開拓

エピソード文字数 674文字

 幸い、最近の地獄の亡者の中には、生前、不動産業や土建業の連中があふれている。
 「はいはい、重機はないから、つるはしとスコップを持って。」
 地獄に草地はない。ただ、川岸一体には、彼岸花が咲く手つかずの草地が広がっている。ここに遊水地を造ろう。川原にいる子供たちも避難できる。
 「働かざる者、苦、減らず。」
 ありがたい地獄の教えだ。
 「こうやってると、炭鉱にいたころを思い出すわい。」
 「わしなんて、ちっこいからトロッコ押しさせられた。」
 川に沿って土手を築く。遊水地の入り口はわざとカーブさせながら低くしておく。こうしておくことで、水が一杯になれば、そこから自然と越水してくれる。

 「最近は3Kなんていって、こんな仕事は外国人がしてるそうだ。」
 「何言ってる、いやは8Kの時代だ。」
 「きけん、きつい、きたない、くさい、きもちわるい、かったるい、こわい、えーと後ひとつ。」
 「かえれない。」
 帰れないと代えれないをかけている。
 「まだまだ増えるらしいぞ。きらい、会社に来ないなんて言ってる連中もいる。」
 「そういえば、休暇扱とか、給料出無いなんて話も聞いたな。強制ボランティアとかいう職種らしい。」
 「おっかねえ仕事があったもんだ。」

 一見、順調そうなこの仕事、実は人集めが大変だった。
 「やっぱ、汗をかくのは気持ちがええね。」
 「働けるって幸せだなあ。」
 そういって、次々と成仏してしまう。閻魔庁に求人を頼む。すると役人は笑って答えた。
 「大丈夫。まだまだ亡者は地獄に来ますよ。政治家がいますから。」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

主人公

地獄で入獄拒否され残りの人生を霊として過ごす

主人公を保護観察する死神

雪女。

居酒屋雪ん子の女将。

死神の知り合い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み