夜の散歩と鬼門封印結界

エピソード文字数 3,510文字







        -PM 7時30分-


     《アスマ自宅周辺》





其では、方位磁石で半径1キロ先の北側へ向かいましょう
方位磁石·····?
·····レン、スマホあるよね?
ありますが···?
·············

(方位磁石いるかな···)












                俺達は、北側へ向かって


                            歩き出した






                    この辺は国道に近く


          5分も歩けば大きな通りに出る




              ちょっとした繁華街もあり


              コンビニなんかも結構多い








                        平日の夜中でも


          大人達は飲み歩いているらしい










          今日は土曜日だし、想像以上に


      人が出ていた






      こんなに寒いのに··







···やはり都会はこんな時間でも、人が沢山出ているのですね
そうだね····、今日は土曜日だし特に多いね
私はこっちに来てから殆ど18時以降は外出しませんので···
ちょっと悪いことをしているような気分です····っ
(····可愛いなぁ)
まだ未成年ですからねっ
···なら、俺がレンの保護者かな
っ!!
おっ、同い年ですよっ!
知ってる、冗談だよ?
····もう、意地悪ですね
(うぐっ····、可愛いっ)










         ··俺はちょっと浮かれていた






     レンと二人で夜の街を歩けるなんて


                    思って無かったから··








                   夜なのに明るい繁華街








                        まだガキの俺達が


           こんなとこ歩いて良いのか··






             ちょっとだけ、ドキドキする


             夜の散歩だった














そろそろ1キロです!
どうして分かるの?
スマホのマップを見ているからです!
(最初の方位磁石はなんだったんだろうか····)
えーと····、何処に六芒星を描こうかな··
公共物に···描くのか?
はい、描くのは公共物ですが···描いた六芒星は直ぐに見えなくなりますので
見えなくなる····?
正しくは、人に見えず百鬼に見える、と言う事です
百鬼には見えるのか··

何で描くの?

普通のサインペンです

サインペン····
(本当に消えるのかな·····)
それでは描いて行きましょう





    キュッ キュキュキュ~





よしっと!

出来上がりですー!

(めっちゃ適当に描いたな··)
後は徐々に消えていきますので!
··············
·····っあ
ほ、ホントに消えた···
では、次へ参りましょう
次はどっちへ行く?
アスマさん家を中心に、西側へ向かいます












                                ·······




                    そうして東西南北に


                     六芒星を描いて行き





        俺のアパートに戻って来た頃には


     もう21時を過ぎていた··








           

······ようやく戻ってきたな
大丈夫ですか····?

疲れましたよね····?

いやっ、俺は大丈夫だけど·····レンの方が疲れたんじゃない?
私は平気です!歩いてるうちに体もポカポカしてきましたし!
それに、これからが本番ですよっ
ここでも何かするのか?
はい、半径1キロ圏内の鬼門を封じるために、ここにも六芒星を描きます
ここでは、地面に描いておきましょう







                              そう言って


                  レンは小さな六芒星を


       地面に描き始めた








では、行きますよっ!
すぅ--···

金剛四方印!!

(こんごうしほういん)

金剛地結界契印っ!!

(こんごうちけっかいきついん)








    パアアァァアァァァ-----ッッ!!!








っ!!!
小さい六芒星が光った····っ!!
唵(オン)っっ!!

枳里枳里(キリキリ) 嚩曰羅(バサラ)

縛曰哩(バサリ) 部律(ブリツ) 満駄満駄(マンダマンダ) 吽發咤(ウンバッタ)!!
鬼門を封じ、此処に悪鬼を近づかせることなかれっ!
金剛地結地界結界法っ!!
(うわっっ!)







     キィィィーーーーーーーーー----·······







六芒星が·····急にデカくなって広がって行く··っ!!!
             








                   そして··


      急速に広がって行った


            レンが適当に描いた六芒星は




                          その後、直ぐに


           眩い(まばゆい)光を発しながら


                           消えて行った··







                 一瞬明るくなった周辺も


         今では何事も無かったかのように


          静寂を取り戻していた··










·····はい、これで完了です
·····レンって、やっぱ凄いね
えっ?

そうですか····?

(俺も同じくらい霊感だけは強いのに、基本的に無能····)
(でも···レンと比べる事が間違いだよな·····)
·····あの、大丈夫ですか?
う·······、うん·····
と、取り敢えず····
二ツ神駅周辺くらいまでは、襲われる危険は無くなると思います···
(スーパームーン以外は····)
(後でスーパームーンの事を説明しないと···)
うん····、有り難う
·····それでは、私のお役目は終了しましたので····
もう遅いですし、そろそろ戻りますね
あ·····っ、送ってくよ!
いや···、今の時間帯は····百鬼夜行がですね·····
そ、それはそうなんだけど····
では····、ここから1キロ先まで送って頂けますか?
(それしかないよね·····)
折角鬼門を封じましたし、好都合ですよ?
ごめんなレン····
何を謝る事がありますか!
その気持ちだけで充分です!
(普通の男の子に戻りたい)





















        -PM 9時50分-


        《アスマ自宅周辺》


        -半径1キロ先-






···少しでも送って下さって、有り難う御座います
いえ····
それでは来週はバイトの方で宜しくお願い致しますね
あっ、うん·····

此方こそ宜しくね

(俺、ホントに迷惑ばっかかけてる気がする····)
では、また来週~
気を付けてなっ










            レンは笑顔で振り向きながら


                手を振って帰って行った···







                       俺はそんなレンを


     見えなくなるまでずっと見ていた···








················
あ·····、
そういや、レンが作ったオムレットまだ何個かあったんだっけ···
(帰ったらまた食べよ~っ)












                         -PM 10時10分-


        《レン自宅》





·····ただいま~·······です
あら~っ!お帰りなさいレンっ
うわあっっっ!!!!
ちょちょちょっと!!!

