53 「最強」の代償

エピソード文字数 2,773文字

突き専門の五聖剣、エクスリボルバーで肩を貫かれたトライブは、左手でとっさに右肩を押さえた。

だが、容赦なく攻撃を繰り返すアッシュを前に、傷をかばう余裕すら許されない。


「剣の女王」は、それでも立ち向かわなければならなかった。

はああっ!

相当の体力を消耗し、フルパワーからほど遠くなっていることは、トライブには分かっていた。

それでも、出せる限りの力でアルフェイオスを上から叩きつけ、エクスリボルバーを食い止める。


回転しながら迫るエクスリボルバーを、何とか下に傾け、その隙に後ろへジャンプする。

そこから真っすぐアッシュに迫り、再びアルフェイオスを上にかざした。

動きも鈍くなっているようだ……!

トライブが叩きつけようとしたエクスリボルバーは、端をかすめただけでかわされ、アルフェイオスを手前に戻すよりも早くトライブの前に迫ってきた。


既に肩に傷を負っている状態では、体ごとよけるしかなかった。

ジャンプした場所でアルフェイオスを立て直すが、そのたびに構えたところと違う方向からエクスリボルバーが迫ってくる。

数十センチのところで食い止めるのがやっとで、もはやそこから左右に押し流すだけの余裕もなかった。



その間にも、容赦なく襲い掛かる、右肩からあふれ出る痛み。

徐々に、トライブの右手に力が入らなくなってくる。

負けない……、負けたくない……!

もはや「剣の女王」のプライドだけで、剣を握りしめるトライブ。

だが、力が拮抗しているかのように見えた時間は、あっと言う間に終焉を迎えた。

時間稼ぎなど、俺には不要だ!
だっ……!

アッシュがそう言い終わると同時に、エクスリボルバーをスピンさせアルフェイオスを叩きつけ、トライブの左に傾ける。

続いて、傾けられたアルフェイオスの下からエクスリボルバーを叩きつけ、さらにトライブがアッシュの動きを見ようとする間に三たびアルフェイオスを叩きつけた。

こんなはずじゃ……!

トライブの耳でさえ、自身の激しい呼吸が耳に飛び込んでくる。

次々と相手の攻撃を決められ、押され続け、反撃を考える余裕すらない。


次々とあふれ出る痛みをこらえながら、立っているのがやっとだ。

その意識すら、少しずつ消えていこうとしている。



満身創痍の女王が、荒い呼吸に消えようとしていた。

これで終わりだ!
だああああーーーーっ!

トライブが引きちぎれるような右手の痛みに耐えられなくなっていたところに、エクスリボルバーに右手すれすれを叩きつけられた。


アルフェイオスは力なく弾き飛ばされ、そしてトライブでさえ背中から地面に叩きつけられた。

トライブの倒れた横に無残にも転がったアルフェイオスが、彼女の目の前でスーッと消えていった。

トライブ……、うっ……、うっ……。

パワーと実力の差を見せつけられ、なすすべもなく力尽きた「クィーン・オブ・ソード」。

ボロボロになった彼女に寄り添うかのように、ソフィアが涙目でその体に駆け寄る。


だが、アッシュが一足早く、エクスリボルバーをトライブの顔すれすれにかざし、ソフィアの動きを止める。

予定通りのシナリオだ。


トライブ。

お前は、負けるべくして負けた。

どういうことよ……。
トライブは、仰向けの状態のまま、何とか目線だけは頭上のアッシュに向け、小さい声で尋ねた。

俺は、ライフルマスターとして、お前の実力を知っている。


いや、実力どころか、このゲームでむやみやたらに他人の五聖剣を落としたくないという、お前の性格まで知ってのことだ。

言う通りね……。


他人の武器を無理やり持たされて、どう思うか……、私はずっと納得いかなかった。

そう私が思っていたからこそ……、アッシュとのバトルが1対4になることも……、分かっていたわけね。

理解はしたようだな。


当然、今回ゲームに呼んだメンツも、その中でお前が最強になるように仕組んだ。

そして、最初お前がリオンに負けて「リオンだけには負けたくない」などと思わせるよう、リオンのライトニングセイバーの破壊力を少しだけ上げた。


何もかも、俺が設定を決めた。

そこまで私たちを……、私たちを動かして……、何が嬉しいのよ……!

