第29話 あたしの誕生日だ

エピソード文字数 2,469文字

郵便でーす。

こちらにハンコお願いしまーす。

ご苦労様ですわ。
ありがとうございまーす。
っ!?
お、重たい荷物ですわね…。
先輩!手伝いますよ!
ありがとうございますわ。
誰宛てですか?

こんなに重い荷物…。

えーっと…ゆづ先輩ですの。
ゆづ先輩宛て?
しかも実家のおばあちゃんから来てますわね。
えぇ…、一体何が入っているんでしょう…?
開けてみましょうか。
えっ!?
冗談ですの。
あー、ビックリしたぁー。
ハガキが一緒に送られてきましたの。
あっ、ホントだ。
読み上げますわね。
『拝啓。

初霜の候、結弦葉さんにおかれましては、お健やかにお過ごしのことと存じます。

今年も、貴女の誕生日を祝う、この季節がやってきましたね。

いつも私と二人で祝い、過ごしていた一日ですが、今年は少し寂しいような、そして嬉しいような思いです。

お餞別に、貴女が一番食べ慣れたものを送ります。

大切な一日に、このような物しか送れずにごめんなさい。

貴女の健康と幸せと願っています。』

ふーん…。
――――――――あっ!!!!
ゆづ先輩の誕生日もうすぐじゃん!

すっかり忘れてた!!

あっ!そうでしたわ!!
えっと…11月の…
22日。

11月22日ですわ。

あっ、そうだった。
―――――って今日ですわ!!!
こうしちゃいられません!

早くパーティーの準備をしないと!

あわわわわわ。
ここはわたくしに任せてください。

みどりさんは準備ができるまで先輩を食い止めてください!

分かりました!
ポルックス、ゆづ先輩って今どこにいる?
ええっと……


今こっちに向かってます!

大変!
-----------------------------------------------------------------------------
ふんふんふーん。
先輩!
お、みどりじゃないか。

どうした?

あの…その…
こ、これから暇ですか?
まあ、別に予定はないけど?
どどど、ドーナツ食べに行きませんか?
いいよ。

店の場所知らんけど。

ポルックスが知ってるので大丈夫ですよ!
えっ、私?
早く調べて!ヒソヒソ
は、はいっ!ヒソヒソ
……こちらです!
先輩、行きましょう!
(…なんでマスコットが知っているんだ?)
-----------------------------------------------------------------------------
ええと、とりあえずありったけのお菓子と飲み物…それからそれから…
あっ!プレゼント買ってませんわ!

どうしましょう…。

エリー、一旦落ち着こうよ。
十分落ち着いてますの。
いやいや…
もうっ!

こんな時にイライラさせないでくださいまし!

結弦葉さんが、そんな付け焼き刃な誕生日会で喜ぶ気がしないんだよね…。
……。
…わかってますわよ。

でも…わたくしは祝いたいんですの、先輩の誕生日を。

せめて、みどりさんが戻ってくるまでの間は、頑張って準備しようと思いますの!
…わかったよ。君の熱意を買って、僕も手伝わせてもらうよ。
リゲル!助かりますわ!
それで、僕は何をしたらいい?
では、まずは小言を減らしてくださる?
……。
-----------------------------------------------------------------------------


……

うめえ。
おいしいですね。モグモグ
先輩は…
ん?
彼氏とかいないんですか?
いねえよ。
なんででしょうね…。
あたしに言われてもなぁ…。

出会いがないとかじゃあないの?理由があるとしたら。

そういえば、魔法少女って男の人いないですよね。
少女じゃないからな。
別に男の子でもいい気がするんだけどなぁ…。
シャウラ、なんか理由でもあるの?
ないわけでもない。

ただ極秘事項であるゆえ、たとえお前でも言うことはできん。

へぇー。

ますます気になる。

ポルックスも言えない?
ごめんなさい…。
えー、つまんなーい。
まあ何かしらの理由があることが知れただけでも収穫だ。
さて、食べ終わったし、そろそろ行こうぜ。

これ以上食べると夕飯食べれなくなるぞ。

あ…、はい。
-----------------------------------------------------------------------------


……


(エリー先輩、準備終わったかな…?)
ポルックス、ちょっと聞いてきて!ヒソヒソ
わかりました!ヒソヒソ
うおー、急に寒くなったよなー。

早くうちに着かないかなー。

そ、そうですね!
な、なにか…?
みどりさん!
どうだった?
あともうちょっとかかりそうだって!
ええ!?もうすぐ家着いちゃうよ!?
そこをなんとか!
あー、やっと着いたー。
ゆづ先輩!
あん?
ちょ、ちょっと外でしゃべりませんか?
やだ。寒いから家入る。
わあああ!ちょっと待ってください!
なになになになに!?お前今日なんか変だぞ?
いえ、いつも通りですっ!
だったら早く中に…
わあああああ!
おい!!
先輩!おかえりなさい!
エリー、ただいま。

みどりの奴がさ、なかなか家に入れてくれないんだよね。

あっ、入って大丈夫ですわよ!

みどりさんも!

うーい。
大丈夫なんですか?ヒソヒソ
ええ、ギリギリ間に合いましたわ。ヒソヒソ


……


なんじゃこりゃーーーーー!!!!!!
ゆづ先輩!お誕生日、
おめでとうございま~す!
お前ら、もしかしてこれのために……
プレゼントは…また今度渡しますわね…。
時間がなかったので…ごめんなさい…。
ん?これは?
あ!それはおばあちゃんからのプレゼントらしいですわ。

これ、手紙ですの。

ふむふむ。


じゃあ中身は――――――――やっぱり米だ。

お米だったんだ…。
さて!役者は揃いましたし、乾杯して楽しみましょう~!!
かんぱ~い!!
かんぱ~い!!
-----------------------------------------------------------------------------


数時間後

zzz…
スヤスヤ…
あの二人、疲れ果てて寝ちゃったか。
お前たちのサプライズが、あたしにとって一番のプレゼントだよ。


きっといつか、二人にお返しするね。

…本当に、ありがとう。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

黒嶺 結弦葉 (くろみね ゆづは)

21歳

田舎生まれ田舎育ち

魔法少女歴10年のベテラン

跡継ぎ問題に悩まされている

シャウラ

マスコットと呼ばれる白くて丸い地球外生命体

結弦葉を魔法少女に引き込む

渋い声

爺さん

結弦葉の隣の家に住む老人
よく田んぼに落っこちる

黄更城 エリー  (きさらぎ エリー)

13歳

魔法少女歴4年

都会出身

超一流企業の社長の一人娘

リゲル

エリーと共にいるマスコット
若々しい男の人の声

立河 みどり  (たちかわ みどり)

8歳

魔法少女歴1ヶ月の新人

孤児

ポルックス

みどりと共にいるマスコット
落ち着いた女の人の声 

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色