45 ソフィアという壁

エピソード文字数 2,511文字

そこまでソフィアが本気なら、俺だってやってやろうじゃないか。


これまで、このゲームで一度も勝ったことのない相手に、まずは小手調べといくか。

私だって、これ以上負けてられない。

あと3人倒せば、このゲームの勝者になれるのだから。

あと3人は、俺も同じだ。


その中に、偶然入っただけマシだと思え。

その言い方はないわよ。


ソフィアは……。

遠くで二人を見つめるトライブが、かすかにそう言いかけたとき、ソフィアの足が地を蹴った。

ほぼ同時に、リオンも足を踏み込んで、ヘヴンジャッジを高く上げた。

これが、五聖剣の力だ!

ソフィアが、やや低い位置からストリームエッジを振り上げる。

その剣の動きを、ヘヴンジャッジが肩の高さで受け止めた。


じりじりと下に押していく、リオンの剣。

街の騎士団長として、そしてソードマスターとしてトップに立つ剣士と、その経験のないソフィア。

二人の差は、このわずかな動きにもはっきりと現れていた。

押し上げられない……!

逆に、ソフィアの手は、トライブと戦うとき以上の強い力に苦しんでいた。

トライブ相手であれば、最初の一撃でここまで押されることはなく、じわじわとパワーを消耗したところでたたみ込まれる。


それだけに、力としては慣れているものの、「序盤からトライブに攻め込んでいく」といった「いつもの」戦闘方法がリオン相手に通用しない。

ソフィアは、すぐにそれを思い知った。



そして、ソフィアの手が先に動いた。

このまま動かないなら、力ずくで動かすまで!

ソフィアは、一旦ストリームエッジを振り降ろし、行き場のなくなったヘヴンジャッジ目掛けて彼女の左から激しく叩きつけた。

今度は、リオンの剣を押しのけることができたが、それが逆にリオンの攻撃の隙を与えることとなる。

そう簡単に、俺を倒せるとは思うな……!

リオンの左に押しやったヘヴンジャッジ目掛けて、ストリームエッジを振るソフィアに、今度はリオンが上からその剣目掛けて振りかざす。

ソフィアも剣を振り上げて応戦するが、またも強い力に押されてしまう。


気が付けば、ソフィアの体は前屈みになっていた。

力が入らない。

ストリームエッジの剣先が徐々に傾いていくのを、ソフィアは次の一手を考えながら見るしかなかった。



だが、次の一手が早かったのは、リオンのほうだった。

まだまだっ!

ストリームエッジを下向きに傾けたリオンは、続けてその剣に横からヘヴンジャッジを叩きつける。

すぐに体勢を立て直すソフィアだったが、リオンの力にぶつかっていくだけの余裕はなく、あっという間にストリームエッジをヘヴンジャッジの力のままに動かされてしまう。



そして、ソフィアが一度見た光景が、その目の前で繰り返される。

受け止めよ!青き刃の審判……!
ソフィア……!

もはや、リオンに翻弄されっぱなしのソフィアは、ヘヴンジャッジが高く舞い上がり、その力が青白く輝き出すのを、手の痛みと共に見つめるしかなかった。



だが、トライブの声が彼女の耳に届いたとき、その痛みが徐々に消えようとしていた。

トライブなら……、ここで諦めたりしない……。

私がトライブに勝てないのは、ただそれだけの違いなんだって、何度も思い知らされた……。

意識的に、トライブを一目見たソフィア。

その目の奥に、これまで何百回と剣の練習を重ねてきた「最強のライバル」の姿勢がはっきりと見えてくる。

私がパワーを上げたら、ソフィアは完全に沈んでしまった。

ソフィアは、そこで諦めたのよ。


ソフィアには、私の力を止めるくらいの実力があるはずなのに……!

トライブ……。


私、リオンになんか負けてられない……。

このゲームで、トライブと戦って……、勝ちたい……!