また勝手にっ!!

別に構わないでしょ?
構いますよ~···
そんなことより、遅かったじゃないのー
(そんな事程度の話ではありませんが····)
あー····、さっきまでアスマさんと一緒でしたので···
あらあらあら~っ
何ですかっ
レンも隅に置けないわねぇ~っ
······················
ヨーコちゃん、何しに来たのです?
連れない~···
キョウからの伝言を伝えに来たのよ~っ?
えっ?!
そうですか····、どうせ連休に帰れとかそんなんでしょう
まぁ、近いものはあるわね
それでしたら、お正月の連休は帰れないと伝えて貰えますか?
·····そう言うとは思ったけど
アスマさんを一人にするわけには行きませんし、
来週からはバイトもありますので··
················レン
················はぃ
あのアスマくんって···
恐ろしい程に食べ頃ねぇ····っ!
必死で守りなさいよ~?
っ!!!!!?
ヨ、ヨーコちゃん···それってどう言う意味で········
あ····っ!!!!
(消えてしまった···)
(アスマさんの体質は····一体何なのでしょうか·····)
(ヨーコちゃんがあんな事を言うなんて····)
··················
あっ!

アスマさんのマフラー、持ってきてしまいました······

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

名前 伊吹 遊馬(いぶきあすま)

年齢 19歳

身長 179㌢

体重 63㌔

趣味 弓道、スノボ、漫画、小説


本編の主人公。

極度な霊感体質な事から、有りとあらゆる百鬼から命を狙われている。

それ故に、物事を諦める思考のある性格。

レンに興味を持ち始める。

名前 櫻井 蓮(さくらいれん)

年齢 19歳

身長 150㌢

体重 内緒

趣味 お寺巡り、お経早口言葉、御詠歌


本編のヒロイン 

実家はお祓い家業を営んでいる。

アスマを助ける為に自らを犠牲にするが、犠牲とは全く思っていない根っからのお人好し。

名前 伊吹 悠人(いぶきはると)

年齢 35歳

身長 183㌢

体重 68㌔

趣味 カクテルの調合、アンティーク収集、ドリ車の改造


アスマの叔父【para ti 】のオーナー

自分の息子のようにアスマを可愛がっている。

女性関係には少々だらしなく、それ故に婚期を逃して未だに独身。

名前 宮琵 曄子(きゅうびようこ)

年齢 ???

身長 165㌢

体重 秘密

趣味 七変化、レンの子守


レンの親友

レンとは相当親しい間柄で、学校ではいつも一緒に過ごしている。

その正体は謎に包まれており誰も知らない。

名前 碓井(うすい)

年齢 33歳

身長 185㌢

体重 75㌔

趣味 車、バイク、バギー、


【Para ti 】のバーテンダー

見た目はヤバいく、口調も荒いが

実は紳士。

特にも女性には優しく、執事より人気が高い。アスマの事も可愛がっている。

名前 湊(みなと)

年齢 30歳

身長 177㌢

体重 62㌔

趣味 コース料理やスイーツの試作、海外で食べ歩き、彼女募集中


【Para ti 】のシェフ&パティシエ

基本的に落ち着いていて物静か。

生まれてこの方、怒った事が無い。

常に食材の事を考えている為、彼女にフラれる事が多い。

名前 ???

年齢 ???

身長 ·············

体重 ·············

趣味 ???


飼い猫のようだが·····?

名前 黒崎 陵(くろさきりょう)  

年齢 35歳

身長 175㌢

体重 65㌔

趣味 野良猫の保護と世話、読書、創作料理


黒猫マートの店長

スーパーの様な品揃えでありながら、実は24時間営業のコンビニ店長。

猫が大好きでとにかく優しい。何事も猫優先のため彼女が出来ない。

名前 櫻井 梗(さくらいきょう)

年齢 26歳

身長 178㌢

体重 59㌔

趣味 酒を飲む、自然の中で小説を読む、使い魔を従える


レンの兄

お祓い家業を営みつつ、神社の神主を勤めている。霊力が強く百鬼は近づこうともしない。··最近彼女にフラれた。

名前 黒鉄(くろがね)

年齢 630歳

身長 190㌢

体重 78㌔

趣味 佐助の守護、佐助と散歩、佐助と昼寝


佐助の飼い猫(人型バージョン)

630年の時を経て、佐助(黒崎陵)との再開を果たし、今を幸せに暮らしている猫又。超級百鬼であり、百鬼の中でも敵はいない程の強さを持っている。


名前 櫻井 蘭蕉(さくらいかんな)

年齢 30歳

身長 160㌢

体重 秘密

趣味 筋トレ、太極拳、少林寺拳法


レンの姉(長女)

基本おっとりしているが、趣味は大体護身術や体を鍛える事。

仕事はグラフィックデザイナーで、中間管理職。

男性との縁がいつもいまいち。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色