 

 だってタチだよ?

私を射止めたのだから、ずっと相手をするのが義務だ。沢山抱かれ。沢山そばにいろ。
うん…!私がタチを独占する!

 こんな、甘く愛しい朝が何度だって続けばいいと、心の底から願うのだった。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

[ナナ]

死んでもやり直し、同一の主観を持つ転生を繰り返している。

タチと出会い今、この瞬間、しがみ付いてでも離したくない思いを知る。

言葉の人。

「美味しいもの食べてる時が一番幸せ!」

[タチ・ユリ]

なんでもいける素敵ビッチ。

男も女も抱くし、責めも受けも味わう遊牧民の子。神を抱く女。

今を楽しむため、強靭で健康な肉体を悪魔と契約して手に入れた。

代償は寿命の半分と、子を宿す力。

肉体の人。

「うるさい。抱くぞ?」

[ズーミ]

水の化身。

化身として新米なため、のじゃ喋りで威厳を持たせようとしたりする。

人間大好き。

情の人。

[ユニコーン]

やっかい処女厨。

ナナが好き。タチが嫌い。

ナナを見守っていたくて、出会った時から追っかけをしている。

おぼれる人。

[ヒタム・ストレ]

前職をタチのせい(?)で追われ、新たな主人としてナナを追っかけている。

騎士でいたい人。

[黒衣の人(ポチ)]

増えた世界から、まっとうに転生してきた人。

奴隷を買いハーレムを築いたが虚しさを覚え、刺客としての役割を果たす。

タチは抱きたがっている。

寂しいおじさんの人。

「世の中を大切にしたいと思うわけがない、大切にされた覚えがないからな。」


[アチャ]

火の化身。

火の大陸で自らを神と呼ばせ、人を手下として使っている。

お気に入りの国に肩入れしたりもしてる。

[ナビ]

風の化身。

酒場でバイトしたりしている。

ウゴゴゴゴォ

[おばーちゃん]

「素敵じゃないの」

新機体。主人公だからね!

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色