いい湯だな

エピソード文字数 643文字

「極楽、極楽。」
 死神は自然の露天風呂につかている。骨だけの彼が湯につかる理由は理解できない。さすがに、地獄の湯は暑い。しかし、霊にとって暑さも寒さも一種の幻想のようなものだ。

「草津の湯もよかったですけど、やはり、こことは比べ物になりません。しかも、ダイエット効果が半端ない。ほら、もう骨がつるっつるです。」
 それ、カルシュウムが溶けてるだけだから。

 何種類かの露天風呂がある。
 赤湯は、血の湯で貧血ぎみの青鬼が入っている。死神たちは、弱酸性の湯。血気盛んな赤鬼は、溶岩湯に浸かっている。
「いま、人気があるのは岩盤浴と針を組み合わせた針岩盤浴ですね。」
 それは、熱した石の板の上に無数の針が突き出していた。皆、その上に気持ちよさそうに座っている。たまに、頭や体から血を流している鬼がいる。死神が解説する。
「強者は上からも行きます。悪い血が出てスッキリするらしいです。私はしませんよ。流す血も涙もありませんし、骨が砕けますから。」

「冷酒にワインどうですか?アイスもありますよ。」
 時折、雪女の店の店員が売りに来る。もらいものの霊蔵庫を使って商売してやがる。ちゃっかりした奴だ。

 会社が心配だ。翌日には雪女を残し、戻りの車の中にいた。
「たまには息抜きもいいものですなあ。いやあ、おかげで寿命が延びるってもんだ。」
 死神のやつ、何を言っているんだ。こっちは、寿命を削りにいってるんだ、
「社長、よろこんでください。死神の目で調べた結果、寿命が延びてますよ。」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

主人公

地獄で入獄拒否され残りの人生を霊として過ごす

主人公を保護観察する死神

雪女。

居酒屋雪ん子の女将。

死神の知り合い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み