登り道

文字数 1,575文字

  
「ペ……ペースを落としてくれ、キティ」
「私の名前はもうキトロスだ。いい加減覚えろ」
「いいからちょっと待……ぜぇ……ぜぇ」
「そんなに細っこいからすぐにヘバるんだ。普段からもっと肉を食え」
「僕はこれで丁度いいんだ。君の骨格を基準にされてたまるか」

 後ろを歩く二人の大人は、さっきから同じような会話を繰り返している。
 よく飽きないものだと呆れながら、子供は大岩の登りに掛かった。

「しようがないなぁ。お――い、少し休憩にしよう」

 呼ばれてしまった。あ――あ……
 だが機嫌を損ねてはいけない。払いの良い客だから丁寧に扱えと言われている。
 子供は感情を仕草に現さぬよう、無表情で頷いて引き返した。

 素人が登るには少々険しい山道。
 今日の客は男女二人組。コーコガクシャと名乗っていた。
 コーコガクシャってのはたまに来るけれど、女性は珍しい。もっとも女性とは思えない程大きくて強そうだ。自分も肉を食べたらこんな風になれるんだろうか。

 子供は担いでいたザックからアルマイトのカップを出して、立ったまま休憩している女性に差し出した。彼女は大荷物を背負っているので、小休止では座らない。
「ありがとう、私はいいからあちらのおじさんに水をあげてくれるか」
 男性の方は青い顔をして座り込んでいる。

 子供は聞こえなかったように、水筒からカップに水を注いで女性に押し付けた。
 女性は仕方なく受け取り、男性の所へ運んでやる。
 その間に子供は二人からうんと離れて、すました顔で岩に腰掛けた。

「言葉、通じないのか? 標準語が分かる案内人をって頼んだのに」
「ガイドとしてはちゃんとプロの仕事をしている。問題ない」
「どうして僕の手の届く範囲に近寄らないんだ」
「あまり気にするな。子供には子供のこだわりがあるんだろう」
「見た感じの危険度は君の方が高いだろ」
「絞めるぞ」

 子供は塩を口に含みながら、大小の大人を眺める。筋骨逞しい女性と、色の薄い貧弱な男性。反対の事を言い合っているようなのに楽しそうだ。珍しい大人だな、と思った。

 偉そうに講釈を喋り続ける集団をこれまで何回も案内したが、険しい登り道にだんだんと静かになり、ご希望の目的地に着くと完全に沈黙してしまう。
 そんなのの繰り返しなので、子供にとってのこの仕事は、一族の大人に言い付けられて勤めるだけの、乾いたビジネスでしかなかった。
 そもそも何であんな

に、このヒトたちは高いガイド料を払って行きたがるのか。


 ***


 道の所々に白い残雪が現れ出した。
 子供はヒョイヒョイと渡ったが、振り向いていきなり「ダメだ!」と叫んだ。

 三人の真ん中を歩いていた男性が足を上げかけていた所だった。

「足跡以外踏むなってさ」
「だってあの子の足跡小さいじゃないか。その割に歩幅が大きいし」
「ガイドに従え」
「こっちだって山育ちなんだ。雪渓のセオリーくらい知っている」
「お前は頭でっかちの引きこもりだろうが。ここではあの子がルールなんだから従え。ほら、私が先に行って王子様に道を作ってやる」

 女性が彼を追い抜いて、ズシズシと子供の足跡の上にスタンプし、足場を広げてやった。
 男性はえっちらおっちらと、女性の大きな足跡にいちいち両足を揃えながら着いて行く。
 確かにこんな春先の雪渓は下が空洞だらけで、踏み抜いたら一巻の終わりって事もある。道迷いの原因にもなる。だから夏道を熟知しているガイドが雇われたのだ。

「こんな季節に無理矢理来たがったのはお前なんだから、責任持って頑張れ」
「だってさ、親父の奴、ずっと引退したがってて。兄貴たちは帰って来ないし……」
「…………」
「春繭の奉納祭が終わったら、今度こそ逃れられない気がする。族長になっちまったらもう出掛けられないだろ、こんな旅」
「……まあな」
「ここだけは来ておきたかったんだ」




『谷間に幽かに残る音』 表紙










ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

ネリ: ♀ 草原の民 クリンゲルの街の中等学生 香辛料屋の娘。

歴史と書物が大好き。高所恐怖症、運動神経は壊滅的。

先頭に立ちたくないのに、誰も前に出ない時、仕方なく引き受けてしまう貧乏くじタイプ。

シュウ: ♂ 草原の民、クリンゲルの街の中等学生。貴族系富豪の一人息子。

学業優秀、理論派。一族の束縛に反抗心はあるが、家を守る義務感は持っている。

常にリーダーにおさまり、本人もそれが自然だと思っている。

ルッカ: ♂ 草原の民 クリンゲルの街の中等学生 シュウとは幼児からの親友。

蹴球(サッカー)小僧。大人にも子供にも好かれるコミュ力おばけ。

皆の接着剤的役割、そしてそれを自覚している。

キオ: ♂ 草原の民 クリンゲルの街の中等学生。町外れの牧場の子。

地味で無口。学校では空気のような存在。

一見気遣いタイプだが、己の信念はぜったいに曲げない。

チト: ?? 蒼の妖精 修練所の学生 ネリたちと同い年。

長様の執務室で小間遣いのバイト中。長さま大好き。

容姿が可愛い自覚あり。己の利点を最大限に生かして、賢く生きたいと思っている。

セレス・ペトゥル: ♂ 蒼の妖精 当代の蒼の長

長の血筋の家に生まれ、成るべくして蒼の長になった。実は一番面倒臭いヒト。 

ハールート: ♂ 草原の民 クリンゲルの街はずれの牧場主、キオの父親。

過去を洗うと埃と灰汁がバンバン出て来る闇歴史の持ち主。義理堅くはある。

キトロス博士: ♀ 三章『カラコーの遺跡にて』に登場。

考古学者。豪快で大雑把な現実主義者。

マミヤ: ♀ 『カラコーの遺跡にて』に登場。

キトロス博士の助手。この世のすべての基準がキトロス博士。


ツェルト族長: ♂ 『カラコーの遺跡にて』に登場。

キトロス博士の幼馴染。神経質でロマンチストな医者。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み