47 脱落者への接近

エピソード文字数 2,838文字

「ソードレジェンド」が終わるまで、一人その世界を楽しもうと離脱したリオン。

その行方を、ソフィアは追っていた。

どこに行ったのかしら……。

森に消えた方向は、はっきりと分かっている。

だが、木々に覆われた視界の中で、リオンの背中を見つけることが厳しかった。


目印になるはずの剣を持たないまま歩き出し、しかも彼自身がソフィアの前で示した「足跡による追跡」も、草や葉に覆われて通用しない。


とっさに、ソフィアは両腕を下に降ろし、右手を握りしめて叫んだ。

リオーーーーン!

トライブのように、高い声が出せるわけではない。

それ以前に、木々に阻まれたこの場所で声を出せるはずもない。


にもかかわらず、ソフィアは大きな声を出して、彼の名を呼んだ。



だが、戻ってくるのは自分自身の声のコピーだけだった。

反応なし……、か……。


それとも、私の声だと分かって……、あえて無視しているのかな……。

離脱した理由が理由だけに、ソフィアの心に余計な心配が積もる。

それでも、ソフィアは道ができていそうな方へ、森の中を進み続けた。


しばらくして、ソフィアの行く手に広場が広がっていた。

そこだけ、木が生えておらず、空から眩しい光がソフィアを照らしている。

まるでスポットライトのようだ。

なんか、こうして立っていると蘇るような気がする……。

ソフィアが心の中でそう叫んだ時、誰もいないはずの広場で、かすかに草が揺らぐ音が聞こえた。


風が吹かなそうなこの場所で、何者かが動いた。

ソフィアははっきりと悟った。

誰かがいる……。

その姿が見えない以上、少なくとも広場ではないが、わりと近くにいることは間違いなかった。

ソフィアは、少しずつ右足を動かしながら、広場の中央から周囲の様子を伺う。


すると、ソフィアの目にオルティスの後ろ姿がかすかに映り、ソフィアはすぐに草むらの中に身を潜めた。

草と草の間から、オルティスの様子をじっと見た。

リオン……。


何ということをしてくれたんだ。

私の忠告を、守れなかったということか……?

突然、首筋を掴んだと思えば……、そのことに対する不満かよ。


俺だって……、勝てると思ってソフィアに挑んだんだ。

手加減はしていない。でも、ソフィアのほうが上だった。

そんなの言い訳だ。


私が「ゲームマスター」から聞いた限り、ソフィアはトライブに勝てない存在、そしてゲームの序盤にお前はトライブを負かしている。

単純に考えれば、お前にとってソフィアは敵でも何でもなかったはずだ。

その時はその時だ。


さっき、ソフィアじゃなくてトライブと戦ったとしても、勝ってたかどうか分からない!

オルティスの背中に隠れて見えなかったリオンの顔が、徐々にソフィアの目に映る。

森の中にいる二人は、ソフィアの存在に気付いていないようだ。

オルティスは、そんなことまで気にしているわけ……。


たしかに、最初トライブはリオンに負けたけど……、オルティスはその時いなかったはず……。

ソフィアは、心の中でオルティスに問いかけようとした。

だが、すぐに一つの選択肢が浮かび上がった。


オルティスが、「ゲームマスター」から全てを聞いている可能性だ。

「ゲームマスター」が本当にアッシュなのであれば、ソフィアの実力がいまの「オメガピース」でどのレベルなのか知っている。


それだけでさえ恐怖なのにも関わらず、この世界で初めて出会った剣士たちとの間に優劣をつけようとしていることが、ソフィアの恐怖を増大させた。

もし、それを否定するのであれば、私自身が身をもって証明できるんだがな。


お前は、私を倒した。

トライブは、私の二刀流を封じた。

ソフィアは、私の前で手も足も出なかった。


お分かりだろう?

