22 ソフィアの剣との交換条件

エピソード文字数 2,645文字

翌日も、三人の剣士はリバーサイドタウンに一日張り込み、ソフィアの剣、ストリームエッジを持ったままの「ゲームマスター」を探した。


だが、件の占い師以外はその姿を見た者がおらず、誰一人として手がかりを教えてくれることはなかった。

夕方、前日世話になった宿に三人が立て続けに戻ってくると、トライブは小さく首を振った。

ここ何日も街を動いているはずなのに、誰も目撃してないって……。

そもそも、「ゲームマスター」はシルエットだからじゃないかな。


でも、そうなると日なただと目立つはずなんだけど……。

リオンの言うように、不自然な影が動き回ることになるのよね……。

でも、それすら見当たらないということは、「ゲームマスター」が私たちに必要なシーン以外影を潜めているとか……。

そこまで言って、トライブは頭の中に「ゲームマスター」が消えていく姿を思い浮かべた。

登場人物であって、登場人物として常にこの世界に立っているわけではない。

だからこそ、誰も目撃していないなどという事が起きる。


それしか考えることができなかった。


その時、暗礁に乗り上げかけたトライブにソフィアが尋ねる。

それか、あの占い師が、実は「ソードレジェンド」のキャラなんじゃないかなって思う。

キャラだからこそ、少し離れたところでも「ゲームマスター」が動いているのが見えていたと考えてもいいような気がする。

キャラ……。


なんか、その可能性も捨てきれないわ。

さっき、また占い師に会ってきたの。

話はしてないんだけど、オルティスの刀を持った私を、昨日と同じようにじっと見ていた。


このゲームで、剣士でいるということがどれだけ大変なことか分かっている。

そんな目で、占い師は見ていたような気がする。

それって、まるで占うときのような目じゃん。


占い師に、何か言われなかったかい?

リオン。

今日は全く話してないし、そもそも昨日家の中を物色されてしまったから、こちらから声を掛けにくかった。


それでも、私は特に何も言われなかった。

ソフィアは、小さく笑いながらそう言った。

だが、その言葉と同時にソフィアの目が向けられたトライブは、その目をやや細めて見た。


まさにその目が、「ゲームマスター」が消えた瞬間に、トライブ自身が占い師と向き合ったときに見つめられた目だったからだ。

ソフィア。

ちょっと話変わるけど、私は、あの占い師からどう思われてるんだろう……。


昨日の夜、すごく心配そうな目で見られたのよ。

心配そうな目……。


占い師の目は、本音を見せるってよく言われる。

だから、この世界でトライブは危ないんじゃないかって……言ってるんじゃない?


もちろん、「剣の女王」ならそんな困難だって打ち砕けるって、私は思うけど。

私だって、そんな「占い」なんか信じないわよ。

でも、あの目はものすごく不気味だったと思う。

すると、トライブの目をそっと見つめながら、リオンがうなずいた。

何かひらめいたような目をしている。

それこそ、占い師が「ソードレジェンド」のキャラっていう何よりの証拠じゃん。

このゲームのためにいるようなものだよな。

それは、間違いないようね。


そうなると、「ゲームマスター」がどこで何をしているか分かるのも、占い師だけというのも納得いきそうね。

私も、リオンの説が一番すっきりすると思う。


今夜も見張っていて、もしも見つからなかったら、明日占い師に居場所を聞いてみる。

その夜。


この日は、真ん中のパートでソフィアが見張ることになった。

前の晩、ほとんど寝ていなかったトライブは早めの時間に見張っていたが、その時間帯は何もなく、ソフィアに引き継ぐとすぐにベッドに入ってしまった。

昨日、「ゲームマスター」が出没したのがこの時間なのよね……。

ソフィアは、前日立った場所とほぼ同じ、占い師の家の前までやって来た。

家の灯りは、既に消えている。


そこから1時間、2時間。

物音は全く聞こえない。

前日物色した家に、二日連続は入らないとソフィアは思うしかなかった。



だが、時間がやってきて、ソフィアが次のリオンに引き継ごうとその場所を離れようとしたときだった。

……何か物音がした!

