第36話 わたしの誕生日です!

エピソード文字数 2,347文字

よいしょっと…
エリー、そっちにお菓子置いたかー?
はい!いっぱい置きましたわ!
よし、じゃあ主役を呼ぶか!
あっ、ちょっと待ってください。
どうした?
ここの飾りがちょっと崩れてて…


はい、大丈夫ですわ!

よーし…おーい、みどりー!


……


ちょっと先輩、引っ張らないでくださいよぉ。
いいからいいから、こっち来てみろって。
??
ほら、着いたよ。
!!!
みどりさん!
誕生日おめでとう!!
はわわわわわ……
こ、これ、わたしのために…?
ええ!
結構頑張ったんだぜ?
あ、あ、ありがとうございます!!!

ポルックス、見てよこれ!

すごいでしょ!わたしの誕生日パーティだって!
とても豪華ですね~!
いやぁ、喜んでもらえて何よりだ。
頑張った甲斐がありましたわ。
ここのお菓子…全部食べていいの!?
もちろんですわ。

いつもは食べ過ぎないように注意しますけど、今日は特別ですの。

わーーい!
ケーキもあるからなー。
わぁ!大きいケーキ!!
よし、じゃあここで―――――
!!!
おいエリー…
どうかしましたの?
プレゼント…買い忘れてたな…。
あっ!!!
忘れていましたわ…。
どうする…?
どうしましょう…。
んんん…こうなったら…!


……


モグモグモグ
みどり―!
あたしからプレゼントがありまーす!
わたくしからもありますわ!
ええっ!?
結弦葉。
あんだよ、今いいところなのに。
悪いが、依頼が来た。
はぁー。
先輩?
ちょっくら行ってくる。

プレゼントは帰ってきたら渡すわ。

はい…。
ほら、エリー行くぞ。
はーい。
……。
みんないなくなっちゃった…。


まあいいや、お菓子とケーキ食べてよっと。

-----------------------------------------------------------------------------


……

ふい~。
下手な芝居をうってなんとか外に出れた。
シャウラさんも協力ありがとうございますわ。
まさかこんな形で利用されるとはな…。
よし、プレゼントを買いに行くぞー。
でも…
アイツが一番喜ぶのは現金だと思う…。
あっ…。
でもそれだと味気無いよなー。
それはそうですわ。
まあいいや、ここで悩んでいてもしょうがないし。

どっか行ってそこで考えよう。

はい。
ちなみにエリーは何にしようと思ってたんだ?
えーっと…それは…その…。
ん?
ひ、秘密ですわ!
なんだよ~、教えてくれてもいいじゃないか~。
秘密なものは秘密ですの!

-----------------------------------------------------------------------------


ん~…。
どうかしましたか?
ここにある全種類のお菓子を食べ終わったんだけどね、
先輩達の分も残したほうがいいのか、気にせず食べちゃうほうがいいか悩んでるの。
そうですねぇ…。
誕生日ですし、いいんじゃないですか?
そうなのかなぁ…


…うん、そうだね!食べちゃおっと!モグモグ

プレゼントなにかなー。
楽しみですね。
何をもらっても絶対嬉しいけど…
一番うれしいのはお金かなー!
……。

-----------------------------------------------------------------------------



……


なぁ、シャウラ。
どうした。
お前に誕生日ってあんの?
……ないこともない。
へー、いつ?

我々の惑星と地球では周期が異なるため、同列に考えることはできない。

無理矢理に地球の基準に合わせると、16月44日だ。
あー……聞いたあたしが馬鹿だった。
せんぱーい!
どうした、エリー。
プレゼント、買いました?
いや、まだだけど。
わたくしはさっき買ってきましたわ。
あたし達がしょーもない話している間に…。
結局何にするんですの?
さてどうしようか。
シャウラ、何かいいのない?
ない。
エリーは長く使えるものにしていたよ!
ちょっとリゲル!秘密って約束じゃありませんでしたっけ?
まだ正解は言ってないじゃないか!
そうですけども…!
まあまあ、そのへんにしておけって。
お前もそういったものでいいんじゃないのか?
ん?まあ、そうだけど、やっぱりみどりに似合う物を選びたい。
似合うもの…?
どうしようかな~。
――――あっ!
いいの思いついちゃったー。あたしはこれにしよっと。
??

-----------------------------------------------------------------------------


先輩達、まだかなー?
もうすぐだと思うんですけどねぇ。
お菓子食べきっちゃうよぉ。
ただいまー!
あっ、おかえりなさぁい!
お菓子がほとんどなくなってますわね…。
どうでした?依頼は。
まあそこそこにね。
それより、プレゼントを渡そう。
わぁい!
まず、あたしから。
はい、お誕生日おめでとう!
これは…お箸?
そう。

あとはカトラリーセットっていうスプーンとかナイフとかが揃ってるやつ。

あ、ありがとうございます!


でも…

でも?
もったいなくて使えないと思うんです…これ…!
んんんん…まあ、貰ってくれ…。
わたくしからはこれですわ。
カメラですか!?
ええ、これで色々なものをいっぱい撮ってくださいな。
ありがとうございます!!
じゃあ、早速三人で撮りましょうよ!
いいですわね!

ほら、先輩もこっち来てくださいまし。

ええっ、ちょ…
みどりさん真ん中で撮りましょう!

セルフタイマーをONにしてと…

いきますわよー


3,2,1…

はい、チーズ!

-----------------------------------------------------------------------------


みどりさん誕生日パーティーは大成功に終わりましたわ。


でも…

後片付けを一人でやらなきゃいけないなんて…。
ゆづせんぱーーい!

戻って来てくださーーーい!!

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

黒嶺 結弦葉 (くろみね ゆづは)

21歳

田舎生まれ田舎育ち

魔法少女歴10年のベテラン

跡継ぎ問題に悩まされている

シャウラ

マスコットと呼ばれる白くて丸い地球外生命体

結弦葉を魔法少女に引き込む

渋い声

爺さん

結弦葉の隣の家に住む老人
よく田んぼに落っこちる

黄更城 エリー  (きさらぎ エリー)

13歳

魔法少女歴4年

都会出身

超一流企業の社長の一人娘

リゲル

エリーと共にいるマスコット
若々しい男の人の声

立河 みどり  (たちかわ みどり)

8歳

魔法少女歴1ヶ月の新人

孤児

ポルックス

みどりと共にいるマスコット
落ち着いた女の人の声 

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色