第13話 夏休み前のアレ

エピソード文字数 2,352文字

6月も終わりですね。

長かったような短かったような…。
でも、もうすぐ夏休みですね!

楽しみだな~。

そうですわね。

7月になったらすぐに夏休みに…

なりませんわ。
え?
とても面倒なことがありますわ!
なんですか?それって。
…テストですの。
テスト?
中学校には定期的に大きなテストがあるんですの。

これがまあ大変なのですわ。

それはいつからなんですか?
…明日からですわ。
って、こうしちゃいられませんわ!

早く勉強しなければ!

あ…行っちゃった…。
みどりちゃん、学校の宿題ありませんでした?
あっ!忘れてた!

わたしも勉強しないと!


……


うーん…。わかんないなぁ…。
でも先輩の邪魔しちゃいけないし…。
ちょっと休憩しょう。
休憩するのはやくないですか?
だってわかんないんだもん。
ポルックスわかる?

ここの問題なんだけど…。

私もわかりません…。
エリー先輩は勉強中だし、ゆづ先輩は何してるか分かんないし…。
ねえ、依頼きてないの?
ありませんねぇ。
ん~、しょうがない。
この問題もうちょっと考えてみよ~。
頑張って!みどりちゃんならできますよ!
スヤスヤ…
あら?寝てる…。
-----------------------------------------------------------------------------
英語は得意ですからなんとかなりますけど…
数学がここからここまでで、国語がこのあたりから…
試験範囲が広すぎますわ!
依頼だよ!
今それどころじゃありませんの!

みどりさんにお願いしてくださいまし!

……。
…どこからの依頼でしょうか?
結局やるんだね…。
休憩するだけですわ!
やっぱりエリーは優しい子なんだね。
お、お黙りなさい!
-----------------------------------------------------------------------------
う~ん……


はっ!

いつの間に寝ちゃってた!
ポルックス、わたしどれくらい寝てた?
30分くらいですよ。

まだ時間はあります。

そっか、よかったぁ。
ちょっとトイレ。
部屋の扉を開ける。
あら?みどりさん。
エリー先輩、どうしたんですか?
依頼が来たので、少し出掛けようかと。
ええっ!テスト勉強はいいんですか!?
いえ、休憩がてら…
依頼ならわたしが行きますよ!

先輩は勉強に専念してください!

で、ですから…
遠慮する必要ないですよ!

リゲルさん、依頼はどこからですか?

こ、ここから西の方にあるビルからだね…。
よしっ!ポルックス、行こう!
ちょ、ちょっと待ってくださ~い。


……


とほほ…。
みどりちゃんは優しすぎるね…。
そうですわね…。
-----------------------------------------------------------------------------


……


このあたり…だよね?
リゲルさんからの情報だと、このへんですね…。
んと~、あの人かな?
高層ビルの前でスーツを着た男の人が下を見て右往左往している。
あの人ですね!
確かに困ってそうな人だなー。
あの~、どうしたんですか?
ん?落とし物を探しているんだ。
一緒に探しますよ!
本当かい!?ありがとう!
それで、何を落としちゃったんですか?
大事なカードなんだ。

ここを歩いてきたから、こっちにあると思うんだけど…。

こっちですね!
-----------------------------------------------------------------------------
ただいま~。
意外とはやく終わりましたね。
落とし物として交番に預けてあってよかったね。
さて!気持ちを切り替えて勉強しましょう!
あ~、忘れてたぁ~。
でもやっぱり分かんないよぉ…この問題…。
しょうがない、先輩に聞きに行こうっと。
-----------------------------------------------------------------------------
国語は後回しにしましょう…。

次は数学ですわね…。

あ、頭がおかしくなりそうですわ…!
せんぱ~い。
みどりさん?
勉強中すみません。

この問題がどうしてもわからなくて…。

って…、先輩がやってるの、なんですか?
これですか?数学…まあ算数ですわよ。

はえ~。

それで、この図はなんですか?
これですの?

これは関数といって…


……


じゃあ、これもそういうことですか?
いえ、これは少し違っていて…
これがこうなるんですの。
???
すいません、もうちょっとわかりやすく…。
うーんと……、つまりこれがこうなんですのよ。

それでこうして…こうですわ。

あっ、なるほどですね!
分かってもらえましたか?
……ってもうこんな時間ですわ!
え?

…あ、しまった!

すみません!!

すぐ出ていきます~!

みどりはエリーの部屋から慌てて出ていった。
…数学は諦めましょう。
さて、残りの時間で他の教科をやらねば…。
-----------------------------------------------------------------------------


数日後


エリー先輩、やっぱり怒るかな…。
わたしのせいで時間潰れちゃったもんね…。
みどりさん!
あっ、せせせ、先輩!
今日、試験の結果が返されたのですが…これを見てください。
すうがく…97点…。
なぜかわからないのですが、数学が一番成績が良かったんですの。
えっ!本当ですか!?
ええ、本当ですわ。

みどりさんは何だか不思議な力を持っているようですわね。

えへへへ。
ところで、先輩。
どうしました?
他の教科はどうだったんですか?
……。
国語が苦手だって、ゆづ先輩から聞いたんですけど…。
………。
それは聞かないでください!!
先輩!どこ行くんですか~!
国語の答案用紙には、大きく21の文字があった…。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

黒嶺 結弦葉 (くろみね ゆづは)

21歳

田舎生まれ田舎育ち

魔法少女歴10年のベテラン

跡継ぎ問題に悩まされている

シャウラ

マスコットと呼ばれる白くて丸い地球外生命体

結弦葉を魔法少女に引き込む

渋い声

爺さん

結弦葉の隣の家に住む老人
よく田んぼに落っこちる

黄更城 エリー  (きさらぎ エリー)

13歳

魔法少女歴4年

都会出身

超一流企業の社長の一人娘

リゲル

エリーと共にいるマスコット
若々しい男の人の声

立河 みどり  (たちかわ みどり)

8歳

魔法少女歴1ヶ月の新人

孤児

ポルックス

みどりと共にいるマスコット
落ち着いた女の人の声 

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色