一抹の不安

エピソード文字数 3,646文字



       -PM 11時30分-



                    《法願寺-露天風呂》




うっ······· くっ······
コロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスッッッッ!!!




     ギリギリギリギリッッ




·····はあっ はあっ···っ!!

(祓うしか····ないです···っ)

きっ····「急急如律」っ!!








  パアァァァァアァァーーーーーーーーッッッッ!!!!








···おっ、···っ唵(オン)!!
うぅっ·····く····

······っ阿謨伽(アボキャ) 尾盧左曩(ベイロシャノウ)

摩訶母捺囉(マカボダラ) 麽抳(マニ) 鉢納麽(ハンドマ) ······っ
·····ッハァハァ····

入嚩攞(ジンバラ) 鉢囉韈哆野(ハラバリタヤ) 吽(ウン)!

(し、真言(しんごん)長い~··っ!!!!)

死ぬ···っ!

!!!!!!??
グガ·········ッッッッァァアァッッ!!!!


コ、コムスメガァァァァァァッッッッ!

(かっ、髪の毛が緩んだっ!!!)
っぜぇぜぇっ·····!!

めっ、明光よ来たれ···っ!!!

貴方の一切の罪障を徐滅しますっっ!!!
西方極楽国土へ住かせよっっ!!!
ッッ!!!!!!!

イッッ イヤダ····ッ!!!


我ハマダ·····マダ逝カヌゾオオオオォォ!!!!!














       -PM 11時50分-


                        《法願寺-客間》






················
(レン····、遅いな···)
あ、あの~····
ん··?どうかしたかい?
···呪いの人形のお祓いなんですけど···
うんうん、明日ね檀家さんが持ってくる予定になってるよ~
そ、それが··· さっき風呂場で-····






          ドッッッッ




  カーーーーーーーーーーーーーーーン



         !!!!!!!!!!!!!!!







っっっ!!!!!????
っっっっっ?!!!?!???!!!
ふ、風呂場の方からですよっ!!!!





                           ガラッッ!!!




              バタバタバタバタッ!!!!











      《法願寺-露天風呂》





         ガチャッ





っレンッ?!
ギクッ!
大丈夫か?!
!!!!!!!
こ·······、これは---·······

······················

(あわわわっ!!バスタオルっ!!!)
··························

風呂場が···

粉々····ですね····
··レンちゃん····

どう入浴すればこうなるの~····


·····ガクッ

どっ、どどどうもこうもありませんっ!!!!!
明日来る予定だった日本人形がっ!!!
アスマさんを狙って、襲いかかってきたのですよ?!許せませんっ!
え~····っ!

何で今いるのよ~··、アスマ君···百鬼に大人気すぎるでしょ~···

(嬉しくない·······)
しかもっ、あっちから先に襲ってきたので、浄霊しようとしたら急に逃げ出すから····っ
·······それで、その人形はどうしたの~?
無理矢理っ浄霊しましたよ!


ほらっ!

っ!!!!!!!
に、人形の髪の毛が····

アフッ、アフ···ロに···


·····ガクッ

(······檀家さんにどう言い訳したら··)
あ······っ、えっとぉ····
も、申し訳ございません····
ろ、露天風呂もっ! 一生をかけて弁償致しますのでっ!!
····まあ、レンちゃんはまだ学生さんだしねぇ····、取り敢えず····
レンちゃんのお父さんから搾り取るから大丈夫よ~
っ!!!!
は、はい····っ!
あ、あのさ···レン
っ!

はいっ

レンの数珠は···、どうしたんだ?
あ····っ、あ~···
数珠があれば、人形に襲われなかったんだよね···?
ええ···、正しくは百鬼が私達に触れる事が出来ないのですが···、
わ、私····、お風呂に入る時は数珠を外す癖がありまして~···
················

成る程ね···

意味ないよね~っ

まあ、でも今のレンちゃんに数珠は既に必要ないと思うけどね!

は、はぃ··········· ······ ふっ···· ふぁっ···


 っっくしょーーーーいっ!

っ!!!!!
!!!!!
ぐずっ···


寒い~っ!!

着替えて来ますっ!!!
(·····完全に風邪引いたな)















       -AM 12時30分-


                        《法願寺-客間》




······うはぁ~·····っ   

寒いっ!!

だ、大丈夫か·····?






                               あの後、


               見るも無惨な露天風呂は


          直ぐ様、修理の手続きを行うと


                  住職が走り回っていた···


                         (夜中なのに···)






                そして、レンはと言うと、


        完全に冷えきってしまったようで···


          火鉢の前でガタガタ震えていた···




ガタガタッ




                取り敢えず、俺の上着と


              いつの間にか敷いてあった


        布団の毛布をぐるぐる巻いてみた···




レン、熱いお茶入れたよ··
あ、有り難うございます····っ!
···なんか、色々とごめん··
えっ?!

アスマさんのせいではありませんよ!!

···················
·······これから··
え?
どうしようか····
··やっぱりさ、俺なんかと一緒にいると、ろくな目に合わないと思うから···
っ!!
俺は···、今までもこうやって生きてきたし···、これからもそれで···
わっ、私はっ!!
っ?!
·····あ、

えっと···、私は··別に迷惑ではありません···

それに····、私には·····
と、兎に角です!