ソフィアの耳にはっきりと聞こえるような音が、夜空に響いた。


首を夜空に向けると、すぐ後ろの屋根の上で黒いシルエットがじっとソフィアを見つめているのが分かった。

もしかして、「ゲームマスター」?

そうだ。


よく俺がここにいると分かったな。

ほとんど灯りのないリバーサイドタウンで、「ゲームマスター」のシルエットは完全に夜空に吸い込まれていた。

だが、時折その黒が動くことだけで、ソフィアの目には分かったのだった。



ソフィアは、刀を持たない左手を伸ばし、「ゲームマスター」を手招いた。

悪いことは言わないから、「ゲームマスター」、私の願いを聞いて欲しいの。


願いとは、何のことだ。

低く、エコーのかかった声を夜空に響かせながら、「ゲームマスター」は軽くジャンプしてソフィアの前に降り立った。


その手には、ソフィアの剣、ストリームエッジを携えていた。

ソフィアは左手でストリームエッジを指差しながら。「ゲームマスター」にきっぱりと告げた。

私のストリームエッジを返して欲しいの。


没収するだけならともかく、「ゲームマスター」が使うのは反則だと思う。

くだらんな。


それがルールというものだ。

いや、「ゲームマスター」が剣を持つなんて事は、一言も言われていない。

それに、右も左も分からない状態でオルティスに襲われて、それでも何も救済されないのは、ゲームとして最低だと思う。

ソフィアは、ストリームエッジに鋭く指を向けながら、「ゲームマスター」を細い目で見つめた。



最初は薄笑いを浮かべていた「ゲームマスター」の顔が、時間が経つにつれてやや下に傾いてくるのが分かった。

悪かったな。


今回だけは、お前に剣を返す。それで再スタートするがいい。


ただ、それには一つだけ交換条件がある。

交換条件……。


ストリームエッジが戻ってくるのなら、受け入れる。

俺がこうして剣を持った、本当の目的を教えるが、それをこのゲーム中、誰かに言った時点で、お前は殺される。

すると、「ゲームマスター」は耳打ちをするように、ソフィアにある人物の名を告げた。

ソフィアは思わず悲鳴を上げかけた。

あの剣士に……。


分かった。内緒にしておく。

ソフィアがそう言い、「ゲームマスター」からストリームエッジを渡されると、そのシルエットは再び夜空に消えてしまった。


その瞬間、占い師が家の窓からソフィアを細い目で見つめているのが、ソフィアの目にはっきりと見えた。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

トライブ・ランスロット


25歳/17代目ソードマスター/剣=アルフェイオス

男性の剣豪をも次々と圧倒する女剣士。軍事組織「オメガピース」では、女性初のソードマスター。相手が隙を見せたときに力を爆発させるパワーコントロールと、諦めを許さない熱いハートで強敵に立ち向かう。その強さに、「クィーン・オブ・ソード」と称されるほど。

ソフィア・エリクール


25歳/剣=ストリームエッジ

女剣士で、トライブの最大の親友、かつ最大のライバル。

実力で上回るトライブに追いつき、いつかソードマスターになりたいと強く願っている。

リオン・フォクサー


21歳/9代目ソードマスター/剣=ライトニングセイバー

地元ルーファスで自ら率いる自警団「青い旗の騎士団」で活躍し、「オメガピース」でもソードマスターの座をつかみ取る。力でグイグイ押していくパワー型の剣士。

オルティス・ガルスタ


年齢不詳/20代目ソードマスター/刀=名称不詳

「悪魔の闇」を打ち破った者は願い事を叶えることができる。その言い伝えに身を投じ、世界の支配者になろうとする邪悪なソードマスター。パワーやスピードは歴代ソードマスターの中で最高レベル。

ゲームマスター


最強の剣を決するゲーム「ソードレジェンド」を司る謎の男。

剣を持ったときの実力は、計り知れない。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色