怨等引迎夢(おんらいんげいむ)ー試作会議編ー

エピソード文字数 459文字

 まずは、試作をしなくてはならない。鬼たちが使うには、出向くのではなく居ながらにして使えるものでなくてはならない。それには、ゲームだ。それも寝ながらでもできるもの。彼らも寝ている間に夢を見る。なら、夢で遊べればどんなに怠け者でも使うはずだ。
 かれらの夢に干渉するのは、意外と楽だった。角に映像を流すと、そのまま映る。鬼の中にも死者はいる。かれらの角から発信機を作ってみた。しかし、波長があわない。鬼の角は成長にお応じて何度か生え変わる。ちょうど抜けた角に映像を流すと、本人にだけ受け取れた。かんたんな受信もできる。
 角も1本よりは2本のほうが感度がいい。さらに、河童なら予備の皿を使えば地球の裏からでも受信できる。
 ハード面は何とかなるものの、問題はソフトだ。スプラッタ系のソフトはまったくダメ。実際の亡者をいびるほうが楽しいらしい。ほのぼの系は河童にはうけたが、鬼は嫌った。RPGのような頭をつかうのはもってのほか。

 閻魔になってオリジナルの地獄の街を造っていく、『死ぬシティー』が会議では評判が良かった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

主人公

地獄で入獄拒否され残りの人生を霊として過ごす

主人公を保護観察する死神

雪女。

居酒屋雪ん子の女将。

死神の知り合い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み