ソフィアの目が、やや細くなる。

リオンのほうに戻しかけた視線は、トライブがうなずくのを捕えていた。

ヘヴン・オア・ヘル……!

青白く輝くリオンのヘヴンジャッジが、ストリームエッジ目掛けて一気に振り下ろされる。

その一撃に、ソフィアはストリームエッジを力いっぱい振り上げた。

せいっ!

ストリームエッジが、ヘヴンジャッジに体当たりするようにぶつかり、下に押そうとする力を食い止める。

右足を後ろに引き、体の重心を前に出すソフィアを、リオンの力は押し切ることができない。


そして、ヘヴンジャッジが輝く中で、ソフィアのストリームエッジがついにそれを押しのけた。

なっ……!
私はもう、弱くなんかない……!

トライブという、あと一歩のところで勝てないライバル。

だが、同じ五聖剣を持ち、同じ階級まで上り詰めた、全く違う剣士が、トライブと重なる。


勝てば、永遠のライバルと戦える。

その気持ちが、ソフィアの腕に力を与えていく。

せいっ!

ヘヴンジャッジから引いたストリームエッジを、ソフィアはやや高く上げ、そのままヘヴンジャッジ目掛けて振り下ろした。


青白く輝く剣に、ソフィアの本気が飛びかかった。

激しい衝撃が、二人の実力の差を示した。


そして、勝負はついた。

ソ……、ソフィア……。

地面に落ちたヘヴンジャッジが、青白い光とともにその形ごと消えていき、代わってその場所にはストリームエッジのコピーが置かれていた。


ようやく手にした五聖剣と、騎士団長リオンの挑戦が、ここで終わった。

俺が……、ソフィアに負けるなんて……。

私は、リオンが言うほど弱くはない。

強敵だっていっぱい倒している。


だから、最初からああ言われて……、倒したいって気持ちが強くなったの。

そうか……。


油断したつもりではなかったがな……。

さすが、トライブと仲がいいだけあるな……。

そう言って、リオンはトライブを見つめる。

向けられた視線に、トライブがかすかにうなずいた。

ソフィアは、私から見ても強いと思う。

何年も戦っているけど、どんどん強くなっているのは間違いないわ。

私だって、追いつかれないようにしなければ、って思うもの。

そうだね……、トライブ。


たぶん、トライブがいたから私は強くなったと思う……。

互いにうなずくソフィアとトライブを見て、リオンは小さくうなずいた。


それから数秒の間を置いて、リオンはストリームエッジを片手で持ち上げると、それを木に立てかけた。

リオン……?

敗者の持つべき剣を受け取らなかったリオンを、トライブはじっと見つめていた。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

トライブ・ランスロット


25歳/17代目ソードマスター/剣=アルフェイオス

男性の剣豪をも次々と圧倒する女剣士。軍事組織「オメガピース」では、女性初のソードマスター。相手が隙を見せたときに力を爆発させるパワーコントロールと、諦めを許さない熱いハートで強敵に立ち向かう。その強さに、「クィーン・オブ・ソード」と称されるほど。

ソフィア・エリクール


25歳/剣=ストリームエッジ

女剣士で、トライブの最大の親友、かつ最大のライバル。

実力で上回るトライブに追いつき、いつかソードマスターになりたいと強く願っている。

リオン・フォクサー


21歳/9代目ソードマスター/剣=ライトニングセイバー

地元ルーファスで自ら率いる自警団「青い旗の騎士団」で活躍し、「オメガピース」でもソードマスターの座をつかみ取る。力でグイグイ押していくパワー型の剣士。

オルティス・ガルスタ


年齢不詳/20代目ソードマスター/刀=名称不詳

「悪魔の闇」を打ち破った者は願い事を叶えることができる。その言い伝えに身を投じ、世界の支配者になろうとする邪悪なソードマスター。パワーやスピードは歴代ソードマスターの中で最高レベル。

ゲームマスター


最強の剣を決するゲーム「ソードレジェンド」を司る謎の男。

剣を持ったときの実力は、計り知れない。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色