第63話 落下。

文字数 2,729文字

で…でっかくない?

 目的地、土の化身ダッドの現れた場所、その上空にたどり着いた私達。

 雲から見下ろす光景に驚いていた。

でっかいの…。わらわの所に出て来た時より数倍でっかい。

 かつて水の大陸アルケー湖で一戦交(いっせんまじ)えた、その時より遥かに大きい。

 まるで人型の山のような姿は、雲に乗っているから全身見渡せているが、地上からだと顔の部分が見れないんじゃないだろうか?

今は暴れている様子がありませんね…。
釣った。という事だろう。私達を呼び寄せるためにな。

 ナビは使いの者から得た情報との違いを(いぶか)しみ、タチがそれに仮の答えを用意する。

 

 その時山がこちらを見た。


 大きなダッドの「くぼみ」としか言いようのない目が、私達を捕捉する。


ブン!!

 雲に向かって振り上げられた山の腕から、無数の土の塊が飛んできた。


バシュ!バシュ!

 勢いよく乱れ飛ぶ土塊(つちくれ)が、私達の乗る雲に穴をあける。

 下から来た攻撃に対処するのは難しく、その中の一つが私に直撃しそうになった時――。


バギン!

 空気が弾ける音がした。

 

 ナビだ。ナビが風の守りを張って、私への攻撃を弾いてくれた。

 でもその反動で、宙に浮くナビは離れた所に飛ばされてしまう。

ちょっ…!?

 それと同時に、乗っていた雲がほどけて消えた。

 私は庇いに来てくれたタチと共に、空へと放たれる。


ナナ…怪我は!?
大丈夫…!それよりみんなが!

 高所からの落下。

 激しい風の音の中、互いの無事を確認し周りを見る。


 少し離れた上空でズーミちゃんが体を伸ばし、ユニちゃんを捕まえていた。

 ナビはまだ、だいぶ遠くにいる。


 二組の落下物を待ち構えているのは、動く山ダッド。

ナナ!!
 私より上の場所からズーミちゃんが叫ぶ。

 風の流れに反した彼女の言葉がかろうじて聞こえる。

力を使え!ぶつかる前に衝撃を吸収するんじゃ!!
…わかった!!

 このまま落ちればダッドに撃ち落とされる、されずとも地面に激突するだけ。結果は同じだろう。

 親友に渡された「源の力」それを使って水の玉でタチと私を覆えば…。


ゴアアァア!

 激しく響く空の音。

 体を遊ぶ浮遊感。


 非日常な状態が、私の集中を(さまた)げる。

(私は良い…。だけど、このまま落ちたら、さすがのタチだって…。)

 目を閉じ集中しようとしても、嫌な想像が脳裏に浮かぶ。


まかせろ!!

 私の苦悩の横で、自身に満ち溢れた声が発せられた。

 落ちるだけしかナイはずの人から。


むに。むに。

 

 そうです。タチさんです。

 タチが私の胸を揉み始めました。

小さいのもまた良い!いくらでも味わっていられる!

 困ったことに落ち着いてしまった。

 だって「いつもの」過ぎるんだもん。


 体が馴染み、ちょっとだけ心地よさが広がる。

あぁ…たまらん!!!

ドプン。

 タチの叫びと共に、私の握り合わせた手から水の玉が膨らんだ。

 なぜだろう、この素直に喜べない感じは…。


見ろ!これが愛の力だ!!
…否定しようか悩むよ。

バキバキバキ!!

 激しい風、水玉の壁を越えてユニちゃんの歯ぎしり音が降り注ぐ。

 「上」にいる彼女達からは、さぞかし良く見えたのだろう。

 弄りまわされる私が。

 

 体を覆った水玉が空気抵抗を作り、伸ばされたダッドの手から軌道を反らす。


ブヨン!

 どうにかダッドの肩部分に無事着地できた。

 この位置ならダッドも攻撃をしにくいに違いない。

しかし…大きいの。他者の土地にこれだけ送りこむとは…。完全にケンカ売っておる。

 続けて降り立った、ズーミちゃんが地上を見下ろす。

 地上よりも空が近く感じる高さだ。


 ダッドもイトラも、和解や話し合いなど最初から考えていないのだろう。

 

ご無事だったようで。

 私を守って弾かれたナビも集合し、みんなでダッドの顔を見上げる。


グラッ。

 地面…。つまりダッドの体が大きく揺れた。

 私達を振り落すつもりらしい。

ナビ。いくぞ。
はい。

 ぶっきらぼうに指示するタチに、両腕を広げて答えた風の化身。

 ナビが祈る様に手を合わせると、タチの両足に緑色の輝く風が(まと)わりつく。

ズーミ。少しナナを頼む。

 そう言い残しタチはダッドの肩から飛び降りた。

 身投げするみたいに。

タチ!?

