百鬼夜行 

露天風呂にて・・・①

エピソードの総文字数=3,000文字




        ーPM 8時30分ー



                      《法願寺ー客間》

                              



···レン、あのさ
····どうかしましたか?
····住職が、この数珠にレンの魂が繋がったって言ってたけど····
はい····
····体調とか··、何ともないのか?
あ····、はい····特にこれと言って、何事もなく···
そっか····、なら良かった··
···········

もしかして···

ん?
心配して下さったのですか····?
そりゃまぁ····、俺のせいでこんな事になってる訳だし···
····大丈夫ですよ··

全て、私の意思ですから

っ!!
そんな事より、そろそろ本気でお腹減りましたね~っ!
あ、あ~··· そうだな···


                              レンは····


                            お人好しだ


        そう、「お人好し」と言う言葉が


                            よく似合う···


         逆に言うと、すぐに騙されそうで


                     心配になるレベルだ




                ··まぁ、俺が側にいるなら


                     そんな心配は無用か····





                             ····················


                               ····って··、


              ちょっと勘違いしてないか俺···

  

                 そう言う事じゃないから!





                                ·············


                       少なくともレンに


                 そんな感情はないだろう


                                  そう!


                          俺にも無いし!


              そもそも会ったばっかだし!




·······························
大丈夫···ですか?
えっ?!
だっ、だだ大丈夫だよっ!!!?
(何をそんなに慌てているのか···)



         ····トントン



あっ、はい!
失礼致します····
精進料理では御座いますが、お食事をお持ち致しました
えっ?!
やあやあ、今日は土曜日だし、もう遅いからね、二人とも泊まって行きなさいよ
で、でも···、そこまで迷惑を掛ける訳には··
全っ然迷惑じゃないし~っ
まぁ···、強いて言うなら~···
明日のお祓いの手伝いをちょこっとしてもらいたいかな~って····
お祓いですか?
そうなのよ、

明日はねぇ···呪いの人形の依頼が入っててぇ~

の、呪いの人形·····?!

(嫌な予感しかしない·····)

うちの寺は何でも屋みたいなもんだしぃ~
(··ってか女子高生みたいな喋りになってんぞ住職··)
では、今日はお言葉に甘えて、その呪いの人形のお祓いのお手伝いで手を打ちましょう!
えぇっっ?!
あ、大丈夫ですよ!アスマさんの事は

私がお守り致しますので!

···························

(ふ、複雑な気分だ···色んな意味で··)









        ーPM 9時20分ー


                      《法願寺-客間》




ご馳走様でしたっ
精進料理も結構お腹一杯になりますね~っ
そうだね

初めて精進料理を食べたけど美味かった!



                          ·····トントン


失礼致します

お食事の後は、お風呂も沸いておりますので遠慮なくお入り下さい

何から何まですみません~っ
とんでも御座いません····
お休みになられる際は、こちらのお部屋を二つに間仕切り致しますので、お隣同士でお休み下さい
あっ、はい!有り難うございます!
それでは、ごゆっくりどうぞ···
おもてなし力が半端ねぇ····っ!
旅館並みですね·····っ!
あ、ちょっと片付けて参りますので、お先にお風呂へどうぞ
このお部屋を出て、右へ行くと外へ出る扉がありますので
そのまま行くと、露天に繋がっていたはずです
露天····っ?!

寺に露天があるのか·····?

住職様の趣味なんでしょうねぇ~

あ、タオルと浴衣が置いてありますよっ!




                        坊主丸儲けとは




                        言ったものだな····





····じゃあ、お先に頂きます
はーい、ごゆっくりです~






                              ················


                              ················


                                  暗い···


                      寺の照明は薄暗い··


            雰囲気出しすぎじゃないのか···


        何事も無いことを祈るしかないな···




            と、思いながら歩いていると


                    目の前に扉が見えた····





                                ガチャ-·····





チラッ



            ホー··· ホー····



·····本当に露天になってるな
······ここの照明も白熱灯1つか··

                     



                               ··············


                       ····露天とは言え


                            ここは寺だ···


                景色は最高とは言えない



                              何故なら····


            岩と垣根で誤魔化しているが


                    隙間から見えるのは




                                ····墓····



                             ·····のみ·····



      あまり見ないようにしよう···





さっさと済ませて上がる····っ





          ザブン-·····




          パシャ····




ふ-·······
(湯加減は最高か····っ!)




···カタン-···ッ




?!
(なっ、何だ?!)



カタカタッ


カタカタカタカタカタカタカタカタ-···



(これは····何の音だよ·····、俺の勘が警告を発してるぞ···!)


 



         ····湯煙の中



             離れた場所に何かが見える


                        ·······················


                     ·····何だ····あれ···?




      そこにいたものは····





TOP