第42話 抑える意味ナシ

エピソード文字数 2,044文字

みどりさーん。
……あら?
みどりさん、どこへいるんでしょう?
さっき外出していったよ!
あらまあ、お散歩でしょうか。

あの子お外へ行くの好きですし。

------------------------------------------------------------------------------


…… 
都会もちょっと離れると、人も少なくなって歩きやすいね。
あまり遠くに行かないようにしてくださいね。
わかってるわかってる!


晩ご飯まで暇だからちょっと歩くだけだよ!

夕飯まであと3時間くらいですかね?
うん、いつも7時くらいだもんね。

夕方には帰りたいな。

―――ん?

あれはまさか…!

お金が落ちてる!

しかも千円札だぁ!!

ラッキー!

これで色んなお菓子が買えるー!

みどりさん!
なぁに?
流石にお札は警察に届けませんか?
えー、なんでー?
いくらなんでも高額ですよ。
それに、エリーさんにどう説明するんですか?

そのお金どうしたんだって言われたら。

拾ったって言えばよくない?
わたしがお金拾うの好きなのは、ポルックスも知ってるでしょ。
それに、あんまりお母さん達の遺したお金減らしたくないし。
……。
ね?一万円札だったら警察に持っていくよ。
でも、みどりさんが千円札を落としたら、どうなります?
えー、そりゃあ困っちゃうよ。大金だもん。
そうですよね?
これを落とした人も、きっとどこかで困っていますよ。
う…。
…分かったよ、ちゃんと交番に届けるよ。
偉いです!みどりさん!
えへへへ…照れるよぉ。
じゃあ、ポルックス、一番近い交番はどこ?
えーっとですね…
ここをまっすぐ行った先にありますよ!

すぐ近くです。

------------------------------------------------------------------------------


……


やっと終わったぁ。
結構時間かかっちゃったね。
でも、警察の方としっかりお話できてましたね。
えへへ、魔法少女のおかげで、初めての人に話しかけるのも不安じゃなくなったの。
魔法少女になると、思わぬいい事があるんですね。
うん!楽しいことがいっぱい増えたよ!
さてと、もうちょっと歩こっと。
―――っと、ここで依頼ですよ。
え~、なんか今日忙しいなぁ。
この先の公園からですね!

いきましょう!

はーい…。


……


あの人?
えーっと、そうですね。

あの方で間違いないです。

ん、重たそうな荷物持ってる…。
半分持ってあげた方がいいですね。
あっ、たしかに!
早速話しかけてみるね。
あの~、すいませ~ん。

どうしたの?

あ、あの、荷物重たそうなので、半分もちますね!
えっ!?

あ、ありがとう!

んぐぐっ(重たい…)
これ、どこへ持っていきますか?
え、えっと、家まで。
(これじゃあわたしの方が助けられてるみたい…)
(この子、大丈夫かな…)

------------------------------------------------------------------------------


……

んーしょっ、んーしょっと。
この先を、右に曲がってくれない?
はいっ!
おうちはどの辺なんですか?
ここに来たらもうすぐよ!
ほら、着いた!
よっこらしょっと!
はぁ~、疲れたーっ。
ありがとう!

本当に助かったわ!

お礼になんだけど、うちでお茶していかない?

お菓子とか出すわ!

いいんですか!?

ぜひ!

------------------------------------------------------------------------------


……


見て見てポルックス!お菓子がいっぱい!
あの…みどりさん。
なに?モグモグ
あんまり食べ過ぎると、夕飯食べれなくなるんじゃないですか?

ちょっと抑えたほうが…。

ん~、まだ大丈夫かな。時間もあるし。モグモグ
そうですか…。

まあ、今日は頑張りましたもんね。

そうそう。わたし今日頑張ったもん。
そういえばポルックスー
なんですか?
今日色んなところ歩いたけどさ、他の魔法少女に会わなかったよね。
確かにそうですね~。

でももしかしたら、気づかないうちにすれ違っていたかもしれないですね。

ん~でも…ゆづ先輩が言ってたんだけど、

魔法少女がいると独特な雰囲気があって気づくって言ってたよ。

それはあの方がちょっと変なだけです…。


……


あ、もうこんな時間!

帰らないと!

結局お菓子全部食べてる!
夕飯食べれなくても知りませんよ!
大丈夫だって!
おばさーん!

ごちそうさまでしたーー!

はーい!

気を付けて帰ってね~。

------------------------------------------------------------------------------


……


ただいま~!
みどりさん、おかえりなさいまし!

ちょうど良い時に帰ってきましたわね!今夕飯の準備ができましたの!

えー!?
今日は特にいっぱいありますから、たくさん食べてくださいね。
ええー!?


……
モグモグモグモグ
(本当に抑える必要なかったのね…)
おかわりー!
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

黒嶺 結弦葉 (くろみね ゆづは)

21歳

田舎生まれ田舎育ち

魔法少女歴10年のベテラン

跡継ぎ問題に悩まされている

シャウラ

マスコットと呼ばれる白くて丸い地球外生命体

結弦葉を魔法少女に引き込む

渋い声

爺さん

結弦葉の隣の家に住む老人
よく田んぼに落っこちる

黄更城 エリー  (きさらぎ エリー)

13歳

魔法少女歴4年

都会出身

超一流企業の社長の一人娘

リゲル

エリーと共にいるマスコット
若々しい男の人の声

立河 みどり  (たちかわ みどり)

8歳

魔法少女歴1ヶ月の新人

孤児

ポルックス

みどりと共にいるマスコット
落ち着いた女の人の声 

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色