百鬼夜行 

北の守護神 玄武

エピソードの総文字数=4,027文字









                      -PM  12時45分-


       《老舗丹百貨店》






こ、ここは-·····っ!!!?







                              ·····俺は····


                    一体どうなってんだ·····







               な····、なんでこんなとこに····


              立ってんの········?







あ、アスマさん······っ
レン·······、俺·····
動いてはいけませんっ!
ゆっくりと·····、後ろのフェンスに捕まって下さい·····
·····はぁはぁ····っ









                           ·····そう


                  俺が立っていた場所····


                              それは·····





                  さっきまで俺達が居た


                            デパートの






     屋上にあるフェンスの外側だった···







そのまま、動かないで下さいね····
(アスマさんに幻覚を見せていた百鬼····、蜃の気配は今は無いようですね····)
(···でも、フェンスが高すぎてアスマさんを助ける事が出来ない···)
(どうしたら······)
ガタガタ········っ
(急がないと·····っ!)
(ヤバい····、手が痺れてきた····)
(い、意識も····薄れて·······)










            グラァッ-····











っっっ!!!!!!!!!
アスマさんっっ!!!!!!!!!!
しっ、式神よ!!!

我が名の元に!!!!!

出でよっっ

玄武!!!!!!

 








      ヒューーー······ッッ

   キシャアアァァァーーーーー!!!








  

玄武っ!!!!

急いでアスマさんを助けてっ!!!






      ドスンドスンッッ




        ヒュッ






(咄嗟(とっさ)に出した十二天将が玄武になってしまった······汗)
(考えが纏まってなくて········、大丈夫かな~····)




























                          ·····················



                             ····俺は


                   どうなったんだろう·····


                           もしかして·····


                               死んだ····?


         ···妙にふわふわしているわりに


                       胸から腹にかけて


                           やたら苦しい·····








                              ····折角


                レンにも出会えたのにな





                      でも····、これ以上


     レンに迷惑かけずに済む·····か···









シュルルルルルルルル-·····
···························
···························
···························えっ?!










                       なんだ·····これ····





                       ·····目の前に


                            蛇がいる·····








                      ···························


                           へ、蛇?!








                     しかも俺の顔より


     蛇の顔の方がはるかに


        デカイぞ·····









ちょっ······、ちょっと待て···
シャァァァァァーーーー······
おっ、おお俺は不味いからっ!!
腹の足しにもならないしっ!!












        グイッッッ!!!









うおっっ?!!!










                             ··················


                           何が何なのか


       さっぱり分からないまま


                    いきなり凄い勢いで


                上に引っ張り上げられた····






         吐きそうだぜ····






                            よく見ると


                        俺の目線の横に


              デパートのアドバルーンが


          浮いている·····









·······え····っ








                                   俺は·······


                       恐る恐る下を見た····









                           っ!!!!!










                 明らかに宙に浮いている····





                                   いや····





     落ち着いて今の状況を確認してみると···


             俺の体に巻き付いているのは


                       どうやらさっきの


                       蛇の胴体のようだ······








                           俺はどうやら


     この蛇に助けられていたらしい····










ど、どうりで胸から腹にかけて苦しいはずだよ·····
·····てか、この蛇 よく見ると屋上のフェンスの内側から伸び出てきている···
これは·····一体·····?








                           と、その時


            またしても急に蛇が動き出し


                  俺をデパートの屋上に


       連れ戻してくれた····








アスマさんっ!!!!
レ、レン·····
よ、良かった········
良かったぁぁ·········っ!
やっぱり····、レンが助けてくれたんだな····
·······因みに、この巨大な蛇は···










                         と、言いかけて


                            横を向いた-······






         そこに居たのは










うわっ!!!!!







                             超巨大な····






                          亀······だった






                   さっきの巨大な蛇は


               その亀に巻き付いていた·····








                       これ·····何なの····?



                    正直、人並み外れた


        巨大さに圧倒される······










あ····、この子も十二天将の1人の
北の守護神であり、水の神獣、玄武と申します
玄武········

た、助けてくれて有り難う····

ヒュー-······

シャァァーーー····

(か、亀と蛇が同時に答えた·······)
アスマさん·····、大丈夫ですか····?

怪我は無いですか?

あっ···、うん大丈夫だよ
(····良かった)
レン···
は、はい····っ
その·····、ごめん
えっ?!何がですか?!
俺、幻覚の中で大切な数珠の存在を忘れてて···
今度こそ妹を助けたい一心で、青い光の壁と数珠を排除しようとしたんだ
あ、危なかったですね···
あの光の壁がなかったら····堕ちて死んでいたのに···
···でも、アスマさんは生きています···

何があっても私が助けます

っ!!
なので····、そんな顔をしなくても良いのです···!
······うん、有り難う··
(アスマさんが見せられた幻覚は、過去に実際起きたトラウマなはず······)
(恐らく、妹さんはまだ小さいうちに百鬼に依って亡くなられている······)
(心を潰されない様に気を付けなくては···)
···何か、また邪魔されちゃったね
えっ?!
デー····、あ、いや······

えーっと··

あ·····、そうですね··
でも····、今日は心身共に疲弊していると思いますので···
お家に戻りましょう····?
うん、そうだね···
お家まで、お送り致します
(·····ホント、男として情けなすぎる)
(これ以上アスマさんを連れ回す訳には行きませんね····)
(結界を張るのは、アスマさんには内緒で夜にやるか····)
(私、方向音痴だけどアスマさん家の経路を覚えないと·····)
····レン
へっ?!
あー、その····結界を張るって言ってたけど·····どうする?
(お、覚えてたっ!)
そ、そうですね····

迷惑でなければ、夜に勝手にやらせて頂きますが···

そ、そんな事させられないよ···っ!
えっ?!

(何故?!)

俺の事なのに、寒い夜に1人でそんな事····
(全く平気なんですが···、気を使って下さっているのですね·····)
····夜に1人で歩かせるのも、ちょっと心配だしな···
うーん····、ですが···アスマさんを休ませないといけませんし····
あ、だったら····、結界を張る時間までうちに居る?
······っえ?!
え?
······························
(俺は何やらまた問題発言をしたようだ····)

TOP