死神は突然に

エピソード文字数 307文字

 後の後悔先に立たずとはこのことだろう。
「誰か、ミーちゃんを捕まえて!」
 その声に振り向くと一匹の黒猫が遮断機の降りた夜の踏み切りに入っていく。田舎のローカル線。この時間帯の電車は全て把握している。下りの電車は手前の駅で止まるはずだ。急いでネコの後を追って、踏み切りに入る。
 逃げる猫、追いかける俺。捕まえることより先ずは線路から追い出すことだ。大声を出しながら、猫を反対側へ追い出し終え、遮断機をくぐろうとした時、
「ドン」
と何かにぶつかって、線路内へと倒れこんだ。
「おや、失礼。」
黒いマントを深々と被った大きな男が倒れた俺を覗き込んだ。
「ドクロ。」
そう思った瞬間、遅れていた上り列車にひかれた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

主人公

地獄で入獄拒否され残りの人生を霊として過ごす

主人公を保護観察する死神

雪女。

居酒屋雪ん子の女将。

死神の知り合い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック