怨等引迎夢(おんらいんげいむ)ー天国編ー 

エピソード文字数 360文字

 悪魔にも角がある。ならば、外国にもうれるんじゃね?ということで、天国へ売り込みにいった。あっちではより地獄が過密なはずだ。

 「面白いが、うちでは無理だな。天国は、会員制だから。会員の紹介がないと入れないんだ。」
 キリスト教の天使達は口々に言った。
 「うちの入国審査は厳しいから。なにせ、ここは座っているだけの極楽とは違い、エリートの集う高級リゾートだからね。地上とは逆でセレブになったら入れないんだぜ。誰でも天国に来れるなんて夢をみさせるだけ罪ってもんだ。」
 イスラムの天国でも断られた。
 「いや、一番厳しいのは、うちだよ。何度生まれ変わって業もきちんとつまないやつが出入りしていいとこじゃない。」
 ヒンドゥーにいたっては話すら聞いてくれない。

 日本は初めてでも簡単な審査で済むのに、なんてこった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

主人公

地獄で入獄拒否され残りの人生を霊として過ごす

主人公を保護観察する死神

雪女。

居酒屋雪ん子の女将。

死神の知り合い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み