第31話 ワーストタイミング

エピソード文字数 2,469文字

んーと、これはこっちに入れて、これは折り畳んでしまおう。
こいつはどうする?
あ、それはこっちだけ持っていこうかな。

んで、残りは捨てちゃう。

わかった。
それにしても随分と物が増えたなー。

来た時はカバンとキャリーバッグだけで入ったのに。

ちゃんと定期的に片づけないからだ。
あーはいはい。ごめんなさいねー。
ゆづ先輩?
ん?エリーか。どうした?
荷物をまとめて、どちらへ行かれるんですの?
ああ、そろそろ家に帰ろうと思っててな。
ええっ!?帰えられてしまうんですの!?
元々年内までいるって予定だったからなー。

あっちは年末年始忙しいし、帰るのはこのタイミングかなーと思って。


世話になったな。ありがとう。
そうですか…。

ここも寂しくなってしまいますわね…。

みどりがいるだろ?

それに、もう二度と来ないわけじゃないし。

機会があったらまたお邪魔するよ。

わたくしもまたそちらへ行ってよろしいですか?

もちろん!
ありがとうございます!
エリーのお父さんにも挨拶しないと…。


お父さん、今どちらに?

お父様なら、多分自室にいますわ。
ありがとう、ちょっと行ってくるよ。
わかりましたわ。
…はぁ。
エリー?
…ああ、なんでもないですわ。
そう…。
あれ?エリー先輩、どこか行くんですか?
わたくしじゃありませんわ!

ゆづ先輩ですの!

ゆづ先輩?

ってことは、田舎に帰っちゃうってことですか?

ええ。そうらしいですわ。
そっかー…。
もうちょっといて欲しかったですわね…。
んーわたしもついて行こうかなー?
えっ!?
冗談ですよ。
みどりさんんんんんんんんんんん…!
わぁーーー!なんで怒ってるんですかぁーー!
-----------------------------------------------------------------------------
お父さん、エリーと全く同じことを言ってたな…。
血は争えんな。
何難しい言葉使ってるんだよ。
一回使ってみたかったのだ。
うわっ、人間くさっ。

一周回って気持ち悪いわ。

……。
さーてと、後なんか残ってたっけ?
特にない。
おっけー。んじゃ帰るか。
……


わっ!外さむっ!
ゆづ先輩、身体には気を付けてくださいまし。
旅に出るわけじゃねえんだから大丈夫だよ。
辛くなったら戻ってきてもいいんですよ。
どこで覚えたんだよそんなセリフ。
じゃあ、そろそろ行くわ。

都会来た時には遊びに来るし、お前らもたまには来いよー。

はーい!ではまた~。
さよーならー!
荷物が重てえ!

シャウラ、一個持ってくれ!

無茶を言うな。
冗談だよ。
ばあちゃんと隣の爺さんは元気にしてるかなー。
結弦葉、依頼だ。
最悪のタイミングだ!

…んで、どこから?

…公園だな。
駅から逆方向じゃねえかああああああああああああ!!!!!
-----------------------------------------------------------------------------
ぜえ…ぜえ…
あの女の子だな?
そうだ。
おねーちゃん、あそこの風船とってー。
風船?

――――――――あの木の枝に引っかかってるやつか。

よいしょっと。

こう見えて木登りは得意なんだ。

よし、取れた。
やったー!

おねーちゃん、ありがとー!

はい、どういたしまして。
……
思ったより時間取られなくてよかった。
これなら日没前に帰れるな。
そうだな。


…ここの駅は相変わらず人がいっぱいいるけど。

あーはやく帰ろ。
-----------------------------------------------------------------------------


……


我が地元に…
帰ってきたぞーーーーー!!!!!
いやぁ~3ヶ月ぶりくらいだけど随分懐かしく感じるなぁ~!


チョー寒いけど。

結弦葉、早速だが依頼だ。
はぁ、ここでもか。

そんで、どこから?

家の前の田んぼだ。
爺さん…。

あたしがいない間に、田んぼに落っこちすぎて死んだんじゃねえのか少し不安だったけど、生きてそうで何よりだ。


……


また助けられたのぅ。
ホントですよ。
いやいや、久しぶりじゃのぅ、ゆづちゃん。
お久しぶりです。

お爺さんも元気そうで何よりです。

寂しくなったこの村もまた活力が戻りそうじゃ。
いや、あたしにそんな力ないんですけど…。
ところで、あたしが居ない時は誰に助けてもらったんですか?
ふむ…ゆづちゃんが居ない時は、田んぼに落ちたりせんかったのぅ。
は?
もしかして、あたしに助けられたくて自分から落ちてるんですか?
いやいや、そんなことはない。
ただ本当に、落ちなかったんじゃ…。
…あたしが随分といいタイミングで帰ってきた感じですか。
まあ、そうじゃの。
(おかしな爺さんだなぁ…。)
-----------------------------------------------------------------------------
ただいまー!
ゆづ!いいところに帰ってきた!
ん?どうしたの?
これを近所の山谷さんに届けてくれないかしら。
はいよー。


――――って重っ!

大事な陶器が入っているから慎重にね。
わかり…ました…。

……うっ、重たい…。

-----------------------------------------------------------------------------
荷物を届けて、ようやく自室に入れた。
んあーーー疲れた。
なんか帰ってくるタイミング悪くね?
そうか?
依頼が多い気がする。
都会に居た時は、他の魔法少女に分散されていたからな。
あー、そういうことか。

それでも今日は特に忙しい気がするけどな…。

まあ今日は移動も多かったからな。

明日はもう少しゆっくりできるだろう。

そうあってほしいわ。
-----------------------------------------------------------------------------
やっぱり帰る日来週にすれば良かったーーー!
なぜだ?
なぜって、見りゃ分かんだろ!

年末年始の準備とかで今週めちゃくちゃ忙しいんだよこっちは!

ゆづ!早く来て頂戴!
助けてくれーーーー!
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

黒嶺 結弦葉 (くろみね ゆづは)

21歳

田舎生まれ田舎育ち

魔法少女歴10年のベテラン

跡継ぎ問題に悩まされている

シャウラ

マスコットと呼ばれる白くて丸い地球外生命体

結弦葉を魔法少女に引き込む

渋い声

爺さん

結弦葉の隣の家に住む老人
よく田んぼに落っこちる

黄更城 エリー  (きさらぎ エリー)

13歳

魔法少女歴4年

都会出身

超一流企業の社長の一人娘

リゲル

エリーと共にいるマスコット
若々しい男の人の声

立河 みどり  (たちかわ みどり)

8歳

魔法少女歴1ヶ月の新人

孤児

ポルックス

みどりと共にいるマスコット
落ち着いた女の人の声 

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色