来てすぐ……、何も分からないときのこと……。

ソフィアは、リオンに渡すはずのストリームエッジを強く握りしめ、いよいよ草むらから立ち上がろうとしていた。


だが、ほぼ同時にオルティスの体もゆっくりと動き出す。

五聖剣を「ゲームマスター」に渡した以上、リオン、お前の罪は重い。


「ゲームマスター」と交渉する前なら生かしておくことだってできたはずだがな……。

お前にチャンスを潰された以上、それ相応の罰は受けてもらおう。

罰……。


もう戦う意思のない俺に、何をするつもりだよ。

お前の新しい武器で、この世界から魂ごと消えてもらおうとするか。
リオン……。

ソフィアは、一歩だけオルティスたちに近づこうとした。

だが、それはできなかった。


オルティスが刀をリオンの喉元に差しだそうという状況にも関わらず、その「責任」の一端を担わされようとしていた彼女は、躊躇するしかなかった。


しかし、リオンはオルティスに大声でこう返した。

だから俺は、新しい武器を捨てた!

この世界での勝負は、もうトライブたちに託したんだよ!


それに、敗者にこれ以上泥を塗るような真似は……、卑怯だと思う!

口ではそう言うか。


武器を持たない剣士め。

すると、オルティスは右手を高く上げ、木々の間から差し込む光に目をやった。
私が、「ゲームマスター」の実務部隊であると承知で、言ってるんだよな……。
何それ……!

ソフィアは、オルティスの言葉に耳を疑った。

悲鳴を上げようかすら迷った。


これまで一人だった「ゲームマスター」が、実質的に二人だったということになる。

想像しなかった展開に、ソフィアは草むらの中で震えていた。


いや、震えていたというより、オルティスが許せなかった。



だが、一人じわじわ態度に表れるソフィアに気付くことなく、オルティスは高く手を挙げた。

その手のひらに吸い込まれるように、黒いシルエットが木と木の間に流れ込んできた。

オルティスは、俺がこのゲームに置いた、偵察部隊だ。

それが俺が証明する。

偵察部隊……。



やっぱりか……。

オルティスの存在は、このゲームで異質だったからな……。


で、俺はどうして命を狙われなければいけないんだ!

リオン。

五聖剣を最も集めたがっているのは、オルティスだ。

だが、このままでは俺にその権利が移る。

そのことを考えろ。

「ゲームマスター」は、リオンを見つめたまま動こうとしない。

オルティスの刀が、徐々にリオンの首から遠ざかっていくことすら、リオンは気付かなかった。

俺は、バルムンクだけを叩き落とした。

もし、ヘヴンジャッジとアルフェイオスを私が落とせば、私が五聖剣のうち3本を落としたことになる。


そうなれば、あの時の契約のように無条件とは言わないが、最後のバトルで私へのパワーウェイトが高くなる。そんな計算だ。

だからか……。


いずれにしても、俺はオルティスにその責任を取らされる……。

リオンがそう呟いたとき、「ゲームマスター」がオルティスの肩を叩き、広場にその腕を伸ばした。

オルティス。

倒すべき存在は、ここにいる。


俺が復活させたのも、原因の一つである以上、いま決着を付けなければいけない……。

まずい!

伸びきった「ゲームマスター」の手に、ソフィアはとうとう草むらから逃げ出した。

だが、その音が大きかったことで、オルティスにもリオンにも振り向かれるのを、ソフィアは背中で感じていた。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

トライブ・ランスロット


25歳/17代目ソードマスター/剣=アルフェイオス

男性の剣豪をも次々と圧倒する女剣士。軍事組織「オメガピース」では、女性初のソードマスター。相手が隙を見せたときに力を爆発させるパワーコントロールと、諦めを許さない熱いハートで強敵に立ち向かう。その強さに、「クィーン・オブ・ソード」と称されるほど。

ソフィア・エリクール


25歳/剣=ストリームエッジ

女剣士で、トライブの最大の親友、かつ最大のライバル。

実力で上回るトライブに追いつき、いつかソードマスターになりたいと強く願っている。

リオン・フォクサー


21歳/9代目ソードマスター/剣=ライトニングセイバー

地元ルーファスで自ら率いる自警団「青い旗の騎士団」で活躍し、「オメガピース」でもソードマスターの座をつかみ取る。力でグイグイ押していくパワー型の剣士。

オルティス・ガルスタ


年齢不詳/20代目ソードマスター/刀=名称不詳

「悪魔の闇」を打ち破った者は願い事を叶えることができる。その言い伝えに身を投じ、世界の支配者になろうとする邪悪なソードマスター。パワーやスピードは歴代ソードマスターの中で最高レベル。

ゲームマスター


最強の剣を決するゲーム「ソードレジェンド」を司る謎の男。

剣を持ったときの実力は、計り知れない。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色