百鬼夜行 

1日執事?!

エピソードの総文字数=3,017文字









                           12月30日(日)


                         -PM 7時5分-


                            【Para ti 】









                    ··~♪♪~··♪♪♪~··

                   ♪♪~··♪♪♪~··♪♪





           ガヤガヤ-···



アスマー
あっ、はい!
忙しいとこ悪いんだけどさ·····

ちょっと頼みがあるんだよ~···

·····え?

(嫌な予感しかしない)














                             ····年末








                      学校は連休に入り


        俺達は、毎日バイト漬けの日々に


                            なっていた








                  連休中はバイト時間も


               普通に、朝3時までにされ




              思いっきり、真逆の生活を


                        強いられていた·····

        (その分、時給UPになっているが)







                      夜の生活になると


    いくらレンが居てくれているとは言え


        百鬼と出会う時間も増えるわけで··






                  最近は家に着くまでに


        レンがクタクタになっている事が


                                  多い······








                 (ホントにごめんレン····)









                           ·····そして


         今に至るのだが···






どうしたんですか?
今日さ、超常連のお客様がいらしているんだけど···
はい·····
その方が、どうしてもアスマを指名したいと言い出してなぁ
えっ?!
いやいやいやっ!!無理ですよっ!

素人に執事は無理だって言ってたじゃないですかっ!

いや···まぁ、そうなんだけどな~
大体この店イケメン揃いなのに、俺を指名するとかあり得ないでしょ···っ!
······アスマ、お前は俺の甥っ子だぞ?!
·····は?
俺がモテて、お前がモテない訳がねーだろ?!
···················
言いたい事は以上でしょうか···?
ちょっ····!

頼むよ~っ アスマ~!

·····俺は、一従業員ですので···命令となれば、何でもやらざるを得ません···
ははっ、アスマの方が大人だな····っ
碓井は黙っとけ·····








                               て、事で···


      素人の俺が執事をやることになった···






              どうなってもしらんからな·· 









                             取り敢えず


    楪さんに基本を教えて貰うしかないか···




















            《厨房》



レンちゃんっ
はいっ
碓井さんがお呼びだよ
えっ?!

私ですか?!

うん
今····抜けても大丈夫ですか····?
いいよー

鏡(かがみ)をこき使うから!

(一体何事でしょうか···)











       《カウンター》



お待たせ致しました···
おー、レンちゃん!

待ってたぜ!?

どうかされましたか?
急遽、部署変更だ!
へっ?!
今日1日、アスマは執事をやることになったから、レンちゃんにはこっちを手伝ってもらうぜ?
ええっ?!
し、しかしこんなメイド服でカウンターに入るのは如何なものかと····
おっ、流石に分かってんなぁレンちゃん!
え?!
って事で、燕尾服に着替えてきな!
なあっ?!
あ、ついでに髪も結んでくるんだぜ?

似合いそうなシュシュを置いといたからな!

(シュシュ····?!)
(碓井さんがシュシュって言った····)
りょ、了解です····
ふはっ··

··レンちゃんかーわいいな!

お前なあ、レンちゃんはまだ19歳だぞ?!ロリコンかっ!
····人聞きが悪いぜ~オーナー!

別にそう言う意味で言ったんじゃねえよ?

ベストオブ妹!って意味よ!!
····あっそ











        -PM 8時30分-



(アスマさんは·····、ゴールドテーブルのお客様の接客中ですね···)
···················
レンちゃんさ、
はっ、はいっ?!
アスマとはどんな関係なんだ?
ええっ?!

そ、そうですね····

どちらかと言うと····、私がアスマさんのSP的な感じですね!
······················
なるほどな
碓井さんっ
ッドキ!!
おっ!

アスマ、調子はどうだ?!

嫌ぁ、もうシドロモドロでヤバいですよ~····っ!
って、レン?!

何でカウンターに?!

今日はアスマさんの代わりに燕尾服ですよ!
そ、そうか·····

なかなか凛々しいぞ···

····有り難うございます
あ、そうだ

碓井さん、ホーセズネック入りました····

····ホーセズネックか····

運命を感じられてるようだな····w

え?!
え·····
ホーセズネックの、カクテル言葉だよ
(カクテル言葉なんてのがあるのですね···)
運命····か····
····チラッ
········?
·················
何を見つめてんだよアスマ····
え·····っ?!

す、すみません···っ!

(·····なんだろう?)
···········ほら、ホーセズネックだ···
···有り難うございます
ちゃーんと、カクテル言葉をお客様に言うんだぜ?
は、はい····
そーだなぁ····、折角だから
(···嫌な予感がする····)
貴女の選んだホーセズネック···、これは私との出会いを運命的に感じて下さっていると···受け取っても宜しいのでしょうか···?
···もしそうならば、今日だけは私に運命を感じ、お側で仕えさせて下さい北條様···
って、言えよ?
ひゃーーーーっ!

(超常連客は、北條様なんですね!)

そっ、そんな事言われたらもう···心臓バックバクですよー!!
································
なんつー顔してんだよ···アスマw
そ、んな事····、嘘でも仕事でも言えないっす····
それも、執事の仕事だぜ?

そう言う腕がありゃ、客もお前のリピーターになるしな

··············
こらこら、碓井っ

アスマは執事じゃないんだから、からかうなよ

へーいw
ほら、お客様をあまり待たせんなよ?アスマ
は、はいっ
(···アスマさん、大丈夫かな····)
(碓井さんは、普通にあんな台詞を言いそう···、だからこそ人気が高いのかも···)









                      ····アスマさんは






                      嘘でもあんな事を


                  言いたく無いようです···







       そう言う真面目な所にも惹かれて


                            しまいます···







                                なんて····


       思っている場合では無かった事に










                              今はまだ


   全く気づいてはいませんでした····






TOP