百鬼夜行 

出会い

エピソードの総文字数=3,625文字



     

                     ー PM 4時44分 ー




       ~♪♪~♪♪♪~




    1番線に電車が参ります···


    お乗りの際は、白線の内側まで


       お下がりください···






  




       ···カタンカタン-···· カタンカタン-····




·········ん?
2018/11/13 21:30





ズルッ-····


ズルズル···· ズル····





····何だ···?

あれ···

2018/11/13 21:41






ズルズル······ズルズル-····



ズルズル····ヒャヒッ ·····




ズル··· キヒヒャヘァ~···· ズルズル····





っっ!!!?
2018/11/13 21:44






アァァ···· ズルッ-··· スマァ~···


ケヒャハァ····グヘへ···· 






···ひ、人··?

いや·····、影···が動いてるのか···?


2018/11/13 21:48







···ズルッ-···



コッチ二···コイ···ヒャフヘヘ··· 


ズルズル····


イッ···ショ····· ダヨ·····






ズル····




っ!!!

や、ヤバ····い··っ!!!

また奴らが····


2018/11/13 21:58
····体が····っ!!

動かな····い··


2018/11/14 18:56






         ··························


         ··························


         俺の名前は


        伊吹遊馬

      (いぶきあすま)


    子供の頃から霊感体質で


  妖怪、心霊の類いに絡まれ続けて


       生きてきた···




  ···最近では症状が悪くなる一方で···


   死にかける事なんてざらにある

      今日も本当は、 


    大切な用事があったんだ


    ···でも、この調子だと


   もう··、待ち合わせ時間には


     間に合わないだろう···

     ···って言うレベルの問題でも


      無くなってきた···


      今回はどうやら


       もうダメかもしれない····





·····くっ··

本気で···、ヤバい···········

意識··が····

2018/11/13 23:05




ズルズル····


ヒェフヘヘヘヒ····


ハヤク······  コォーーイヨ···





ーピッー·····


スタスタスタ

2018/11/13 23:09
っっ!!!
2018/11/13 23:10
(誰か来た····っ)
2018/11/14 07:52
誰か····っ!!た··す······

·······················っ!!!

2018/11/14 19:02




       ···声が出ないっ!!




    ··意識も、もう無くなりそうだ···


   どうせ···誰にも見えてないんだっけ··


     助けてなんか··· もらえる訳が··


          ない·····

    ···所詮··、俺の人生なんて


    大したもんでも無かったし···


       流石に疲れてきた···


       なんて考えていた····


        その時だった···

····大丈夫ですか?
2018/11/14 19:45
っっっ!!!!!
2018/11/13 23:18
  





      俺の意識に飛び込んできたのは


    女の子の優しい声だった






·····駅は人が多いですからね··

人外のモノ達も多く存在しているのですよ··

2018/11/14 20:02
·············

(この子には···見えてるのか···?!)

2018/11/14 20:15
···取り敢えず、アレから視線を外さなければなりません···
2018/11/14 20:20
···申し訳ありませんが、貴方の手を握らせて下さいね
2018/11/14 20:21

······················

(··えっ?!!)
2018/11/14 20:24
   




            そう言って、その女の子は


     俺の手を優しく握った···


       その手の温もりは


     忘れられなくなりそうな程


     温かく、柔かかった






·········っ!!

体が···動く·····っ!

2018/11/14 20:28






···ウゥゥウ~···ズルッ


ア~スマァ~····


コッチニイ·····コォイ····イイイ····


ズル···ズル····







·····アナタ達が···

何故、この方を連れて行きたがるのかは分かりませんが····

2018/11/14 20:33
今日は此れにて、失礼致します


2018/11/14 20:47
·····えっ?
2018/11/14 20:48
グイッッ
2018/11/14 20:48
おわっっ!!
2018/11/14 20:49

  





  そう言って、彼女は俺の手を引き


    猛烈ダッシュをし出した····






  

      必死で走っていたせいか


      気付くと駅の外にいた··





ぜえぜえ·····っ!


も、もう大丈夫じゃないっ?!

2018/11/14 20:51
····はあっはあっ


は、はい····っ!

2018/11/14 20:54

大丈夫···でしたか····?

2018/11/14 20:55

あ····、うん····

有り難う··


2018/11/14 20:55
いえいえ!

お役に立てた様で何よりです!

2018/11/14 20:58
··························
2018/11/15 06:59
·····················?
2018/11/15 19:20
·····えっと··

その···

2018/11/14 20:59
へっ?
2018/11/14 20:59
····手を···

このままずっと握られてるのは···

その····、俺的には嬉しいんだけどさ··



2018/11/14 20:59
っ!!!!!!!

