百鬼夜行 

【Para ti 】

エピソードの総文字数=3,244文字

                       







        12月10日(月)



                       -AM 7時45分-


                  《デザイン専門学校》


         -学食-





(今日は少し早く来たので、珈琲でも飲みましょう)








                                ··チャリン


                                   ピッ




                             ガリガリガリ


       ヴーン  ·····コポコポコポ








学校にまさかのミル挽き珈琲自販機があるとは·····っ!
めっちゃ良い香りですね~
あれ?
····あ
これはっ!良輔さんですね!

おはようございます

おはよー、レンちゃん!
いつもこの時間帯なのですか?
まぁね、家から学校がちょっと遠くて、早めの電車で来てるから···
成る程···、それは通学が大変ですね
レンちゃんは近いの?
ええ、ここから二駅程になりますので、比較的近いです








       カラカラカラ····








ん?

(また誰かが来ましたね···)

あれ···っ
あっ!
お、アスマ~
おはようございます
おはよう···
····二人で何してんの?
少し早く来たので珈琲を買っていたら、たまたまお会いしました
何だよアスマー、ヤキモチかぁ?
っ?!
えっ?!

そんな訳ない···し··

·············
(素直じゃねぇなぁ····)
あ、アスマさん
えっ?
今日の帰りにマフラーをお返ししますね
あ···· あぁ、

そう言えばそうだったね···

(···アスマさん、今日は調子が悪そうですね···)
そ、それでは····

私は戻りますね~··






        パタパタパタパタ····· 






(しまった··)
アスマ、
えっ?!
もう少しレンちゃんを大事にした方が良いんじゃない?
えっ?!

何でっ?!

彼女じゃないって言ってたけど、普通の友達関係でもないだろ?
そんなだと、他の男に取られるぞー?
···············





              まさか良輔に言われるとは····






                      良輔はモテるため 


                      女心に結構詳しい···







                俺は鈍感にも程があると


                    いつもディスられる








                      ····でもレンとは


            そう言う関係じゃないしなぁ···








                             ·········って


                                今更か···








                              ···············


                      ·······だからこそ


                ヤキモチ妬いてたのか俺?









       ····良く分からん····













レン、今日からバイトだったよね?
あ····、はい··
夜はヤバイよ夜はー
行きは良い良い帰りは怖いってね····
は、はい···
ま、レンに何かあったら飛んでくけどさ
ヨーコちゃん·····っ
まぁ、そこまでヤバい百鬼に逢うことなんて無いでしょ
····だと良いんですけど
兎に角、気を付けるに越した事は無いからね!
はい·····
(何たって···食べ頃なんだから·····)


















                       -PM 4時50分-


         《学食》






(アスマさんとの待ち合わせは、学食でしたよね··)
(まだ来ていないようです····)





        カラカラカラ····




レンっ
っ!!!
ごめんっ、お待たせ
(ビックリした····)

いえ、私も今来たところなので···

あ、あの·····
マフラー······有り難う御座いました····
あ、うん···っ
······でも、今日も寒いから
着けてていいよ
·····えっ、でも
ほら、行くよ?
はい····





















                        -PM 5時20分-


                             【Para ti 】



おっ
今晩は····、来ました
こ、今晩は···
待ってたぜ?

取り敢えず、ミーティングルームに行ってて

お前らのロッカーは用意してあるから、先に着替えて、マニュアル読んでな?
はい!
は、はい










         《女子更衣室》







        ガチャ····




うわっ、制服は·····メイド服····ですか~····





         モソモソ···




こんな格好した事ないなぁ~·····

恥ずかしい····











         《男子更衣室》




        ガチャ····






····まあ、分かってたけど燕尾服だよなぁ
(これは皿が洗いにくいな····)










       《ミーティングルーム》







        ガチャ····





あ、アスマさん·····
っ!!

(わ····っ、可愛い~···)

(めっちゃ見られてる·····、恥ずかしいなぁ···)
レン····、似合うね···
えっ?!

そんなことは···っ

アスマさんだって·····、とてもお似合いですよ·····?
えっ!!!

あ、有り難う····








         ガチャッ





おまたせーっ
おっ!二人とも似合うじゃねえか!

実に初々しいな!

····ん?
おいアスマ····、燕尾服っつーのはな腕捲りするもんじゃねーぞ···
えっ?!
でも····、それじゃあ皿洗えないじゃないですか!
····そもそも、お前は皿洗いじゃねえ
なっ!!?
でもっ、俺まだ未成年だし····っ
執事なんて柄でもない·····っ!!
基本的に執事の仕事ってのは、献身的で無私無欲、サービスに情熱的で
ホスピタリティな経験や知識が必要だ
プラス、英会話や読み書きが出来るようでなければならねえ
(執事さんって凄い職業だったのか·····)
因みに俺には向いてないけどな!
(俺にも無理·····っ)
(不安になってきました····)
って事だから、素人に執事の仕事は無理なの
じゃあ····、何を···?
アスマ、お前はバーテンダーだ
っえ?!!!
今は、碓井(ウスイ)が一人でやってるから、碓井から指示を受けてやれ
は、はいっ
それから、レンちゃんは厨房に入ってもらうよ
はっ、はい!
基本は、湊(ミナト)の助手で料理やスイーツの盛り付けや簡単な調理をしてもらうから
まぁ、レンちゃんは料理とか得意だってアスマから聞いてたしな
問題無いとは思うけど、辛いときは言ってね
はい!
それじゃあ、もうすぐ開店だしスタッフに簡単な紹介をするから
はい!
はいっ












          【Para ti 】

     

       《ホール》



      -開店10分前-




今日からバイトに来てくれた、伊吹遊馬と櫻井蓮ちゃんだ
碓井、アスマはお前に付けるからしっかり教育してやれ
うぃーっす
(碓井さん、益々目付きが······)
それから、レンちゃんは湊に任せるから、優しく教えてやんな
了解です
宜しくお願い致します
先日1人辞めちまって、人手不足だったから助かるよ
それから、まだアイコンは無いけどな

執事連中の紹介をしとこうか

(アイコン??)
左から、楪(ゆずりは) 秋月(あきづき) 碧(あおい) 陸(くが) 柊(ひいらぎ)の5名で回している
それと、紅茶の茶葉や珈琲のブレンド、ワインセラーを管理する、鏡(かがみ)だ
宜しくお願いします!
宜しくお願い致します!
て、事で今日も笑顔で献身的に宜しく頼むぜ?







    宜しくお願いしますっ!!








はい、じゃあ張り切って行きましょ












                             そうして、


                      【Para ti 】にて


     初めてのバイトが始まった








         緊張する····










TOP