今ここで彼に何かを

文字数 1,911文字

    

 翡翠の欠片はクルクル回りながら、冷たい光を溢す。
 
――リィ・グレーネが名君だなどという風評は、蒼の妖精の権威を保つ為に後世の者が勝手に付けた尾ひれだ。私は周囲に助けられるばかりの、貧弱な情けない長であった。
 ただ、多少の時間を歪ませる力を授かって生を受けていたので、この場所で里と血を守りながらいみじく生きている――

 ネリはシュウに片手をしっかり掴まれたまま、儚く揺れる翡翠石を見つめた。
 五百年前……さっきのオレンジの光の脅威が現れ始めた頃に長になったのなら、彼女は本当に苦労をしたのだろう。
 歴史書によると、長の直系たる桁違いの術力の持ち主は、彼女で最後だった。
 後継を得られず、『自然界』は蒼の妖精を要らないモノだと排除しようとする。
 彼女の選択肢は、

、里と種族を守る事だった。
 そうして独り、時間の流れを緩めた空間で。周囲に先立たれながら。

「私、貴女の、為に……」
(何か出来る?)と聞こうとした所で、「ネリ!」とキオに遮られた。
「長クラスのヒトに言霊(ことだま)はダメ。口に出すと契約になってしまう」
 隣のシュウも慌てたように、手をギュッと握り直す。

――お前も賢いな――
 翡翠がチラチラと光った。
――術力が身の奥深く、石のように固く押し込められている。自分でやったのではないな?――

「うぅん、自分でやった。成長する度にギュウギュウ折り畳んで。父さんのやる事を横でずっと見ていたから、覚えた」

 ネリは、ハウスの井戸端で子供が浮いた不思議を思い出した。あれはキオだったか。

 翡翠石が激しく回転した。
――ハールート! ・・ハールートとリオナの息子!?――

「母さんを知っているの?」
 キオは、多少動揺した声を出した。

 リオナという名を、ネリは、ついさっきも聞いた。
 空の景色が消える直前に、ハルさんが呟いたのだ。

「母さんは貴女と知り合い?」

 キオの質問に、声は沈黙している。

 ネリは一所懸命頭を働かせた。キオのお母さんは、キオが三つの時に病で亡くなったと聞く。

 あ  ・・!!
 ……い、いや、これは、思い付いても口から出してはダメだ……

 しかし声は、ネリの行き着いた答えに先回りした。
――リオナの術力は桁違いだった。歳を重ねて大人になっても、そこの娘と同じく、消える気配が無く成長するばかりだった。髪色が似ているな、祖先を同じくするのやもしれぬ――

 ネリの背筋が冷えた。
 隣のシュウは、よく分かっていないながらも、懸命にネリの手を握っている。

――リオナは賢く優しい娘であった。家族の中で孤立して、書物だけが友達だった。ハールートは彼女を監視する為に近付いたが、やがて情が通って夫婦(めおと)となった――

 キオは口を結んで立ち尽くしている。

――『自然界』に目を付けられた術力の持ち主は、いつ『クモの巣』に襲われるか分からない。幼い内に術力が消えてしまえば問題ないが、成長しても持ち続ける者には闘い方を教えておかねばならない。
 それはハールートの仕事だった。知っていれば大した事はない。その者の術力を越えたクモの巣が現れる事はないのだから――

 言われてネリは唾を呑んだ。
 大したコト……あったと思うけれど、確かにあらかじめ教えて貰っていれば、あそこまで慌てずに済んだ。危なさもきっと段違いだっただろう。リオナさんも、さっきの私みたいに、オレンジのクモの巣をやっつけようとしたんだ。

――本人が跳ね除ければクモの巣は比較的容易に退いてくれる。だからなるべく本人が対応する物なのだ。ハールートは私の決め事を守っていた――

 そう、対応出来る筈だった、それが

現れた物だったなら。

――だけれど、私たちは

――

 ネリはキオの耳を塞ぎに行きたかった。
 しかしキオは毅然と立って、口を結んで石のカケラを睨んでいる。 

――きっとお前の術力は、リオナを遥かに凌駕したのだろうな、歩みもおぼつかぬ幼子の頃から――

 キオは黙ったまま小刻みに震える。

 気が付くと、シュウの胸繋(むながい)を掴んでいた手が、馬の首の下を伝って伸び、キオの肩を大きくガッシリと掴んでいる。ネリも慌てて身を伸ばし、黒髪の少年の手首を握った。
 さっきの、リィ・グレーネが勇気をくれたみたいに、今ここで彼に何かを送ってあげられればいいのに。

 黒髪の少年はやっと口を開いた。

「ならば僕の役割は、貴女や父さんの後悔を、埋め合わせる存在になる事なんだ」






「ネリ、店の方を手伝っておくれ!」

 声に、ネリは机の前で顔を上げた。
 今流れた一筋の雫が書物の裏表紙に円を作っている。
 慌ててそれを袖口で拭った。


 思い出した、全部…………




ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

ネリ: ♀ 草原の民 クリンゲルの街の中等学生 香辛料屋の娘。

歴史と書物が大好き。高所恐怖症、運動神経は壊滅的。

先頭に立ちたくないのに、誰も前に出ない時、仕方なく引き受けてしまう貧乏くじタイプ。

シュウ: ♂ 草原の民、クリンゲルの街の中等学生。貴族系富豪の一人息子。

学業優秀、理論派。一族の束縛に反抗心はあるが、家を守る義務感は持っている。

常にリーダーにおさまり、本人もそれが自然だと思っている。

ルッカ: ♂ 草原の民 クリンゲルの街の中等学生 シュウとは幼児からの親友。

蹴球(サッカー)小僧。大人にも子供にも好かれるコミュ力おばけ。

皆の接着剤的役割、そしてそれを自覚している。

キオ: ♂ 草原の民 クリンゲルの街の中等学生。町外れの牧場の子。

地味で無口。学校では空気のような存在。

一見気遣いタイプだが、己の信念はぜったいに曲げない。

チト: ?? 蒼の妖精 修練所の学生 ネリたちと同い年。

長様の執務室で小間遣いのバイト中。長さま大好き。

容姿が可愛い自覚あり。己の利点を最大限に生かして、賢く生きたいと思っている。

セレス・ペトゥル: ♂ 蒼の妖精 当代の蒼の長

長の血筋の家に生まれ、成るべくして蒼の長になった。実は一番面倒臭いヒト。 

ハールート: ♂ 草原の民 クリンゲルの街はずれの牧場主、キオの父親。

過去を洗うと埃と灰汁がバンバン出て来る闇歴史の持ち主。義理堅くはある。

キトロス博士: ♀ 三章『カラコーの遺跡にて』に登場。

考古学者。豪快で大雑把な現実主義者。

マミヤ: ♀ 『カラコーの遺跡にて』に登場。

キトロス博士の助手。この世のすべての基準がキトロス博士。


ツェルト族長: ♂ 『カラコーの遺跡にて』に登場。

キトロス博士の幼馴染。神経質でロマンチストな医者。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み