大丈夫なんですっ!!

················
······分かった
じゃあ···、これから迷惑をかける前提で、先にお礼をさせて欲しい
えっ?!
そっ、そんな事しなくても····っ
····いや、これだけは引けないよ?
明日もし、レンの時間が少しでも空いているなら、俺にくれない?
明日····ですか
何か····、用事とかあったかな···
あ、いえいえっ 何もありません!
··じゃあ明日···、ちょっと付き合ってね
は、はい····





                ··今日はいつも以上に··


                     色んなことがあった··




                        これから先ずっと


          レンと一緒に居るって言うのは··


          ちょっと現実的では無いような


                             気もするが··



                          ············


                     別に嫌な訳では無い··


                               だが俺は··


                 レンの事を殆ど知らない


                   何処に住んでいるのか··


              どんな生活をしているのか


                          ··そもそも


        レンには恋人はいないのだろうか··





                           ············


                            まぁ、居たら


                   こんな事にはならんか··









                                ········


                      漠然とした未来しか

  

                             見えない事が


                        俺を不安にさせる··




                    ··レンはいつまで


      俺の側に居て、俺を守ると言うのか


        一生、そう言う訳にも行かんだろ




                      きっと、いつかは


                    離れて行くんだろぅ··


                    今までと同じように··





         ··例え、そうなったとしても


                          きっと大丈夫··


                                   そう··


                          何の問題も無い






            はず··





ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

名前 伊吹 遊馬(いぶきあすま)

年齢 19歳

身長 179㌢

体重 63㌔

趣味 弓道、スノボ、漫画、小説


本編の主人公。

極度な霊感体質な事から、有りとあらゆる百鬼から命を狙われている。

それ故に、物事を諦める思考のある性格。

レンに興味を持ち始める。

名前 櫻井 蓮(さくらいれん)

年齢 19歳

身長 150㌢

体重 内緒

趣味 お寺巡り、お経早口言葉、御詠歌


本編のヒロイン 

実家はお祓い家業を営んでいる。

アスマを助ける為に自らを犠牲にするが、犠牲とは全く思っていない根っからのお人好し。

名前 伊吹 悠人(いぶきはると)

年齢 35歳

身長 183㌢

体重 68㌔

趣味 カクテルの調合、アンティーク収集、ドリ車の改造


アスマの叔父【para ti 】のオーナー

自分の息子のようにアスマを可愛がっている。

女性関係には少々だらしなく、それ故に婚期を逃して未だに独身。

名前 宮琵 曄子(きゅうびようこ)

年齢 ???

身長 165㌢

体重 秘密

趣味 七変化、レンの子守


レンの親友

レンとは相当親しい間柄で、学校ではいつも一緒に過ごしている。

その正体は謎に包まれており誰も知らない。

名前 碓井(うすい)

年齢 33歳

身長 185㌢

体重 75㌔

趣味 車、バイク、バギー、


【Para ti 】のバーテンダー

見た目はヤバいく、口調も荒いが

実は紳士。

特にも女性には優しく、執事より人気が高い。アスマの事も可愛がっている。

名前 湊(みなと)

年齢 30歳

身長 177㌢

体重 62㌔

趣味 コース料理やスイーツの試作、海外で食べ歩き、彼女募集中


【Para ti 】のシェフ&パティシエ

基本的に落ち着いていて物静か。

生まれてこの方、怒った事が無い。

常に食材の事を考えている為、彼女にフラれる事が多い。

名前 ???

年齢 ???

身長 ·············

体重 ·············

趣味 ???


飼い猫のようだが·····?

名前 黒崎 陵(くろさきりょう)  

年齢 35歳

身長 175㌢

体重 65㌔

趣味 野良猫の保護と世話、読書、創作料理


黒猫マートの店長

スーパーの様な品揃えでありながら、実は24時間営業のコンビニ店長。

猫が大好きでとにかく優しい。何事も猫優先のため彼女が出来ない。

名前 櫻井 梗(さくらいきょう)

年齢 26歳

身長 178㌢

体重 59㌔

趣味 酒を飲む、自然の中で小説を読む、使い魔を従える


レンの兄

お祓い家業を営みつつ、神社の神主を勤めている。霊力が強く百鬼は近づこうともしない。··最近彼女にフラれた。

名前 黒鉄(くろがね)

年齢 630歳

身長 190㌢

体重 78㌔

趣味 佐助の守護、佐助と散歩、佐助と昼寝


佐助の飼い猫(人型バージョン)

630年の時を経て、佐助(黒崎陵)との再開を果たし、今を幸せに暮らしている猫又。超級百鬼であり、百鬼の中でも敵はいない程の強さを持っている。


名前 櫻井 蘭蕉(さくらいかんな)

年齢 30歳

身長 160㌢

体重 秘密

趣味 筋トレ、太極拳、少林寺拳法


レンの姉(長女)

基本おっとりしているが、趣味は大体護身術や体を鍛える事。

仕事はグラフィックデザイナーで、中間管理職。

男性との縁がいつもいまいち。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色