09 リオンの冒険する意味

エピソード文字数 2,529文字

リオンが落ち込む気持ちは、私にだってよく分かるわよ。
トラ……、イブ……?

トライブは、リオンの前で立ち止まり、アルフェイオスを持たない左手をそっと差し出した。

リオンの手が、反射的にトライブと結ばれる。

急に、何だよ……。

俺の手を握ろうとしてさ。

私だって、今まで何度も自分の剣を失ってしまった。


私の中で一番使いやすいと思っていた剣が簡単に折られてしまったり、時には私と全く合わないことだってあったのよ。

そのような経験を重ねて、私の今の剣、アルフェイオスがあるのよ。

俺だって、そうだよ……。


ずっと、サルコスっていう人のところで修行して、自分に合う剣を探し求めてきた。

でも、この剣は……、その結果見つけたはずのものなんだと思うんだ。


今更、他の剣がソウルウェポンだったとか、信じたくない。

リオンは、軽く首を横に振る。

彼の視線の先には、認められなかったライトニングセイバーと、おそらく認められているであろうアルフェイオスが交互に映っていた。

一つだけ答えて欲しいんだけど、リオンは、そのライトニングセイバーでどれくらい強い敵を倒してきたのよ。

そうだな……。


ルーファスを空から襲ってきた、当時最強魔獣と呼ばれたジェンタウルスを何とか打ち破ったかな。

それも2体。

ジェンタウルス……。


私もこの剣を前に一度出会ったけど、全く勝てなかった。

ソードマスターになったら倒したいと思っていたけど、それから全く目撃情報がなくて、今すごくもどかしい気持ちでいっぱいよ。


リオンの剣が、そんな強敵を2体倒したなんてすごいじゃない。

トライブは、かすかにうなずきながら、リオンの表情を伺った。

だが、彼の表情は倒した強敵を思い出す方向には向かうことなく、受けたショックへと戻っていこうという目に変わっていた。

でも、いくら俺がそんな強敵を倒したって自慢しても、ライトニングセイバーが俺の本当に持つべき剣じゃなかったって知ったら……、思い出も手応えも、何もかも無意味なものになってしまうような気がするんだ。

違うわよ。

リオンが持って、そのライトニングセイバーが一番の力を発揮できるんだから、それがソウルウェポンで間違いないはずよ。


つまり、「ゲームマスター」が見方を間違っているってことなの。

「ゲームマスター」が……?


あの黒い影の男は、かなり真面目だったような気がするんだけどな……?

それを疑ってかかること。

ライトニングセイバーが、リオンにとって本来の力を発揮できる剣だと証明すること。


それが、このゲーム「ソードレジェンド」に託されたリオンの使命じゃない。

トライブは、リオンの目をじっと見つめていた。

力では勝てなかった相手にもかかわらず、傍から見ればリオンに勝ったような光景だった。

疑ってかかる……、か。

なかなかいいことを言うな、トライブ。

私、そんな大したことを言ったつもりはないわよ。

私より強い相手が困っているのを見たら、手を差し伸べたくなる。それだけよ。


またリオンと、戦ってみたいからよ。

ありがとう……。


なんかこの冒険で、俺の目的ができたような気がする。

これが俺のソウルウェポンなんだって、信じてもらえるように……、「ゲームマスター」に言わなきゃいけないんだ。

リオンは、軽く握りしめていたはずのトライブの左手を、いつしか力強く握っていた。その茶色い髪が、森の中を通り抜ける風に、かすかにそよいでいた。



そこに、それまで二人の会話に耳を傾けていたソフィアが、そっと口を挟む。

リオン。

私からも提案していい?

いいよ。

リオンの持っているライトニングセイバーが、ソウルウェポンだとしても、そうじゃなかったとしても……、リオンはこの剣で最強の剣を目指せばいいような気がする。


つまり、ライトニングセイバーで「ソードレジェンド」の世界を制するのよ。

そっか……!


ソウルウェポンと切り離して考えられるかも知れないってことか!

リオンが、思わず手を打って息を飲み込もうとした。

トライブも、ほぼ同時に軽くうなずき、リオンの目を見つめる。

そういうこと。


ちゃんとしたルールを聞かされてはいないから、その情報が正しいかどうかは分からないけど、最強の剣を決めるゲームなんだから、それくらいの自由はあっていいと思う。

ソフィアは、そこまで言うと左右を見渡した。

まるで何かを探しているかのように。

ソフィア、何を見ているのよ。

そうね。

もし、この場に「ゲームマスター」とかいたら、さっき私が言ったことが正しいって証明できるかも知れないから探したんだけど……。

「ゲームマスター」は、いつどこから出てくるか分からないわ。


下から引きずり込まれたくらいなんだし。

たしかに……。
ソフィアが軽く笑うと、そのタイミングを見計らうかのようにリオンがソフィアのほうに顔を向けた。

ところで、この世界でいま最も強い剣士って誰になってるんだ?

俺、このゲームに入ってすぐだから分からないな。

私たちだって、ほんの数時間前のことだから、はっきりとしたことは分からない。

そもそも、このゲームの世界が、きっとスタートから数時間しか経っていないと思う。

ソフィアは、少し言葉を考えつつリオンに答えるものの、リオンの目がソフィアの持っている刀に向けられていることにすぐ気が付いた。

そう言えば、負けたって言ってたんだよね。

たしか、オルティスという剣士に。


そうだとすると、俺たちの周りではオルティスが一番強い剣士ってことになるんだろうな。

まだ分からないわ。

私は、オルティスに一度勝ってるんだから、この世界でも彼を倒せると思ってる。

もし私がオルティスに勝ったら、それだけでリオンが一番強い剣士っていうことになるのよ。

なるほどね。


私、オルティス、トライブ、リオン。

この順に強い剣士ってことになるわけね。


でも、もしその後トライブがリオンに勝ったら……、ものすごくややこしいことになりそうな気がする。

だよな。

いま言ってた上下関係が、簡単に崩れてしまうような気がする。


……って、ちょっと待てよ。

リオンが、何かを思い出したかのように息を飲み込み、彼自身のソウルウェポンとしては認められていないライトニングセイバーを、その目の前に近づけた。


少し首をかしげたリオンが、トライブの目にはこれまでと別人のように見えた。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

トライブ・ランスロット


25歳/17代目ソードマスター/剣=アルフェイオス

男性の剣豪をも次々と圧倒する女剣士。軍事組織「オメガピース」では、女性初のソードマスター。相手が隙を見せたときに力を爆発させるパワーコントロールと、諦めを許さない熱いハートで強敵に立ち向かう。その強さに、「クィーン・オブ・ソード」と称されるほど。

ソフィア・エリクール


25歳/剣=ストリームエッジ

女剣士で、トライブの最大の親友、かつ最大のライバル。

実力で上回るトライブに追いつき、いつかソードマスターになりたいと強く願っている。

リオン・フォクサー


21歳/9代目ソードマスター/剣=ライトニングセイバー

地元ルーファスで自ら率いる自警団「青い旗の騎士団」で活躍し、「オメガピース」でもソードマスターの座をつかみ取る。力でグイグイ押していくパワー型の剣士。

オルティス・ガルスタ


年齢不詳/20代目ソードマスター/刀=名称不詳

「悪魔の闇」を打ち破った者は願い事を叶えることができる。その言い伝えに身を投じ、世界の支配者になろうとする邪悪なソードマスター。パワーやスピードは歴代ソードマスターの中で最高レベル。

ゲームマスター


最強の剣を決するゲーム「ソードレジェンド」を司る謎の男。

剣を持ったときの実力は、計り知れない。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色