巡り合わせ

文字数 2,088文字

 

 キトロス博士が「ああそうだ」とガラス棚を指差し、寝転んだまま族長を顎でしゃくった。
「そこに私の『名無しの歴史書』がある。ネリに見せてやってくれ」

「僕を誰だと思っているんだ。一応族長なのだが」
 言いながらも族長は立って、ガラス戸を開いて萌木色のそれをネリに渡してくれた。

「私の宝物。ひい爺さんに貰った」
「わあ、表紙の色が微妙に違う」
 立ち上がって受け取り、しげしげ眺めるネリ。

「手染めらしいからな。まぁやっぱり表紙の文字は消えてしまっている」

「博士のも、ヒトからヒトに受け継がれているのですね」
 ネリは丁寧にページを繰る。と、最後のページで目を見開いた。
 最終ページの白紙に、古いインクの署名がある。
 キトロスというのは博士の曾祖父の名。隣にもうひとつ名前……ハ……ル……?

「ハールート……はーるーとおお!!」

 またもやの絶叫に、隣の族長も長椅子の二人もビクッと揺れた。

「何だ何だ、どうした?」
「いえ、ハ、ハールートって名前の知り合いがいて」
「ああ、その署名は僕のひいお爺ちゃん。『砂漠の精霊』って意味だから、わりとポピュラーな名前なんじゃないか?」
「そ、そうなんですか……そりゃ、そうですよね……はぁびっくりした……ただの同名かあ」
「大昔の人物だよ、キトロス爺さんと仲良しだったらしい」

「族長と博士みたいにですか?」
 マミヤにフイと言われて、二人の大人は意表を突かれた顔を見合わせた。

「スゴイ偶然です、今かなり感動しています」
 ネリが続ける。
「私にその書物をくれたヒト、友達のお父さんなんだけれど、やっぱりハールートって名前だったんです」

「ほお」
「素晴らしい巡り合わせだな」


 ***


 二人の少女が宿舎に帰ったあと。
 族長は萌木色の歴史書の表紙をなでながら、長椅子に寝ころんだままの博士にごちる。

「まったく、表紙の装丁を自分でやりたいと革をなめす所から始めるとか、どんだけ酔狂だよ、君のひい爺さんは」
「拘った染料を使って、表紙の文字が化学反応で消失してしまったのは、お前のひい爺さんのせいだろ。うっかり中表紙も作らなかったお陰で今や、出所不明の幻の書物扱い」
「元はと言えば君のひい爺さんだろ」
「いいやお前のひい爺さんのせいだ」
 言い合いを一往復したあと、二人は黙ってしまった。

「参ったなあ、あの娘」
 族長がポツンと切り出す。
「何で教えてやらない? あの歴史書はうちのひい爺さんズが出版した物だって。別に支障はないだろ?」
「うん……」
「君はいつも変な所で言いそびれるな」

「あの娘……ネリ、私が女性学者だとも知らなかったんだ。先入観無しで書物を読んで好いてくれた。それがえらく嬉しくて、つい」
「つい?」
「だってあの娘、お前が大幅に加筆した『谷間に幽かに残る音』を、叙情的すぎて別人みたいだと言い当てるんだぞ」
「…………」
「読み取る力が秀出ているんだ。あの娘の白紙に余計なインクを落とせる程、私はまだ大した者ではない気がして」

 族長はしんみりする幼馴染みを見つめた。
「……それでも、あの娘に巡り会えたのは君ならではだと、僕には思えるのだが」


 ***


 三峰での三日間は、ネリにとって夢みたいな時間だった。
 鷹の養殖場でニコ毛のふわふわしたヒナを抱かせて貰ったし、訓練の様子も見せて貰えた。
 お望みの族長宅で、棚の蔵書を好きなだけ堪能させて貰った。本当に貰ってばかり。

