百鬼夜行 

本性を現しましたね!!

エピソードの総文字数=3,427文字






                     -AM 11時30分-



      《KA OUZE 文具》





あ、あれは····っ!





                              ダッッッ





                             ················


                         その時の俺は



                  レンの事は頭に無くて···



            必死で彼女を追いかけていた




                                 ··········









         《銀河通り》

ヒカリ······っ!!
っ!!!?
·····アスマ
昨日····、ずっと待ってたのに!

どうしていつもそうなの?!

っ!!
ご、ごめん····
····また、駅で···黒い影に·····
···················
····あ、··いや······
またそうやって嘘ついて誤魔化すの?!
っ!!!!!
いつもじゃないっ!
····················
···嘘、じゃない···
····もう、いいよ··
·····ごめん··、本当はヒカリにちゃんと話したい事があって···
っ!!!!
そっ、そんなの····
聞きたくない···っ!











       -AM 11時50分-



       《KA OUZE 文具》






············あれ?!
アスマさんが·····、見当たりません···
わ、私のお買い物が長すぎたせいで···置いて行かれたのでしょうか····
··················
····いやいや、流石にそれは無いですよね···
(何かあったのでしょうか·····)
(中に居ないとすれば····、外に行ったのかもしれません····)
(···そう言えば、連絡先すら聞いていませんでした···)
············








                             ···················



                      私の名前は櫻井蓮···




                        ひょんな事から


                    昨日出会った男性と


                  行動を共にしています



                     ···そこだけ聞くと、


            若干行動を疑われそうですが···


              そんなアレな感じでは無く


        乗り掛かった船的なアレの方です




             今日は、その男性


                          アスマさんに


                    お買い物に誘われて  


        街まで来たのですが


                   忽然(こつぜん)として


                姿を消してしまいました····




(数珠からの反応は無いけど··、やっぱり探してみよう···)
(取り敢えず、この近辺の外から···かな)
(入れ違いになっても困りますしね···)







       -AM 11時50分-



                          《銀河通り》




ヒカリ、昨日は俺から呼び出したのに行けなくてごめんな··
······アスマは昔から、私の事なんて二の次だったよね
そんな事····っ!
私が辛いときだって側に居てくれなかったじゃない·····!
·······それは··
··俺だって、わざとヒカリとの約束を破っている訳じゃ···
だったら、どうして?!
···前から言ってるけど、俺は普通の人とは違うから··
っ!!!!
また···っ!!そうやって訳の分かんない言い訳するのやめてよっ!!
(·····ダメだ、いくら言ってもヒカリには見えないし分かってはもらえない)
(此までもずっとそうだった····)
·····ハァ
(不毛すぎる···)
(一体どうしたら···)
·····っ!
ねぇ···、その数珠は何?
えっ?
そんなの私知らないし、アスマの趣味じゃないよね?!
こ、これは····





        ガシッ




っ?!

(腕を捕まれた···っ!)











                          《銀河通り》






うーーーん··· いないなぁ
外を探すのは無理があるのかもしれませんね····
                 


            ·····と、


                         その時


                        路地裏の方から


                女性が叫んでいるような


    声が聞こえてきたのです···





な、何事でしょうか····
(ちょっとだけ様子を伺いに···)

コソコソ····

ソ~っと···
どうして···っ、そんなもの着けてるのよ?!
ちょっ·····、やめろって!
そんなに大切な物?!

誰から貰ったのっ!

くっ····

(数珠が取られる·····っ!!)

っ!!!!!

(あっ、あれは!アスマさんですっ!!)

(な、何やら人情沙汰になっている模様ですね···)
(あの方は····、もしかして彼女さん···でしょうか····?)
(うーん···、どうしよぅ···)
············






       バチンッッ!!!




っ!!!! 

(アスマさんの数珠が取られましたっ!!)

っ!!!!!!
っこんなもの····っ 着けてるから悪いのよっ!!!


やっ、やめろっ!!
たっ、大変ですっ

(引きちぎられる····っ!!)






       バッッッ




ま、待ってくださいっ!!
っ!!!!!
っっレンっ!!!??
な、何よアンタ?!
えっ、えーっと··· 私は····
!!!!!!
アンタね?!全部アンタのせいだわっ!!
えっ?!
アンタがっ、アスマをたぶらかしたんでしょ?!
たっ、たぶらかすって····何ですか?!
···てゆーか!

私の事なんかどうでも良いのですっ!!!

はあっ?!
兎に角!!!その数珠を返して下さいっ!!
ど···っ、どうしてアンタなんかに渡さなきゃなんないのよっ!!
これは、アスマの物でしょ?!アスマの物は私の物よっ!!
言っている意味が分かりません····!
·······その数珠はとても貴重な代物なんです···!簡単に外してはいけないのです!
ごっ、ごめん···レン
アスマさんに言ったのではありませんよっ
~~~っ!!!

絶対にわたさないからっ!!

数珠もっ、アスマも!!!
ヒカリ···、俺はもう···
っ!!!!?
ずっと···前から言ってただろ···?

ちゃんと聞いてくれなかったけど···

いっ、嫌よっ!!!





                                チリチリチリ-·····


  

っ?!


(なっ···、何今の?!)
昨日も本当は、その事をちゃんと話したかったんだ····
い、嫌····
絶対にそんなこと許さないからっ!!!





ヒヒヒヒヒヒ·····


ヒトノ欲トハホントウニ美味ヨ···


モットモット欲ヲダセェェェ···





っ!!!!!
っ?!
(やはり···っ!彼女には百鬼が取り憑いています!)
(一体いつから···?!ヒカリは気付いていないのか?!)
(···どうりで、言っている意味が全く分からなかった!)
··このままでは、数珠が破壊されかねません!
でも···、憑かれているとしたら、直接数珠に触れる事が出来るものなのか?!
····人の体を通せばいけるみたいですね····、実に厄介です···っ!!
なっ、何の話をしているのよっ!!
·············
アスマ····、一緒に帰ろう?

そしたら、これ返してあげるから····

っ!!!!
(·····このまま二人で帰すのは危険過ぎる)
(本当に数珠を返すとは到底思えません··)
(ヒカリさんに憑依している百鬼の本当の狙いはアスマさんなのだから····っ!)
···ヒカリ
悪いけど····、もう一緒には居られない
ど、どうして?!
···············
ヒカリは気付いて無いかもしれないけど、俺のせいで既に巻き込んでしまってるし··
それに····
·····さっき言ったでしょ··?

そんな事····

ユルサナイイイワヨォ~~~ッッッ!!!!
!!??
っ!!!!!!
アスマァア····   ワシノ元ヘ   

堕チロオオオオオ···

ほ、本性を現しましたねっ!!!


ヒカリ·····っ!!

TOP