第19話 みんな解散

エピソード文字数 2,200文字

ああ…。
夏休みが…
終わってしまいますわ…。
結局、お前ら一か月近くこっちにいたな。
こちらでは色々なものが新鮮でしたから。
まあ、都会じゃあ経験できないようなもんばっかだからな。
逆に先輩は都会行かないんですか?
近いうちに行くと思うよ。

就職面接とかそっち行かないといけないし。

どうです?一緒に行きませんか?
やだ。
えー。
遠いからめんどくさい。
先輩はいつまで夏休みなんですの?
あと二週間くらいだな。

まあ終わってもほとんど学校行かないんだけどね。

いいなぁ。
じきにお前らもこうなるよ。

ほらほら、帰る準備しなくていいのか?

わあああ、そうでしたわ!

はやく支度しないと!

-----------------------------------------------------------------------------


……


エリー先輩。
どうしましたの?
宿題終わりましたか?
家に帰ってからやりますわ。

ここでは時間がありませんでしたの。

結構ヒマにしてませんでした?
……。
そ、そういうみどりさんはどうなんですの?
…ほとんど終わってないです…。
ほらみなさい。
うぅ…。
みどりさん。
依頼ですよ。
依頼!すぐ行かないと!
待って!
どうしたの?
場所なんだけど、ここから少し離れていて…
そっかぁ。ん~…。
わたくしも行きますわ。
ほんとう!?
二人でなら安心ですわ。

さあ、行きましょう。

-----------------------------------------------------------------------------
この先にしかない特別な花を取ってきてほしいんです。

噂で聞いただけなんですけど、是非一目見たくて…。

この先って…
森林の中ですわね…。
また迷子になったら大変だし、これは…
…ええ。


……


なんだなんだお前ら、こんなところに連れてきて。
この先にしかない花があるらしいんですの。
花?


…あー、あれのことかな。

見たことあるんですか?
まあ、一応。
それを取ってきてほしいというのが、今回の依頼なんです。
ん~、まいっか。

じゃあ皆で行こうぜ。

本当にこの先行くんですの?
他に道がないからな~。
ここも道じゃないですけどね…。
比較的草木が少ないとこだからいいの!


……


…あの、先輩。
ん?
先輩はいつもこんな道歩いているんですの…?
いつもじゃないけど、こういう道は多いな。


すごいですわね…。
まあすぐ慣れるよ。
わたし達これから帰るんですけど…。
どうせまたすぐこっち来るんだろぉ?
そんなことありませんわ!

学校もありますし。

どうだかなぁ~。
―――――――ってあれ?こんなとこあったっけ?
行き止まり…ですわね。
ここは通れないなぁ。

しょうがないから回り込もう。

まってください!
どうした?
ここに小さい穴がありますよ!
ほんとだ。

でも、小さくてあたしじゃあ通れんよ。

わたしならいけますよ!
なるべく別行動はしたくないけど…、

そんなにくぐりたいの?この穴。

はい!
ん~~~わかった。

じゃあそこで待っててくれ。

わかりました!


……


せっかくの服が汚れちゃいますよ?
そしたらまた着替えればいいじゃん。
よし!はいるよ~。
んん?思ったより大きい…。

これなら二人とも入れたんじゃないのかな?

なかなか長いですね。
そうだね。全然終わりが――――――


あっ、ゴールだ!

出れたー!


広々としてますね…。
ほんとだ…。

木がよけているみたいに、ここだけ何もないや…。

さてと、ゆづ先輩達を待とう。


……


ねぇポルックス、わたしがここに来からどれくらい経った?
15分くらいですかね…。
暇だし、ちょっとこの辺り見て回ろうよ。
危険ですよ!
迷子にならない範囲で!
あっ、ちょっと!

先行かないでくださいー!

……。
どうしました?

急に止まっちゃって。

あれ見て…。
アレ…?
なんかある…。
なんだろう…、でっかい石…?
え…?
ほら、この先だよ。
えっと…、この先ですか?
うん、その方向。
……?
え、もしかして…
こりゃ。
みどりの頭をペチンと叩いた。
いたぁい!
待ってろって言ったよな?
ごめんなさい…。
迷子になったら大変ですわ。
ここがひらけた場所でよかったな。
さてと、目的のものは…


…ありゃ?

どうかしましたの?
…ない。
ない?
ここにな、でっかい石があったんだよ。

そいつが花の形をしていたんだ。

多分それのことを言ってんだと思ったんだが…ないんじゃあ仕方ない。
え、でも…
向こうにあるのは…

エリー先輩、見えるんですか!?

え、ええ…まあ…。
おい、早く帰らんと電車間に合わんぞー。
ああっ、待ってくださいましー!
……。
-----------------------------------------------------------------------------
依頼した人、全然怒ってなくてよかったですわ。
まあないもんはないからな。
……。
みどり、どうした?
え?あっ、なんでもないです!
?おかしな野郎だな。
さて、帰りますよ。
はい。
おじさん、お世話になりました。
うん、気をつけて帰るんじゃぞ。
どうもありがとうございましたー。
お、電車だ。

これを逃すと次は明日だからな。

大変!

それでは、先輩、さようならーー!

さよならー!
おう、じゃあなー。
-----------------------------------------------------------------------------


数日後
……。
こ、こんにちは…。
遊びにきました…。
……。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

黒嶺 結弦葉 (くろみね ゆづは)

21歳

田舎生まれ田舎育ち

魔法少女歴10年のベテラン

跡継ぎ問題に悩まされている

シャウラ

マスコットと呼ばれる白くて丸い地球外生命体

結弦葉を魔法少女に引き込む

渋い声

爺さん

結弦葉の隣の家に住む老人
よく田んぼに落っこちる

黄更城 エリー  (きさらぎ エリー)

13歳

魔法少女歴4年

都会出身

超一流企業の社長の一人娘

リゲル

エリーと共にいるマスコット
若々しい男の人の声

立河 みどり  (たちかわ みどり)

8歳

魔法少女歴1ヶ月の新人

孤児

ポルックス

みどりと共にいるマスコット
落ち着いた女の人の声 

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色