百鬼夜行 

アスマの過去①

エピソードの総文字数=4,128文字






                      -AM 11時15分-


                  《桜木町ー青葉通り》




欲しい物が手に入ってよかったね
はいっ!大した物じゃないんですけど、
以前、テレビで見た雑貨屋さんに置いていた面白いマスキングテープと、イケメン付箋!
学校で使いたくって!

来週ヨーコちゃんに自慢しよー!

······やっぱり
えっ?
レンは、笑ってる方が可愛いな···
っ!!?
また·····、そう言う事を···
·····え?
アスマさんは·····、少し自覚が足りないのではないですか?
っ!!!
ご、ごめ·····っ
あ······、
··その····別に怒った訳では···
····レンは、俺みたいなヤツ好きじゃないでしょ····?
······えっ?!
俺さ、何も考えずに思った事を口に出してしまう癖があって·····
···本当にごめん···気を付けるから···
······················
い、いや···· 別に嫌いとか、そう言う事では無くてですね·····
················
··················
······嫌いなら
え····?
アスマさんを百鬼から守ったりなどしませんよ····
っ!!
じ、じゃあ····
····ですが
そう言う、女性が勘違いするかもしれない言葉は慎んだ方が良いと思います
っ!!!!!
················
私は····その···、あまり男性慣れをしていませんので···
真に受けてしまわないようにするのが、やっとなんです····
そう言う女性がいると言う事も理解しておいて欲しいです····
·········えっ
····················
······················
ご、ごめん·····っ
いえ·····











                   い、意外な言葉が·····


               レンの口から飛び出た··





            最初は何を言っているのか


                    分からないくらい····


                          意外すぎて·····






                              ヤバい···


                            何だこれ···


        めっちゃ恥ずかしくなってきた


                              今度は


                   変に意識しそうだ··



           てか



        レンにあんな事を言わせた時点で


              俺マジでないな····



                           反省します···








あ、あの····っ
えっ?!
マッ·····、マフラーが欲しい···です
あと手袋も·····
う、うん!
じゃあ····、最近出来たデパートに色んなテナント入ってたから行ってみる?
はい!
(やっぱ、可愛い····)























                      ーPM12時05分ー


                     《老舗丹百貨店》



流石に新しいだけあって綺麗ですね
うん、デカイ!
この時期はXmasの飾り付け等があるので、ちょっと嬉しいです!
····レンは、Xmasの予定は入れてるの?
····予定はまだ決めていません···
そっか····
アスマさんはXmasに予定とか入れたりするんですか?
ん~···、まぁ誘われたら入れる感じかなぁ?
お友達が多いと言う事は良いことですね!
····················
····あっ
可愛いマフラーを着けたマネキンがいますよ!
····シックで肌触りも良さそうです

····そのマフラー着けてみたら?


は、はいっ




        ぐるぐるぐる



こ、こんな感じ···?
····レン、もう少し可愛い巻き方ってもんがあるだろ?
え····っ
              






                      あわわわわわっ


             アスマさんがマフラーを


            巻き直してくれています!!


                         こ、これは·····





                          ちっ、近い······


              距離が近いですね~·····っ!


         良くないっ!


    良くないですよ·····っ?!





じっ、自分でやりますっっ
あっ·····、ご、ごめん····っ
(また····、やってしまった···)
····················
······すみません、女子力が低くて··
えっ?!

そんな事はないよ?!

マフラーの巻き方なんていつも適当で·······










······












ズズズ·····














·····ん?
········?
·······どうかした?
あ、いえ·····何でもありません···
(今、何か聞こえたような気が·····)














      ガシャンッッッッ!!!!










っ!!!!!!!!




           ·······


         突然の


            その音と共に


     このデパートの照明が


              一斉に落ち-···






         その一瞬で


              昼間とは思えない程の闇と


                        静寂に包まれた









レンっ?!











       シーーーーーーーーーーーーーーーーン-····








(····何で、こんなに静かなんだよ···)
(さっきまで人が沢山居て、ざわついていたはずだ···)
(レンだって今まで隣に居たのに···、今は気配すら感じられない·····っ!)












············








-····ちゃん··














っ?!












-····お兄ちゃんっ···    









この···声は·····













····お兄ちゃんっ





こっちだよーっ!







  キャハハハッッ































ミーーンミンミンミンミーン·····


ジージージー








                                ···········


            一体····


       何がどうなっているのか


      全く分からなかったが·····








        ·······目の前には見慣れた景色が


       広がっていた····











夏········?

ここは、田舎の婆ちゃん家の裏山だ·····

···························
···························
······あれ?俺は何をしてたんだっけ···












お兄ちゃんっ!!


あっちに川があるよーっ!












っ!!!!!!!
ま、舞香·····っ!!!

そっちに行くなっ!!!!













お兄ちゃんも早くおいでよーっ!










ダメだっ!!!戻れ舞香!!!















······きゃっ-···





っ!!!








うぅ····





お兄·····ちゃん····






あ、足-····






何··? これ····?






っ!!!!!!!!!









                           そこには-····


            血の気の全く感じられない


                            白い手が·····


              妹の小さくて細い足首を


              ぎっちり握り締めていた····





         その手は川から伸びて来ており


      少しづつ引き始めた···




ま·······っ







ぐいっっっ






キャッッッ










ドサッッッ









っ!!!!

舞香っ!!!!








ズルズル········














うわぁーーーーーーんっっ









お兄ちゃんっっ


お兄ちゃんーっ!!



怖いよぉぉぉーーっ!!





     





ズルッ



ズルズルズル-·····







(舞香が川に引きずりこまれる·····っ!)
やっ、やめ······っ







バシャッ-·····ッッ!!










バチャバチャッッッ






ガボガボッッ







お兄ちゃ-·····っ ガボッ




舞香っっ!!!!
      



 


       ダッッ!!!!






(早く······っ、助けないとっ!!!)







                     俺は必死で走り出し


                     舞香を救いに行った


           その時····















        ドンッ!!!!






 




うわっっっ?!


(何かにぶつかった·····っ!)
····················
なっ、何だよ·······これ····







                       俺の目の前には


                 青く光輝く透明な壁が


       立ちはだかっていた····






何で····こんな所に·····

ひ、光の壁·····?!













お兄っ·····ちゃ·····ガボッ





た····すけ·······  て··











っ!!!!!
舞香っ!!!!











  助けに行かなきゃいけないのに···




      青い光の壁が邪魔で


       俺は妹の側まで


    行く事が出来なかった·····










       どうしてだよ····


       助けたらダメなのか····?!


           舞香を·····


     死なせたくないのに·····







          舞香····











っ?!
な·····んだこれ·····?
数珠·····?

何で·····こんなもんが腕に·····?

·····青く·········光ってる

も、もしかして

光の壁は····こいつのせいか····っ?!

っこんなもの·········っ
外してやるっ!!!!











       ガシッ!!!





















···········さん······













っ?!
え·····っ?












アスマさんっ!!!!!













!!!!!!!!!
















ヒュォオオォォ~~~ッッッッ













パッパー·····  

ブロロロロ-·····










··························っ!!!!
こ、ここは-····













                          俺が居た場所·······
















                 そこは········











       





TOP