ごっ、ご免なさいっっ!!!

2018/11/14 21:01
    






         ···彼女は、大慌てで手を離した


      ····顔を真っ赤にして··






···············

(可愛いな·····)

2018/11/14 21:03
そっ、そうだっ!!

自己紹介っ!!自己紹介しないとっ!!

2018/11/14 21:06

·············

じゃあ、俺から····

2018/11/14 21:08
···俺の名前は、伊吹遊馬

年齢は19歳だよ

·····因みに··

2018/11/14 21:09
見ての通り····、霊感体質で

昔から、あんな感じなんだよね···

2018/11/14 21:12
····そうでしたか
2018/11/14 21:15
今まで誰にも···、俺が見ているモノが見える人なんていなかったんだけど···
2018/11/14 21:17
君には····、見えてるんだよね···?
2018/11/14 21:18
······················

···私は、櫻井蓮と申します··

年齢は、アスマさんと同じ19歳です

2018/11/14 21:19
···勿論、私にも見えています
2018/11/15 06:44
(やっぱり····)


2018/11/15 06:45
·····初めて見える人に出会ったよ··
2018/11/15 07:01
·····················
2018/11/15 07:56
··君は、その···

さっきのアレ···、見えてたのに

何とも無かったのか?

2018/11/15 07:55
··えぇ、まぁ····

私には守護霊と術(すべ)がありますので··

2018/11/15 07:57
       





                            守護霊·····


   それはまぁ、何となく分かる


         が、


   ·····術(すべ)ってのは何だ···?

   ···なかなか不思議な女の子と


   出会ってしまった気がするぞ·····


       と、思っていた時···







と、取り敢えず!
2018/11/15 08:02
えっ?
2018/11/15 08:03
アスマさんは今のままではとても危険です!
2018/11/15 08:03
むしろ、良く逃げ延びていたなと思うくらいです!
2018/11/15 08:04
あ、あ~····

まぁ、たまたま···かな···

2018/11/15 08:05
····················

ですので···、その体質を抑える方法を考えていたのですが···

2018/11/15 08:06
······えっ?!

何とか出来るの?!

2018/11/15 08:07
····アスマさん
2018/11/15 08:08
え?
2018/11/15 08:08
これから、お時間は大丈夫でしょうか···?
2018/11/15 08:08
あ····、うん····

まぁ大丈夫だよ···

2018/11/15 08:09

·················

···もしかして何か用事がありましたか··?

2018/11/15 08:10
·····ちょっとね··、あったんだけど····

多分もう居ないと思うから·····

2018/11/15 08:11
··················?

大丈夫なんですか?

2018/11/15 08:12
ああ·····

きっと、最初から無理だったんだと思う··

2018/11/15 08:12
·····?
2018/11/15 19:27
今から何処かへ行くのか?
2018/11/15 19:25
あ、はいっ!

アスマさんを守るためのお守りを作りに行こうかと思います

2018/11/15 19:28
お守り·····
2018/11/15 19:29
      





       ·····正直


   そんなもんで今までの苦悩が


    収まるとは到底思えない····


    俺の体験上、この体質は


      異常なのだから··







······えっと··

お気持ちは良く分かりますが···

2018/11/15 19:32
えっ?!
2018/11/15 19:33






        やっべ··


   心の声が顔に出ていたようだ····






····これは、強制ではありませんので···
2018/11/15 19:35
···もしアスマさんが行きたくないのであれば、私は此処で失礼致しま·····
2018/11/15 19:37
!!!!!!!
2018/11/15 19:37
ちょっ、と待って!
2018/11/15 19:38








   俺は思わずレンの言葉を遮った


 何故なのかは自分でもよく分からない···


       兎に角、俺は··


  このままレンと別れたくは無かった







は、はい····
2018/11/15 19:43
····行きます

ごめん··、別にレンを疑った訳じゃないんだ··

2018/11/15 19:44
っ!!!!

(よ、呼び捨てっ!!!?)

2018/11/15 19:46



 

       ···················


        何故かレンは


   またしても顔を赤くしている····


     俺··、何かしたか····?






(男性から呼び捨てにされたのは小学校以来です···っ!)
2018/11/15 19:48
···ええっと~····
2018/11/15 19:50
ハッ!!

す、すみませんっ!

ではっ、参りましょう!

2018/11/15 19:52
お、おう
2018/11/15 19:53




         ··こうして、俺は


                 ちょっと不思議な女の子、


                        レンに命を救われ


     今まで誰にも理解されなかった


                       この異常な体質も


               何とかなるのかもしれない··


                       と少し期待をして


      レンと行動を共にする事にした··






TOP