第21話 売られた喧嘩に情けはかけぬ!希望を夢見る二人の少女!!【前編】

エピソード文字数 2,061文字

休みの日も好きなんだけど…
学校がある日も違った楽しみがあるよね~。
学校を楽しめているのは良いことですね。
うん!すっごい楽しいよ!
あっ、郵便箱に何か入ってる。
封筒…エリー先輩宛てだ。
ダメですよ、勝手に見たりしたら。
えー、でも気になるなぁ。
ダメですよ。
は~い…。
封筒ってなんかワクワクしない?
どういうことです?
うーん、詳しくはわからない。

でも見るとワクワクするんだよね!

ただいまですわ。
あっ!エリー先輩、お帰りなさい!

これ、先輩宛てです!

わたくし宛てですの?

差出人は…書いてありませんわね。

ねっねっ、はやく中身見てみましょうよ!
何をそんな急いでいるんですの。
いいからいいから!
まったく…。

手袋…の片方だけ?

そして手紙がありますわね。

………!!
どうしたんですか?
こ、これを見てくださいまし…。

どれどれ…

『果たし状

黄更城 エリー殿

因縁の対決に決着をつける時です。

日付 来週の月曜日

時間 午後4時

場所 都会駅前

集合したら仮想空間に転送します。

ルールは当日発表。

何人で来ても構いません。

逃げずに来ることを待ってます。

ダイフ ゴウコ その他数名より』

こ、これって…。
対決を挑まれましたわ…。
先輩、行くんですか?
もちろんですわ!

これしきのことで逃げませんわ!

それに…
わたくしがそこそこ戦いができることは、あなたもご存知ですわよね?
あっ、まあ、はい…。
彼女たちは、みどりさんがここへ来る前にいた人たちですの。

わたくしが勝負をしかけ、そして…、追い出しましたわ。

そうだったんですか…。
わたくしはもう改心しましたから追い出すなんてことはしません。

ただ…売られた喧嘩は買いますわ。

よし、わたしも一緒にやりますよ!

何人でもいいって書いてありましたし!

それはありがたいですわ!


ですが…

正直みどりさんだけでは力不足ですの。
じゃあ、あの人を呼ぶしかないですね!
…そうですわね。

お願いするしかないですわね。

-----------------------------------------------------------------------------



……


な、なにーーー!?

追い出した連中とバトルだとぉ!?

そうなんですのよ…。
作者め!ついにネタ切れしてバトル系に移行する気だな!?

残念ながらそうはいかないぜ!!

それで、ゆづ先輩も協力してくださいませんか?
別にいいけど…
なにか不安な点でも?
ホントにあたしが行ってもいいのか?
どういうことですの?
エリー先輩!
先輩、もしかしてゆづ先輩の力見たことないんですか?
ええ…ありませんけど…。
あの、実は先輩は――――――――
おーい、なにをコソコソやってるんだー?
なっ、なんでもないです…!!
おかしなヤツらだなー。

とりあえず、あたしは一人で練習するから、お前らは適当にやってなー。


あ、はーい。
(みどりさんが言おうとしたことは一体何だったんでしょう…。)
(もしかして、ゆづ先輩、実はすごく弱いのでは!?)
(多分そうですわ。田舎では戦う相手もいないでしょうし、年齢も…少女とは言い難いですし。)
(そうと決まりましたら、いまからみどりさんを猛特訓させるしかないですわ!)
エリーがやる気満々な顔している…。
みどりさん!
は、はいっ!
今から特訓しますわよ!

リゲル、仮想空間に転送してくださいまし!

オーケー!

-----------------------------------------------------------------------------


さて、いまからわたくしが攻撃しますから、ちゃんと防いでください!
は、はい!
はっ!はっ!

はあっ!

んっ、うんっ!
……さすが盾というだけあって、防御面は優秀ですわね。
えへへ。
では、今度は攻撃してきてください。
!!
隙があったら容赦なく一発入れますからね!
はいっ!


……


(エリー先輩の武器は剣。片手でも振ることができるけど、たまに両手で持つ。)
(その時を待って…一発入れる!)
動きが止まってますわよ!
いたぁ!
その様子だと、なにか考えていたようですわね。
はい…。
考えていても手が止まっちゃ意味ありませんわ!

敵は待ってくれませんわよ!?

は、はい…。
もう一度やりますわよ!


……


足が止まってます!!
いたぁい!!
さあ!もう一度ですわ!
うぅ…ひっぐ…ぐすん
泣いていても強くなりませんわよ!

早く立ちなさい!

んぐ…うっ…
……。
(エリーがすごい困ってる表情をしてる…。

そりゃそうだよね、今まで泣いている女の子の扱いなんてしたことないだろうし…。)

う、う、うあああああああああ!!
!!!
やあ!やあ!やあ!やあ!!!
――――――――っ!!
はあああ!!!

~~~~っ、いたっ。

はあ、はあ…。

やった…やっと一発入れられた…!

うぅ、ジンジンする…。
(わたくしはこんなに痛いものを…それも何回も…。)
…みどりさん。
…?
今日はここまでにしましょう。

それから…明日からはもう少し優しくしますわね。

……はい!
あーーーー疲れたーーー!
ふふっ、ゆっくり休んでください。
約束の日まで、あと6日―――――――!!!!
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

黒嶺 結弦葉 (くろみね ゆづは)

21歳

田舎生まれ田舎育ち

魔法少女歴10年のベテラン

跡継ぎ問題に悩まされている

シャウラ

マスコットと呼ばれる白くて丸い地球外生命体

結弦葉を魔法少女に引き込む

渋い声

爺さん

結弦葉の隣の家に住む老人
よく田んぼに落っこちる

黄更城 エリー  (きさらぎ エリー)

13歳

魔法少女歴4年

都会出身

超一流企業の社長の一人娘

リゲル

エリーと共にいるマスコット
若々しい男の人の声

立河 みどり  (たちかわ みどり)

8歳

魔法少女歴1ヶ月の新人

孤児

ポルックス

みどりと共にいるマスコット
落ち着いた女の人の声 

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色