第32話 最初で最後の大仕事

エピソード文字数 2,850文字

今年もこの時期がやってきましたねぇ…。
多分、あたしは全然忙しくはないんだろうけど、エリーとみどりは…うん、頑張ってもらおう。
この時期に何か重要な物事でもあるのか?
うん、ある。

あいつら見てりゃあわかるよ。

ふむ…。

-----------------------------------------------------------------------------

エリーせんぱあああああああい!
ど、どうしたんですの!?
依頼が多すぎるんですうううううう!

助けてくださいーーー!

あー…、そういえばみどりさんは初めてですわね。
え?
クリスマスですよ、クリスマス。
あっ、今日は12月24日ですね。
子供たちへのプレゼントがあるから、いつもより依頼が多いんですの。
え?

プレゼントを買いに来たけれども、売っているお店や場所が分からない親御さんに場所を教えるのですわ。

先輩、何言ってるんですか?
え?
プレゼントを買うのは親じゃなくてサンタさんですよ。
……。
(あー、年齢的にそうですわよね…。)
(夢は壊したくないし…でも疑問は解決させないと…。こういう時どうしたら…)
あっ!
サ、サンタさんは一人ですわよね?
そりゃそうですよ。
そう、一人だから、きっと、お母さん方に買うのを手伝ってもらってるんですよ、多分。ええ、恐らく。
なるほど!そういうことだったんですか!
(よかったー。わかってもらえましたわ。)
じゃあ、エリー先輩にも依頼来てるんですか?
ええ。いくつか来てますわよ。
リゲル、今いくつありますの?
んーと、28こだよ!
は…?

去年はもうちょっと少なくありませんでした?

まわりの魔法少女が減っちゃったせいで、エリーの分が増えたのかもね。
……。
はやく行かないと間に合いませんわ!
先輩!待ってくださいよーー!
-----------------------------------------------------------------------------
今年は特に忙しそうだなー。
だが結弦葉に来ている依頼は3つだけだな。
こんな田舎じゃあ家族もあんまいないから当然よ。

まあその分、探すのは苦労するんだけど…。

さてと、一個ずつ潰していきましょうかね~。
また依頼がきたぞ。
あらら、溜め込む前にやってしまわないと。
あっ、そうだ、シャウラ。
どうした?
一つ頼みごとがあってさ…。
-----------------------------------------------------------------------------


……


ありがとうお嬢ちゃん!助かったわ!
どういたしまして。
…ふう。
リゲル、依頼はあといくつですの?
えーと、22個だね!
まだ結構ありますわね…。
みどりさんも頑張ってるみたいですし、わたくしも頑張らないと!


……


えーっと…これはたしかあっちのお店にあったよ!
あ、ありがとう!
どういたしましてー。
…はあ、わたしもクリスマスプレゼント欲しいなぁ…。
今年はサンタさん来てくれるかなぁ。
去年はどうだったんですか?
去年は来なかったの。

良い子にしてなかったから。

良い子にしていれば、来てくれるんですか?
うん。みんなそう言ってるよ。
じゃあ、きっと来てくれますよ。
ほんと!?
何が欲しいですか?
わたしね、おっきいチョコレートが欲しいなー!
また食べ物…。
-----------------------------------------------------------------------------


……


ほい、これで全部かな?
全部だ。
よーし、今年も大仕事が終わりましたーー。
あの二人はどんな感じかなー?
……ふむふむ…やっぱり苦戦してますなぁ。
エリーだけでも結弦葉の倍以上はあるな。
さてと…ちょっくら行くぞ。
こんな時間にどこへ行く気だ?
ん?まあ一緒に来ればわかるよ。
-----------------------------------------------------------------------------


……


あといくつですの?
あと14こ!
やってもやっても増えてしまってキリがない…。
なんとか減らせませんの?
ん~、難しい質問だね…。

こちら側からは何もできないし、減るとしたら依頼者が自己解決した時くらいかなー…。

くへぇ…。
せんぱーーい!
みどりさん!
手伝いますよ!
でも、みどりさんの分は?
わたしの分は終わりました!
えっ!?
そ、それなら…、これをお願いしますわ。
はい!
…これなら終わりそうですわ。
エリーは、何か欲しいものはあるの?
いきなりどうしました?
ん、いや、そういう依頼ばっかりだから、本人はどう思ってるのかなーとおもってさ。
欲しいもの……あっ!
髪飾りが欲しいですわ!
髪飾りかー。
なんか反応薄くありません?
いや、そんなことないよ!
むむむ…。
-----------------------------------------------------------------------------


……


エリー先輩!

こっちは終わりましたよ!

わたくしもこれが最後ですわ。


えっとたしか…これは向こうのお店にありましたわ!

本当か!どうもありがとう!
……。
やっと……終わりましたわ…。
クリスマスがこんな忙しくなるなんて…。
はやく家に帰ってゆっくりしましょう…。
はい!
先輩の家ではクリスマスの夕飯は何が出るんですか?
ローストビーフとターキーと…、それからケーキもありますわ。
聞いたことない料理だ…。

でも美味しそう!

-----------------------------------------------------------------------------
その日の夜
zzz…
zzz…
…(何やら外が騒がしいですわね……。)
だからこういうのは靴下の中にだなー。
靴下なんてどこにもないだろう。
そういう時は、ちゃんとこっちから用意したやつを――――――
……誰ですの?
げっ、起きちゃった。
え、ゆづ先輩!?
シーッ。みどりが起きちゃう。
あわわ。


…それで、何してるんですの?

お前らにプレゼントを渡しに来たんだ。
プレゼント?
うん。マスコット達から欲しいものを聞いて、あたしがサンタさんになった。
ほれ、メリークリスマス!
あ、ありがとうございますわ!
おっと、その靴下は朝起きてから開けろよ?


よーし、次はみどりだ。

……。
先輩?
みどりの部屋、どこだっけ?
-----------------------------------------------------------------------------
翌朝
ポルックスぅ、見て見て!
起きたらね、こんなにおっきなチョコレートが置いてあったの!
まあ、それは良かったですね。
うん!

サンタさん、ちゃんとわたしが良い子にしてたの見てたんだね!

エリー先輩は何か貰いましたか?
え、ええ…、髪飾りを貰いましたわ…。
(…ゆづ先輩。髪飾りを欲しがっていたのは本当ですわ…。)
(でも……これ持ってますの…。)
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

黒嶺 結弦葉 (くろみね ゆづは)

21歳

田舎生まれ田舎育ち

魔法少女歴10年のベテラン

跡継ぎ問題に悩まされている

シャウラ

マスコットと呼ばれる白くて丸い地球外生命体

結弦葉を魔法少女に引き込む

渋い声

爺さん

結弦葉の隣の家に住む老人
よく田んぼに落っこちる

黄更城 エリー  (きさらぎ エリー)

13歳

魔法少女歴4年

都会出身

超一流企業の社長の一人娘

リゲル

エリーと共にいるマスコット
若々しい男の人の声

立河 みどり  (たちかわ みどり)

8歳

魔法少女歴1ヶ月の新人

孤児

ポルックス

みどりと共にいるマスコット
落ち着いた女の人の声 

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色