怨等引迎夢(おんらいんげいむ)ー開発会議編ー

エピソード文字数 404文字

 そろそろ、最終目標であるゲーム機の製作をしたい。
「遊びは、だめじゃ。これ以上鬼たちが怠け者になっては示しがつかん。」
 閻魔は厳しい。この高い壁を越えるには、役に立つアプリから広めるしかない。

「健康アプリはどうかな。」
 モニター役として雇った青鬼に聞く。
「たしかに、少々腹が出てきたし、赤鬼のような筋肉もないから。でも、面倒なのはいやですよ。毎日ごろごろしてできるならいいですけど。」
 そんなものがあったら、現世でやってる。
「獄卒向けの、おしおき代行アプリは?」
 提案するやいなや、
「おれたちの楽しみをうばわないでください。」
 鬼たちの反発を招いてしまった。
「グルメ紹介アプリ、温泉紹介アプリ、イベント紹介アプリ・・・。」
 やけくそだ。
「向こうから来てくれればいいけど、わざわざ出向くのも面倒くせなあ。」
 う~、鬼たちってどれだけ自堕落なんだ。いや、自堕落だから鬼になったのか?
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

主人公

地獄で入獄拒否され残りの人生を霊として過ごす

主人公を保護観察する死神

雪女。

居酒屋雪ん子の女将。

死神の知り合い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み