 突然の出来事に、慌てて彼女の行方を追う。

 揺れる地面に両ひざをつき、眼下を見下ろすがタチの姿が見えない。


ヒュパ。

 私の顔に一瞬影が落ちた。

 頭上をナニか横切ったのだ。

…飛んでる。

 タチが空を蹴って走っていた。


 撃ち落とそうと飛ばされる土塊(つちくれ)を切り落とし、ダットの顔へと跳ねる。

 その横をナビが援護しながら泳いでいく。

見事な連携じゃの…。

 見事に息があった連携である。

 2人の舞うような動きを見て、これが初めてじゃないとズーミちゃんも感じたようだ。

むむむ…。なんか…かっこいい。
妬いとる場合か。早くわらわの玉には入れ。

 空を見上げ下唇を噛む私を、新しく厚い壁の水玉を張ったズーミちゃんが手招く。

 既にユニちゃんは中に居て、私よりも怖い顔で上空の2人を…いや、タチを睨んでいた。

私だって役に立ちたいのに。
無理は禁物じゃよ。大人しく身を護るとしよう。
…うん。

 分かっている。邪魔や足手まといには絶対なりたくない。

 反抗するつもりなんて微塵も無く、私も大人しく水玉の中に入る。

 

 厚い水の壁の向こうでは、一層格好よくタチとナビが宙を舞い戦っていた。

凄い防壁だね。

 以前グラグラと揺れるダッドの上。

 私達の所にも、流れ弾程度の攻撃が飛んでくる。


 だがその全てが、水の壁を貫通することはなく、勢いを殺されただの泥となる。

もとより、攻撃よりも受けが得意な性質じゃからの。それに源も二つそろっとる。
そっか…。完全状態だもんね。

 自分の右手を見てみると、微かに青く光っていた。

 私の意志じゃない。ズーミちゃんの持つ「源」に共鳴しているようだ。

やはり絶大な力じゃよ。神から授かった源は。それにユニも力を貸してくれとるしの。
ユニちゃんも?
そうじゃ。こやつも、だいぶ上質な水の性質を秘めておる。海を移動した時も早かったじゃろ?
(胸張りユニちゃん)

 ユニちゃんが親指をたて、私にアピールする。

 そうか、ユニちゃんも補助してくれているのか。


 水の化身に、源をもつ元神、それとユニコーン。

 良い感じに相乗効果が効いているみたい。


 ダッドの攻撃さえ通さない、分厚い水の玉。

 鉄壁の守りの中にいれば、もう安心だ。

…ねぇ。これで攻撃できないかな…?
攻撃?
(首をかしげるユニちゃん)

 水の壁をぷよぷよ押す私は、一つの案を思いつく。

 ズーミちゃんとユニちゃんが不思議そうな顔をしている。


 そんな不穏な水玉の外では、スタイリッシュな空の戦いがまだまだ続いていた。 

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

[ナナ]

死んでもやり直し、同一の主観を持つ転生を繰り返している。

タチと出会い今、この瞬間、しがみ付いてでも離したくない思いを知る。

言葉の人。

「美味しいもの食べてる時が一番幸せ!」

[タチ・ユリ]

なんでもいける素敵ビッチ。

男も女も抱くし、責めも受けも味わう遊牧民の子。神を抱く女。

今を楽しむため、強靭で健康な肉体を悪魔と契約して手に入れた。

代償は寿命の半分と、子を宿す力。

肉体の人。

「うるさい。抱くぞ?」

[ズーミ]

水の化身。

化身として新米なため、のじゃ喋りで威厳を持たせようとしたりする。

人間大好き。

情の人。

[ユニコーン]

やっかい処女厨。

ナナが好き。タチが嫌い。

ナナを見守っていたくて、出会った時から追っかけをしている。

おぼれる人。

[ヒタム・ストレ]

前職をタチのせい(?)で追われ、新たな主人としてナナを追っかけている。

騎士でいたい人。

[黒衣の人(ポチ)]

増えた世界から、まっとうに転生してきた人。

奴隷を買いハーレムを築いたが虚しさを覚え、刺客としての役割を果たす。

タチは抱きたがっている。

寂しいおじさんの人。

「世の中を大切にしたいと思うわけがない、大切にされた覚えがないからな。」


[アチャ]

火の化身。

火の大陸で自らを神と呼ばせ、人を手下として使っている。

お気に入りの国に肩入れしたりもしてる。

[ナビ]

風の化身。

酒場でバイトしたりしている。

ウゴゴゴゴォ

[おばーちゃん]

「素敵じゃないの」

新機体。主人公だからね!

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色