第12話 誕生日ですわ

エピソード文字数 2,170文字

ところでみどりさん、お誕生日はいつですの?
1月29日ですよ。
先輩はいつなんですか?
6月26日ですわ。
わあっ!それじゃあもうすぐですね!
ええ。今年はたくさんの人が祝ってくれそうですわ。
プレゼント何にしようかな~。
-----------------------------------------------------------------------------
た、大変だ…。
どうしたんだ?
遠視能力であいつらの話を聞いていたんだが、とんでもないことを聞いてしまった…。
エリーの誕生日まであと3日じゃねか!

事前に聞いとくんだった…。

なにをやっているんだお前は…。
やっべえ、あいつの誕生日とか何あげたらいいんだろ…。
とにかく、みどり連絡だ!

明日か明後日に来るよう言ってくれないか?

わ、わかった。
-----------------------------------------------------------------------------


翌日


ゆづ先輩、どうしたんですか?
おお来たかみどり!

あのな、エリーの誕生日どうしようか悩んでたんだ。

実はわたしも悩んでたんですよ~。
何か欲しいものがあるとか言ってたか?
とくに聞いてないですねぇ。
まあそりゃそうだよなあ。
欲しい物なら買えるでしょうし。
さて、どうするべきか…。
なにか作るのはどうでしょうか?
うーん、でもお菓子とか作ったことないからなぁ。
先輩は何が作れるんですか?
煮物、肉じゃが、あと頑張れば天ぷら。
渋いですね…。
うるさいっ!
ポルックスは何がいいと思う?
なんでもいいと思うんですけど…。
そうかなぁ…。
プレゼントは貰うだけでも嬉しいって聞きましたよ。
そんな情報どこから聞いたんだお前は。
えっと…前の魔法少女…ですかね…?
んで、それでどうするんだ?
わたしは…思いつきました。
ん?教えてくれ。
……ヒソヒソ
うんうん………アッハッハッハッハッハッ!

笑わないでくださいよ!
いやぁスマンスマン。

でもなかなかみどりっぽくていいじゃないか。

私には秘密ですか?
うん!ヒミツー!
そうですか…。
次はあたしの番だなー。
シャウラ、なんかいいアイデアないか?
ない。
少しは考えやがれこの野郎!
我々が人間の気持ちなど分かるわけなかろう。
へっ!都合のいい時だけ宇宙人ぶりやがって。
それで…どうするんですか?
わからん。外に出て考えてみよう。


……


外に出たところで…
何もないですね…。
そういえば、前にあいつ、ここの田んぼの米が食べたいとか言ってたような…。
そうなんですか?
確証はないが言ってた気がする。
隣の爺さんに米余ってるかどうか聞いてこよっと。
あ、行っちゃった…。
それで、プレゼントは何か教えてくれませんか?
やだよー。
やっぱりですか…。
エリー先輩の誕生日会の時に見れるから!
それもそうですね。
あ!ゆづ先輩戻ってきた!
爺さんから米を10kgほど恵んでもらってきた。
そんなに貰えたんですか!?
「いつも助けてもらってるから」だってさ。
魔法少女10年間続けててよかったですね。
そうだな…。
さてと、あとは当日を待つだけだ。
先輩、お米どうやって持っていくんですか?
……。
-----------------------------------------------------------------------------


エリーの誕生日当日


人がいっぱいいるね…。
それもテレビや新聞で見たことあるような人だ…。
ゆづ先輩!来てくださったのですね!
よう!

お誕生日おめでとう、エリー。

ふふ、ありがとうございますわ。
テーブルの食べ物、お好きに召し上がってくださいね。
お、おう…。(どれも高級そうなものばかりだ…)
ゆづ先輩、これ美味しいですよ。

あとこれも。

お前はすげえよ、うん。
ところで、プレゼントはどうしたんだ?
まだ渡してないですよ。

いつぐらいに渡すつもり?

ここのもの食べ終わってからですかね。モグモグ
…。
あたしも食べる!
(さらに、持ってきたコレで料理を…)


……


エリー。
先輩?どうかしました?
これ、誕生日プレゼント。

…よいしょっと。

お米…ですの?
そう、うちの前で取れた米。

ごめんな、こういうものしかなくて。

いえいえ、十分嬉しいですわ!

ありがとうございますわ!

それにしても…この量を家から持ってきたんですの?
うん。
重くありませんでした?
めっちゃ重かった。
わたくしのためにそこまで…。

美味しくいただきますわね!

先輩!これ、わたしからのプレゼントですっ!
あら、みどりさんもあるんですの?
『ごはんをごちそうする券』…ですか?
うん。これなら、わたしでも出来るなって…。
ふふふ、とってもみどりさんらしいですわ。

ありがたく頂きますわね。

みどり、一体何をご馳走するんだ?
それは…まだ考えてないです…。
今使ったら何が出てくるのでしょうね…。
ちょっと待ってください!
-----------------------------------------------------------------------------
ゆづ、この料理一体どうしたの?
あははは…。
お前、あれはもしかして…。
うん、エリーの誕生日会の時にタッパーに詰めて持って帰ってきた。
あたしが高級料理なんて作れるわけないだろ?

これで食費も浮くし飯も美味いし最高だな。

結弦葉、お前という奴は…。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

黒嶺 結弦葉 (くろみね ゆづは)

21歳

田舎生まれ田舎育ち

魔法少女歴10年のベテラン

跡継ぎ問題に悩まされている

シャウラ

マスコットと呼ばれる白くて丸い地球外生命体

結弦葉を魔法少女に引き込む

渋い声

爺さん

結弦葉の隣の家に住む老人
よく田んぼに落っこちる

黄更城 エリー  (きさらぎ エリー)

13歳

魔法少女歴4年

都会出身

超一流企業の社長の一人娘

リゲル

エリーと共にいるマスコット
若々しい男の人の声

立河 みどり  (たちかわ みどり)

8歳

魔法少女歴1ヶ月の新人

孤児

ポルックス

みどりと共にいるマスコット
落ち着いた女の人の声 

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色