 学校へ誘われたので授業を受けさせて貰えるのかしらと思ったら、ディ先生にハメられて教壇に立たされた。
 生徒からの質問攻めでフラフラになり、その後ララや子供たちとハイキングに出て、いつの間にか尾根歩きにも慣れていた。

「時間がどれだけあっても足りませんん!」

 悲鳴を上げながらも出発の時が来て、ネリは愛馬(ゲレゲレ)に跨がる。
 アマノジャクっ子が自作の羽根飾りをくれた。
 ララがその羽根飾りに道中守りの繭玉を足してくれた。

 同じく出発準備を整え馬に上がったキトロス博士に、族長がそっと寄る。
「なぁキトロス、ネリに、自分の歴史書に記念サインをしてくれって頼まれた」
「お前のサイン?」

「開いて恐れをなした。ラストのページに誰の署名があったと思う? リィ・グレーネだと」
「・・本物か?」
「その前の頁にヤークト翁の口癖も書いてあったからな」
「……」
「どんな経緯を辿ってんだよ、あの書物」
「……」

「いくら何でもそんなページに寄せ書きみたいに署名をするなんて嫌だからね。革表紙をめくって裏にこっそり書いておいた」
「うん?」
「『三峰の山懐から』ってタイトルと、『著者・三峰のヤン』と『編纂・キトロス/ハールート』。今度は消えない堅牢度の高いインクで」
「何をやってくれてんだ」
「たまたま偶然見付ける時が来るかもしれないね」

「……お前の署名はよ」
「あ、忘れた」
「何だそれは」
「次に『帰って』来てくれた時に書くって伝えておいて」

 族長は先祖代々変わらないいたずらっぽい目でウインクをした。
 博士は肩をすぼめて馬を返し、出発の号令を掛ける。

 ララも交えた四頭の馬は、尾根を目指して手を振って、三峰の青い空に溶けた。



       ~カラコーの遺跡にて・了~






ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

ネリ: ♀ 草原の民 クリンゲルの街の中等学生 香辛料屋の娘。

歴史と書物が大好き。高所恐怖症、運動神経は壊滅的。

先頭に立ちたくないのに、誰も前に出ない時、仕方なく引き受けてしまう貧乏くじタイプ。

シュウ: ♂ 草原の民、クリンゲルの街の中等学生。貴族系富豪の一人息子。

学業優秀、理論派。一族の束縛に反抗心はあるが、家を守る義務感は持っている。

常にリーダーにおさまり、本人もそれが自然だと思っている。

ルッカ: ♂ 草原の民 クリンゲルの街の中等学生 シュウとは幼児からの親友。

蹴球(サッカー)小僧。大人にも子供にも好かれるコミュ力おばけ。

皆の接着剤的役割、そしてそれを自覚している。

キオ: ♂ 草原の民 クリンゲルの街の中等学生。町外れの牧場の子。

地味で無口。学校では空気のような存在。

一見気遣いタイプだが、己の信念はぜったいに曲げない。

チト: ?? 蒼の妖精 修練所の学生 ネリたちと同い年。

長様の執務室で小間遣いのバイト中。長さま大好き。

容姿が可愛い自覚あり。己の利点を最大限に生かして、賢く生きたいと思っている。

セレス・ペトゥル: ♂ 蒼の妖精 当代の蒼の長

長の血筋の家に生まれ、成るべくして蒼の長になった。実は一番面倒臭いヒト。 

ハールート: ♂ 草原の民 クリンゲルの街はずれの牧場主、キオの父親。

過去を洗うと埃と灰汁がバンバン出て来る闇歴史の持ち主。義理堅くはある。

キトロス博士: ♀ 三章『カラコーの遺跡にて』に登場。

考古学者。豪快で大雑把な現実主義者。

マミヤ: ♀ 『カラコーの遺跡にて』に登場。

キトロス博士の助手。この世のすべての基準がキトロス博士。


ツェルト族長: ♂ 『カラコーの遺跡にて』に登場。

キトロス博士の幼馴染。神経質でロマンチストな医者。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み