来る魔社会

エピソード文字数 878文字

 地獄は広い。いくら時間も人手があるからといっても、移動は大変だ。馬車も牛車も閻魔など限られたエリートしか使うことができない。
「地獄の冷酒、極寒と天国のボッタルドゥ・ワインを大量に運ぶのにいい乗り物はないかしら。」
 死神のやつが、いきつけの居酒屋雪ん子の女将である雪女にお願いされたらしい。

 車を作るには、エンジンかモータが必要だ。牛頭や馬頭は獄卒のエリートだから真面目に働くが、ほとんどの獄卒や若い鬼すぐにさぼる。さてさて、どうしたものか。とりあえず、鬼一匹の力量を調べる。荷台に酒樽5個ぐらいなら運べる。
「樽20個以上は運びたいわ~。お願い。」
 死神のやつ、色仕掛けに負けてころっと安受けやしてきたらいい。
 そうなると4体の鬼が必要になる。
 4鬼頭エンジン!。しかし、そううまくはいかない。
「疲れました。休みましょう。」
 貧血ぎみな青鬼はすぐに休みたがる。
「遅い!」
 せっかちな赤鬼は先を急ぎたがる。
「ゆっくりいきましょうよ。そのうち着きますって。」
 のんきな黄鬼に、
「ぶつぶつぶつ。」
 いつもぶつぶついって考えのわからない白鬼。
 鬼にもバランスが大事だ。しかし、こいつらには協調性というものがない、はてさて困っていると、
「ワン!」
 と、茂みのほうから声がした。
「犬だ!」
 青鬼が叫ぶ。
「引け!ひき殺してしまえ!」
 一斉に犬を追いかけ始めた。
「キャッ、キャッ!」
 木の上から声がする。
「サルも嫌がる。降りてこい!こんどは負けねえぞ!」
 鬼の連中、犬やサルに恨みでもあるのか?

 俺は、鬼たちがベルトの上を歩くように改造した。そして、その上にピンクのマークを転々と描いた。
「桃太郎!」
 鬼たちは、掛け声と共に、ベルトの桃マークを踏みつける。息もばっちり!見事、20樽を乗せた荷車は延々と進み続けた。
 かくして、エリート獄卒の間に、鬼頭エンジンを載せた車が広まった。運転は死神が行う。
「ヘイ!託死~(タクシー)。」
 やがてこんな掛け声が地獄でも聞こえてくるだろう。来る魔社会の幕開けである。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

主人公

地獄で入獄拒否され残りの人生を霊として過ごす

主人公を保護観察する死神

雪女。

居酒屋雪ん子の女将。

死神の知り合い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み