まだ右肩が痛む中で、トライブは出せる限りの声を上げた。

その手は、自らが全く太刀打ちできなかったエクスリボルバーを掴もうと、少しずつ地面から離れていく。


それを見て、アッシュはエクスリボルバーを上げ、黒い光の中に消してしまった。

もはや、誰も抵抗できないところで復讐を完成させるために、な。


今回のメンツで、誰もがその実力を認めるトライブが、俺にあっけなく負けたことで、もう誰も抵抗することはなくなるだろう。

仮に抵抗したとしても、俺の最後の武器にかなうことはないが。

最後の武器……。

七色の剣……。



私のアルフェイオスを落としたことで、五聖剣が全て揃った……。

そうだ。

あとは、俺を剣士の道から引きずり下ろしたあいつを、体ごと叩ききるまでだ……!

やめなさいよ!


その話を最初に聞いたときから、私はずっと理不尽だと思っていた!

ソフィアが、ついにアッシュに向けて再び迫りだした。

だが、アッシュはソフィアを軽く睨み付けるだけだった。

ソフィア。

武器も持たぬお前に、何ができる。



もしこれ以上迫ってきたら、女剣士二人とも、後々七色の剣で命を落とすことになるぞ。

……。

オルティスの刀をリオンに渡したことを、ソフィアは悔しがった。

トライブを代弁するかのように歯ぎしりを浮かべるだけで、それ以上何もできなかった。


その中で、アッシュは低い声のまま、トライブに告げる。

トライブ。


お前はここまで、「剣の女王」と言われるほど強さを誇ってきた。

だが、お前は最強であるが故に、かつて俺が味わった屈辱を味わってもらわなければならない。



お前はもう、剣士としては死んだも同然だ。

どういうことよ……。
お前の右手を、握りしめろ。

トライブは、アッシュに言われるがままに右手を握りしめた。


アルフェイオスを持っていたはずの右手から、何も感じられなくなっていた。

エクスリボルバーが……、私の手にない……。

これまで、このゲームでついた勝負では、全て勝者の剣のコピーを敗者が持つことになっていた。

それがないことに、トライブはすぐに気が付き、アッシュを睨み付けた。


しかし、それすらもアッシュの考えたシナリオにすぎなかった。

俺が、お前にコピーを渡すような剣を持っていると思うか。
それが、このゲームのルールじゃない……。

ルールはルールだ。


だが、俺にはもともとソウルウェポンなどない。

いや、「無」という名のソウルウェポンを、ずっと操り続けてきた。


当然、俺に負けたお前は、その状態を引き継ぐことになる。

だから、お前が持つべき武器は、ない。

そう言うと、アッシュは黒いシルエットに包まれ、トライブが悔しがる中でその身を消してしまった。

後には、武器を持たない二人の女だけが残された。

私は……、武器を失った……。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

トライブ・ランスロット


25歳/17代目ソードマスター/剣=アルフェイオス

男性の剣豪をも次々と圧倒する女剣士。軍事組織「オメガピース」では、女性初のソードマスター。相手が隙を見せたときに力を爆発させるパワーコントロールと、諦めを許さない熱いハートで強敵に立ち向かう。その強さに、「クィーン・オブ・ソード」と称されるほど。

ソフィア・エリクール


25歳/剣=ストリームエッジ

女剣士で、トライブの最大の親友、かつ最大のライバル。

実力で上回るトライブに追いつき、いつかソードマスターになりたいと強く願っている。

リオン・フォクサー


21歳/9代目ソードマスター/剣=ライトニングセイバー

地元ルーファスで自ら率いる自警団「青い旗の騎士団」で活躍し、「オメガピース」でもソードマスターの座をつかみ取る。力でグイグイ押していくパワー型の剣士。

オルティス・ガルスタ


年齢不詳/20代目ソードマスター/刀=名称不詳

「悪魔の闇」を打ち破った者は願い事を叶えることができる。その言い伝えに身を投じ、世界の支配者になろうとする邪悪なソードマスター。パワーやスピードは歴代ソードマスターの中で最高レベル。

ゲームマスター


最強の剣を決するゲーム「ソードレジェンド」を司る謎の男。

剣を持ったときの実力は、計り知れない。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色