第18話 今日はお休み

エピソード文字数 2,492文字

……。
……。
……。
(両親が一度家に帰るから、その間子供を見ていてほしいと言われたのはいいが…、)
(なんでだろう、すげぇボーっとする…。)
姉ちゃん、やることないの?
やること?ああ、ない。
ふーん…。
ヤンキーの姉ちゃん。
なんだ?
おっぱい見して~。
ガキのくせにそんなこと言うんじゃないよ。

ほら、煎餅でも食ってろ。

…このおせんべい、カチカチだね。
そうそう、カッチカチのペッタンコ……


ってやかましいわこの変態坊主!!!

あー、大声出す元気もないわ…。
ごめん、ちょっと横にさせて…。


……


ごめんくださいま…しぃ!?
ゆづ先輩!どうしたんですの!?
あーみどりか。

エロ坊主がいるけどまあゆっくりしていけ…。

エリーですわ!

先輩、少し失礼…
結弦葉のおでこに手を当てた。
あつっ!

先輩、熱ありますわよ!


こんぐれぇ大丈夫だ…。
大丈夫じゃありませんわ!

今日はずっと寝ていてくださいまし!

シャウラさん、依頼はありますの?
この子の子守りだけだ。
それは安心しましたわ。
本当に大丈夫かー?
もちろんですわ!
でも、流石に一人じゃ不安ですわね…。

-----------------------------------------------------------------------------

ゆづ先輩が風邪?
そうなんですの。
だから今日はわたくし達が頑張りましょう!
そうですね。でも…
先輩って、風邪ひくんですね。
…わたくしもそう思いましたわ。
お前ら聞こえてるぞー。
わっ!
あたしの部屋でどうこう言ってたら聞こえるに決まってるだろ…。
先輩、基本的に何をするべきですか?
来た依頼をこなす、それだけだよ。
いつも通りですね。
それより…下の子はどうした?
……あっ!!
あ…エリー先輩行っちゃった…。
依頼だ。
あ!わたしいきます!
東の畑の方からだ。
畑…。
早速いってきます!
あー待って。
エリーと行った方が良いかも。
いえ、待っている暇はありません!

行ってきま~す!

あらら…。
-----------------------------------------------------------------------------


……


ただいまぁ~…。
おう、おかえり。

どうだった?

つ、疲れました…。

重たい野菜のカゴを運ぶ仕事だったなんて…。
だから二人で行った方が良いって言っただろ?
納得です…。
でも、なんで行く前にわかったんですか?

経験と勘かな。

俺ァお前が生まれる前から魔法少女やってんだよ。
かっこいい…。
ほら、わかったらエリーのとこに行ってやれ。

あんまりここいると風邪うつるぞ。

は、はーい。
部屋を出ると、スタスタと階段を降りる音が聞こえた。
……ふぅ。ようやく静かになった。
風邪は治ったか?
そんな簡単に治るもんじゃねえよ。

これはお言葉に甘えて一日寝てるのもアリだな。

そうだな、今日くらい休め。
お前までそんなこと言うとはな。


……


ふう、案外早くお迎えがきて良かったですわ…。
せんぱ~い。
みどりさん、どうしたんですの?
なにかすることないかなーと思いまして…。
今ちょうど終わったところですけど……みどりさん。
わたくし達、相変わらずゆづ先輩に頼っていますわ。
そうですね…。
これではいつまでも先輩が休めませんわ!

これからはわたくし達だけで頑張りましょう!

はい!
エリー!依頼だよ!
早速ですわね!

どこからですの?

ここから少しいったところだね!
みどりさん、行きましょう!
はい!
-----------------------------------------------------------------------------


……


この先…ですわね。
山の中じゃないですか!

さて、いきますわよ。

こんなところゆづ先輩しか帰ってこれないですよ…。
いえいえ、今日こそは先輩を休ませないと!
エリー先輩、迷子になったら…どうします?
そういうことは考えてはいけませんわ!


……


あの…どうしましたの?
おお、奇跡だ。助けがくるなんて。

実は都市伝説を信じてこの山に入ったら、迷ってしまったんだよ。

一緒に外に出ましょう!
エリー先輩、帰り道はどちらでしたっけ?
……。
多分、こっち…ですわね…。
多分…?
いや、こっちだったかしら…?
もしかして…
迷ってなどいませんわ!

さあ、行きますわよ!

この子達、大丈夫だろうか…。


……


なかなか出れないなぁ。
君たち、助けを待った方が…
う~ん…やっぱり、わたくし達だけでは無理なのでしょうか…。
経験と勘…かぁ。
わたくし達には経験が圧倒的に―――――


って、あら?

リゲル、この道、見たことありません?
あるような、ないような…。
この辺りは一度迷ったことがありますの。

たしか、こっちだったような…。

物覚えは良いんだけどね…。
余計なお世話ですわ!


……


あっ、ここって…
見覚えありますの?
ここの木の傷、きっと行く時に見たものですよ!
そんなものありました?
あったよ!

ねっ、ポルックス!

はい、行く時に見かけましたよ。

そうだったんですの…。

ということはつまり、こちらに行けばいいってことですわよね?
はい!


……


あっ!田んぼだ!
ここは、来たところですわ!
やっと出れたーー!!
助かったぁ!
わたし達、ゆづ先輩に頼らずに解決できましたね!!
ええ!本当に今回は頑張りましたわ!
ゆづ先輩に見せたかったなぁ!
(……遠視能力で全部見ていたなんて言えないよな…。)
-----------------------------------------------------------------------------
風邪はその後一日で治ったのは良いんだが…、

あれ以来、二人に仕事取られてばっかなんだよなぁ。

駅の方で依頼ですわ!
近道の山道を通って行きましょう!
お、おいお前ら、あの道は危険だぞ?
心配ご無用ですわ!
エリーとみどりは駆け足で出て行った。
あ…。


……数分後

依頼だ。
あいつらまだ帰ってきてないし、これはあたしがやるかな。
場所は?


……


あ、いたいた。
せんぱ~い…。
せんぱ~い…。
山の中で依頼があったからもしかしてと思ったが、やっぱりお前らだったな。
調子に乗りすぎましたわ…。
ほら、村に戻るぞー。
はーい…。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

黒嶺 結弦葉 (くろみね ゆづは)

21歳

田舎生まれ田舎育ち

魔法少女歴10年のベテラン

跡継ぎ問題に悩まされている

シャウラ

マスコットと呼ばれる白くて丸い地球外生命体

結弦葉を魔法少女に引き込む

渋い声

爺さん

結弦葉の隣の家に住む老人
よく田んぼに落っこちる

黄更城 エリー  (きさらぎ エリー)

13歳

魔法少女歴4年

都会出身

超一流企業の社長の一人娘

リゲル

エリーと共にいるマスコット
若々しい男の人の声

立河 みどり  (たちかわ みどり)

8歳

魔法少女歴1ヶ月の新人

孤児

ポルックス

みどりと共にいるマスコット
落ち着いた女の人の声 

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色