百鬼夜行 

俺は単純でチョロい

エピソードの総文字数=4,234文字






         12月3日(月)


                       -AM 8時30分-


                  《デザイン専門学校》








      ザワサワザワ-····




あっ、ヨーコちゃん!
レン、おはよう
お早う御座います!
今日も寒いねぇ

Xmasは雪が降るかもしれないよ~

ホワイトXmasですかっ!

テンション上がりますねー!





                       彼女の名前は···


            宮琵 曄子

                    (きゅうびようこ)



                      学校に於いては


               私の唯一のお友達です!


              とても優しくて可愛くて


          大人っぽくて


                        私の憧れです!

                                                  




                        そして、ここは


                          私の通う学校····


                             その名も


                  デザイン専門学校です



               因みに私とヨーコちゃんは


                     アニメーション科に


                       所属しております



           この学校は様々な科があるので


           生徒達もとても沢山いるのです




そうそう、私···今日お弁当を忘れて来ちゃって···
珍しいですねっ!

それでは、今日は学食に行きましょう!

そうだね、たまには人が作ったご飯を食べるのもいいかも





                       私達の所属する


                 アニメーション科では


                        背景美術基礎や


           作画基礎、デジタル基礎など


                  様々な授業があります


                           授業以外にも


           スポーツ大会や学園祭なんかも


                           ありますよ~っ


                  私はまだ1年生なので


                  体験していないことも


                            ありますが


        学校はとても楽しいのです







    キーンコーン カーンコーン


    キーンコーン カーンコーン




あっ!授業が始まりますっ!
さぁて今日も頑張ろうか、レン!
はい!














       -PM 12時05分-


      《アニメーション科》




·····ふぅ

何とかうまく出来た··

レンは····
················
(ダメみたいねぇ····)
ヨ···、ヨーコちゃん····後で····
はいはい、ちゃんと見てあげるからね
す、すみません····
さ、学食行くよ?
はっ、はい!







                       -PM 12時15分-


         《学食》




おお····っ、結構混んでいますねー!
んー····、何を食べようかなぁ~
あっ!ヨーコちゃん!

狐うどんありますよ!!

·······ちょっとレン、そう言う事は小声で言ってくれるー?
あ·····っ、すみません···っ!





      ······と、その時··




·····レン??
·····えっ?
  




      ····ふと、振り向くと









        そこに居たのは····






な、何で······
アスマさんっ?!
ん·····?
レン、知り合い?
あ······、はい····

そ····うです···

(あらら、訳あり····?)
あー··、えっと·····
学食には、あんま来ないんじゃない?
あっ、はい····

初めて来ました

そっか、だから会うことが無かったんだね
(へぇ~、案外イケメンね·····)
なぁにレン、彼氏でも出来たの?
かっ、彼氏っ?!

そんなんじゃありませんよ!?

あらま、そんな頑なに否定したら可哀想でしょ
っ!!!!
あ、いや···· 本当にそんなんじゃないので···
そう····
アスマ、どうした?
あっ、良輔···
飯、決めたのか?
あ、あぁ···すぐ決めるよ
(あらっ、これまたイケメン)
あ、あの·····アスマさん
え?
····アスマさんは、何科なんですか?
あ、俺達はグラフィックデザイン科だよ
·····君達は何科なの?
えっ····と、私達はアニメーション科です··
成る程···、アニメーション科とは階が違うからあんま会わないね
ところで···
·····アスマの彼女?
い、いや···

(説明すんの面倒くさい)

···············
ふーん、そっか
ほらほら、さっさと食べないと時間無くなるよ?
そ、そうだね····
あ、俺の名前は坂本良輔です

宜しくね

あ····っ
わ、私は櫻井蓮と申します
私は宮琵曄子

宜しくね

お、おれは···伊吹遊馬です

宜しく···

折角知り合えたんだから、これからも仲良くしよ
勿論よ
····あ、そうだ··
レン····
は、はい
今日の帰り、話したい事があるんだけど時間貰えるかな··?
あ、はい 分かりました
では、帰りに門の所でお待ちしております···
うん、それじゃあ···
はい··
················
レン····
はい·····?
·····あんたねぇ、あのアスマ君と··どんな関係かは知らないけど
え?
もう少し愛想よくしなさいよ~···?
え·····っ、ええーっ?!
何でそんなに、気まずい感じなのよ

こっちまで気を使うんだけど···

ごっ、ご免なさいっ!
·····まったく··、謝る相手は私じゃないでしょ?
はい····






                        ······自分でも


         あまり気付いていませんでした


                              ··恐らく


                      昨日の出来事から····


                私はアスマさんに対して


            冷たかったのかもしれません


                               ··············



                              ····何故


            そんな態度をとっていたのか···


                自分でも良く分からない··


                    のが本当の所ですが··




                               ··············


                        どちらにしても


                ヨーコちゃんの言う通り


                          アスマさんに


                    ちゃんと謝らないと···   















                       -PM 4時30分-


      《アニメーション科》




····ふぅ 

何とか出来上がりました····

····レン、アスマ君を待たせちゃうよ?
あっ、はいっ!
それではヨーコちゃん、また明日っ
はいはいっ、またね!仲良くしなさいよ!




         パタパタパタ-····



···············
····レンは、まだまだお子ちゃまだからねぇ···
そう言う意味では、アスマ君が苦労しそうだねぇ····











         -PM 4時40分-


                         《-校門前-》




あれ···、レンはまだ来てないか····
     



       パタパタパタッッ




はぁっ···はぁっ  すみませんっ
お待たせ···· しましたっ!
っ!!!!
そ、そんなに走ってこなくても···
転んだりしたら危ないでしょ
っ!!!
あ、あの····
ん?
その···、ご··· ご免なさい···
え···っ?!
わ、私····アスマさんに、その~····
か、感じ悪かったのでは···ないですか?
えっ?!·····そんな事ないと思うけど··
どうしたの?急に···
·····ヨーコちゃんに、アスマさんに対して愛想悪いって怒られてしまいまして····
·········
あ···っ、勿論···自分でもそうかもって思いましたし···
ただ····、何でそんな態度を取っていたのかは私自身よく分からないと言うか···
·············
ですので····、申し訳ありませんでした··
·····全然、謝る程の事じゃないよ··
全く気にして無かったし··
てか、····俺の方こそ色々レンに謝りたいのに··
な、何をですか?!
昨日···俺からデートに誘っておきながら、レンを一人で店に置いてきぼりにしただろ···
それなのに、レンはまた···俺を助けてくれて···
···しかも、またレンを一人にして俺はヒカリを送って行くと言う最低な状況に···
うーん、でもヒカリさんの事は仕方ないと思いますので··
あ、じゃあ····
お互い様、と言うことに····しましょうかっ
っ!!!!
そ、そうだね····









                            ·····俺は


                           単純な男だ··


                      レンの笑顔1つで


               全てを許したくなる程に


                             チョロい·····




                      てか、許すも何も


              俺の方が最低野郎のくせに


           上から物を言ってすみません








                            ················


        でも··


          本当に


                       レンの笑顔には


     逆らえなくなりそうな


        気がする····








          はぁ~チョロい





TOP