判決はクーリングオフ

エピソード文字数 347文字

 気が付いたのは、病院のベッドの上だった。上・・・上空と言うべきか。天井からベッドに横たわる自分と回りで泣きくずれている家族がいた。両親と弟。

「お別れは済みましたか?」
突然、横から黒いマントの骸骨がしゃべりかけてきた。
 どうやら、俺は死んだらしい。死神に促され、地獄の閻魔の元にやってきた。

「今月に入って、3件目だな。はい、入獄拒否!」
 閻魔は俺の顔を見るなりこう告げた。
「ふざけるな!いきなり、拒否って、何なんだ?」
 俺は、閻魔に向かって叫んでいた。
「死因に死神が関係している場合は、返品することになっている。君は、そこの死神にぶつかって、電車にひかれた。だから七日以内であれば返却可能。つまりはクーリングオフということになるな。とっとと自分の体に戻って生き返るがいい。」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

主人公

地獄で入獄拒否され残りの人生を霊として過ごす

主人公を保護観察する死神

雪女。

居酒屋雪ん子の女将。

死神の知り合い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック