第17話 いやになる時

エピソード文字数 2,020文字

……
どうした結弦葉、外を見ながらしかめっ面なんかして。
いやな予感がする…!
何かとっても面倒くさいものが、このあと待ち受けている気がする…!
一体何を根拠にそんなことを―――――――
依頼だ。
ほら見ろ。
場所はどうせ、家の前の…
田んぼだ。


……


いやぁ、ありがとうね、ゆづちゃん。
そりゃどうも…。
エリーとみどりはちゃんとしていますか?

そりゃあもう、本当にいい子たちじゃ。

家事も手伝ってくれるし。

そいつぁよかった。

ところで、あいつらはどこへ?

どこへだか知らんが、出掛けて行ったよ。

もうすぐ帰ると思うがの。

そうですか。ありがとうございます。

-----------------------------------------------------------------------------


……まだいやな予感が…
…。
雨でも降るんじゃないかな…?
外は快晴だぞ?
うん…、でも、そんな気がするんだ…。


……


ほら!ほら!!

めっちゃ雨降ってきたぞ!カミナリまで!

なんだか嬉しそうだな。

嬉しいわけあるか。

まあ、予感が当たったのはちょっと嬉しいけど。

これは、外出ないほうがよさそうだな。
雨は嫌いだから元々出るつもりないよ。


……依頼が来ない限り…

それについてのいやな予感はないのか?
冗談でもそういうことを言うもんじゃないって!
こんな土砂降りの中外出る人なんていないと思うがね…。
そうだな。
…結弦葉。
あん?
……依頼だ。
はぁ………来ると思ったんだよなぁ。
…それで?どこから?
――――駅の前だな。
駅着いたけど傘持ってない人かな~。

一応もう一本持っていくか。

-----------------------------------------------------------------------------


………


ん?
あ、ゆづ先輩!
来てくれたんですね!
お前らだったかー。

やっぱり傘持ってない感じか?

はい…。

大雨が降ってるとは思いませんでしたの…。

なるほどなぁ。


みどりは何持ってんの?
これですか?

これはわたしの武器の盾です。

武器の盾って相変わらずめちゃくちゃだな…。
傘代わりに使おうと思ってたんです。
たしかにそれなら雨に当たらずに済みそうだな。
この雨の中行くんですの?

もう少し弱くなってからでも…。

いやぁ、早く帰ろうぜ?
そ、そうですか…。
ほら、雨の中いてもいいことないしさ…。
(…前よりもちょっと遠くに武器飛ばせるかな?)
えいっ!
っオイみどり!お前何やって――――――
宙を舞う盾に落雷が突き刺さる。

青い閃光が一瞬光り、同時に爆発のような轟音が響く。

…!!
ぁ…
…!
……
……
……はっ!
お前ら大丈夫か!?
だ、大丈夫です…。でも、盾が…。
盾真っ黒っだな…。
ポルックス、これ直るの?
しまえばすぐに直りますよ。
じゃあここに置いていこ。

離れたら勝手になくなるんだよね?

ええ。
こりゃあ本当に早く帰った方がよさそうだな。
おい、行くぞー。
あの~。
ん?
エリー先輩が…。
エリー?
……ガクガク
さっきからずっと体育座りで…。
エリー、大丈夫か?
…はい……。
うん、大丈夫じゃなさそうだな。
雷のせいですかね…?
多分…。

んじゃあ、エリーはあたしがおぶって行くよ。

どうもありがとうございますわ……。
-----------------------------------------------------------------------------


……


それでな、その人は嵐の中で凧を上げて、雷が―――――
もう雷の話はやめてください!
ちなみに雷の語源は――――――
やめてくださいって!
ゆづ先輩…。
あはは、すっかり雷嫌いになっちまったなエリー。
まああんな近くで落雷あったら、嫌になる気持ちもわかるけど。
みどりは平気なのか?
全然平気ですよ。
おお…意外と肝が据わっている…。
あ!先輩!雨やんでますよ!
あ、ホントだ。

よかったなエリー。

そうですわね…。

でももうちょっと居てもいいですか…。

あぁ別にいいよ。

みどりはどうする?

わたしもエリー先輩と帰ります~。
はいよ~。
ゆづ先輩…。
ん?
田舎って、こんなに落雷多いんですの…?
ん~多いのかな…?

でもあんな近くで見たのは初めてだぜ?

田舎…怖いですわ…。
いやでも基本晴れてるから…。
田舎はまだまだわからないですね。
ところでゆづ先輩。
ん?
今日の晩御飯はなんですか?
野草の天ぷら。
おいしそうですね!
まあちょっぴり苦いけどな。
ご飯食べていっても――――――
駄目だ、帰れ。

あたしの分がなくなる。

-----------------------------------------------------------------------------


すっかり暗くなっちゃいましたね。

先輩、大丈夫ですか?

大丈夫ですわ。
気を付けて帰れよー。
家が隣で良かったですね。
そうですわね―――――
エリーの頭上が突然明るくなる。
きゃあああああ!!
先輩!電柱の明かりが付いただけですよ!
もう嫌ですわ~……。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

黒嶺 結弦葉 (くろみね ゆづは)

21歳

田舎生まれ田舎育ち

魔法少女歴10年のベテラン

跡継ぎ問題に悩まされている

シャウラ

マスコットと呼ばれる白くて丸い地球外生命体

結弦葉を魔法少女に引き込む

渋い声

爺さん

結弦葉の隣の家に住む老人
よく田んぼに落っこちる

黄更城 エリー  (きさらぎ エリー)

13歳

魔法少女歴4年

都会出身

超一流企業の社長の一人娘

リゲル

エリーと共にいるマスコット
若々しい男の人の声

立河 みどり  (たちかわ みどり)

8歳

魔法少女歴1ヶ月の新人

孤児

ポルックス

みどりと共にいるマスコット
落ち着いた女の人の声 

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色