薄暮の馬車

文字数 1,802文字

    

 気が付くと馬車に揺られていた。

 遠くの山に夕陽が沈みかけて、辺りはぼんやりとした薄暮。
 前方にバス道が伸びている。
 その先に見える夕陽に光る屋根屋根は、自分たちの街だ。
 いつの間にここまで帰って来たのだろう。

 ネリはゆっくり左右を見た。

 両隣には行きと同じように、シュウとルッカ。
 二人ともこちらを見て、キョトンと目を見開いている。

「どうしたの、ネリ?」

「え、うん、ああ、夢? すっごいリアルな夢見てた」

 二人の少年が女の子ごしに顔を見合わせた。
「夢っていつの話? ネリ、今の今まで喋っていたじゃない?」 

「え、ウソ」

「嘘じゃないよ、急に黙ってキョロキョロし始めるから」

 ネリは二人を交互に見る。からかっている風には見えない。
 記憶にあるのは、白い空間で女の子に頼み事をされて……あれ、何を頼まれた?

「あ、あたし、どんなコト喋ってた?」

「なんだぁ? 大丈夫か?」
 前で御者台に座るテオ叔父が振り向いた。
「俺もずっと聞いていたぞ。ヤークト爺さんと話した事とか帰り道が気持ち良かったとか、嬉しそうに喋りっぱなしだったじゃねぇか」

「…………」

「ネリ……?」
 右隣からシュウが心配そうに覗き込む。

「あれ、シュウ、メガネ無い?」
「うん、霧の中で落としちゃった」
「え、大変」
「家に予備が一杯あるから大丈夫だよ……ってか、このやり取りも二回目なんだけど」

 不安そうなシュウに、ネリは一所懸命思い出そうと頭を絞る。

「うん、帰り道……うん、気持ち良かった……」
 確かに、五人で並んで歩いた風景が、ちゃんと頭に残っている。

「ね、ねえ、私、迷子になったよね?」

「うん、なったよ。でもすぐに林の奥のパォで見つかったじゃん」

 ネリは更に頭をギュウギュウ絞る。
 白い霧、誰だかの冷たい指……??
 駄目だ、朝起きて夢を忘れてる時みたいに朦朧と思い出せない。
 そう、黒い馬が来てくれた、キオの乗った黒い馬!

「キオ! キオが知っているわ、キオに聞けば……」
 ネリは馬車の後ろを振り向いた。
 しかし、行きはそこにいたキオの黒い馬が着いて来ていない。

「キオね、」
「キオは……」
 シュウとルッカはまた困った顔を見合わせた。
 代わりにテオ叔父が応える。
「あいつは蒼の里に泊まりになっただろ」

「え? そんな話してたっけ?」 

 二人の男子が呆れた感じで口を開く。
「厩掃除をやる為に残るって」
「居住区で馬を走らせた罰則だって」

「そ、それって私のせい……」

「だから気にしなくていいって何回も言ったろ。あいつが早合点で勝手に馬鹿をやっただけなんだから」
 前方からテオ叔父が呑気な声音で言った。
「長殿も事情は分かっているから、怒ってはいなくて、他の子供に対する示しを付ける為だと。キオはハウスが大好きだから、泊まれる事になってかえって喜んでるんじゃないか?」

「……本当? 何で忘れちゃってるんだろ、私……」

 混乱して真っ青なネリに、シュウがゆっくりと声を掛けた。
「長様が、禁忌のパォの悪い気にあてられたから多少の『記憶の混乱』が出るかもって仰っていた。こういう事だったんだな。毒気は何時間かで自然に抜けるから心配しなくてもいいって。大丈夫だよ、ネリ、明日には治っているよ」
「そうなの?」

「研究発表の事も忘れてくれたらいいのにな」
「もお、ルッカ!」

 ネリは去って来た方向を見やった。
 沢山の経験をした。いい事も怖かった事も。
 ヤークトさんとの対話や幸せな帰り道、大切な記憶は忘れないで良かった。

 ……本当に?
 まばらな記憶
 白い霧、オレンジの光
 ……必死に握った冷たい手
 腕を駆け抜ける衝動
 ビイドロの奥の紫の、水底のような揺らめき
 …… ……  ……
 本当に、失いたくない記憶がそこにはなかったのか……?

 ネリはぼぉっと揺れに身を預ける。
 キオに会いたい。はっきりした頭でお礼を言いたい。
 明日には戻って来られるかな。放課後に牧場を訪ねよう。
 そうしたら、抜け落ちた記憶を教えて貰えるかもしれない。
 それから一緒に研究発表を作るんだ。楽しみ…………




 結果を先に言うと、研究発表の場にいた班員は四人だった。
 ネリは週明けに突然体調を崩し、肺炎まで併発して学校どころではなくなった。
 シュウとルッカが頑張って立派な発表に仕上げてくれたが、ネリの取材メモを受けとれなかったので、彼ら独自の物にならざるを得なかった。


 そしてキオは……帰って来なかった……




 
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

ネリ: ♀ 草原の民 クリンゲルの街の中等学生 香辛料屋の娘。

歴史と書物が大好き。高所恐怖症、運動神経は壊滅的。

先頭に立ちたくないのに、誰も前に出ない時、仕方なく引き受けてしまう貧乏くじタイプ。

シュウ: ♂ 草原の民、クリンゲルの街の中等学生。貴族系富豪の一人息子。

学業優秀、理論派。一族の束縛に反抗心はあるが、家を守る義務感は持っている。

常にリーダーにおさまり、本人もそれが自然だと思っている。

ルッカ: ♂ 草原の民 クリンゲルの街の中等学生 シュウとは幼児からの親友。

蹴球(サッカー)小僧。大人にも子供にも好かれるコミュ力おばけ。

皆の接着剤的役割、そしてそれを自覚している。

キオ: ♂ 草原の民 クリンゲルの街の中等学生。町外れの牧場の子。

地味で無口。学校では空気のような存在。

一見気遣いタイプだが、己の信念はぜったいに曲げない。

チト: ?? 蒼の妖精 修練所の学生 ネリたちと同い年。

長様の執務室で小間遣いのバイト中。長さま大好き。

容姿が可愛い自覚あり。己の利点を最大限に生かして、賢く生きたいと思っている。

セレス・ペトゥル: ♂ 蒼の妖精 当代の蒼の長

長の血筋の家に生まれ、成るべくして蒼の長になった。実は一番面倒臭いヒト。 

ハールート: ♂ 草原の民 クリンゲルの街はずれの牧場主、キオの父親。

過去を洗うと埃と灰汁がバンバン出て来る闇歴史の持ち主。義理堅くはある。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み