スマホもねえ、ゲームもねえ、おまけに体も無くなった

エピソード文字数 670文字

「どうすんの?これ。」
 俺は、自分の葬儀に参列しながら死神に尋ねた。
「寿命が尽きるまで、このままです。」
 やつは、躊躇することなく答えた。すでに何度も同じようなことをしているに違いない。

 30歳の俺は、どう考えてもまだ30年以上は霊のまま過ごさなくてはいけない。
「退屈だ。おい、他の連中は何をして過ごしてるんだ?」
 娯楽もなく、昼間寝て、夜中活動する日々は、当初はものめずらしく楽しかったが、数日もすると飽きてしまった。いつもなら仕事が終わるとスマホのSNSで友人たちとのたわいのないやり取りや、ネットゲーで時間を潰せていた。しかし、霊になった今では、コントローラも触ることができない。
「皆様、色々なところに旅行にでかけています。なにせ、運賃ただ。乗り放題ですから。」
 例の死神野郎が時々やってくる。俺は新米幽霊なのでしばらく保護観察されるらしい。あいにく、アウトドアの趣味は俺にはない。DVDも借りられない。映画館にいくと、暗闇の中でついつい脅かしたくなってくる。
「それは幽霊の性ってやつです。」

「地上の旅行がお嫌なら、有料にはなりますが地獄旅行はいかがです。気晴らしになりますよ。」
 死神のやつ、妙なことを言い出した。
「銀行も凍結されていて、自由になる金なんかないぞ。」
「いえ、地獄の支払いは寿命です。お勧めは、2泊3日地獄めぐり。相場は一泊で寿命一年分というところです。各地の温泉に入れますし、オプションで亡者のいじめ体験もできます。亡者ですから、攻めるほうじゃなくと攻められるほうのM体験になります。」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

主人公

地獄で入獄拒否され残りの人生を霊として過ごす

主人公を保護観察する死神

雪女。

居酒屋雪ん子の女将。

死神の知り合い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み