第34話 相性抜群

エピソード文字数 1,649文字

 ガソリンの補充を終えるなり、凛は送られてきた地図が示す場所へと急いでいた。

「ったく、なんで出ない?」
 
 電話もメッセージも返答なし。
 翼の身になにかあったのかと、内心で焦る。
 
 逃げる女を捕まえられなかったのは痛かった。
 運が良いのか優秀なオペレーターがいたのか、女は信号に引っかかることもなく、無駄のない運転で視界から消えていった。
 
 でも、敗因は追いかける前に二人乗りで距離を走っていたこと。
 実力では負けていなかったと、凛は強がる。

「だーっ、腹が立つっ!」

 完全に煙に巻かれた。
 目的地から遠いのは、誘導されたからに他ならない。
 
 つまり、翼のほうが本命を引いた。
 
 疑いようもなく、『朧』は確実に動いている。メッセージを読む限り、標的のアッシャーは無事のようだが……

「なにをやっているんだ、あの馬鹿は!」
 
 明らかに狙われている様子。
 それなのに、翼は保護する訳でもなく行動を共にしている。

「罠と知って飛び込むのは、私の役目だろうがっ」
 
 馬鹿正直に相手の策に乗るなんて、らしくない。
 それとも、待てない事情があったのか? 
 
 短い文面だけでは判断がつかない。
 
 凛の記憶では、目的地はほとんど稼働していない工場地帯。中学時代など、溜まり場として活用していた場所だ。
 
 おかげで、迷うことなく辿り着けた。
 
 いくつかのビルを眺め、見慣れたヘルメットを見つける。窓を数えると四階建て。トラブルがあったのか、一番上の窓が割れていた。
 
 破片を確かめようと近づくと、
「……これは」
 翼の携帯と無線のイヤホン。ガラスがまだ綺麗なので、割れてから時間は経っていないと見ていい。

「あの馬鹿、何処行った?」
 
 たとえ、四階から落下したとしても翼なら問題ない。が、痕跡からして落ちてはいない。

「木に、引っかかったか」
 
 普通に落ちたのなら無理だが、跳べば届く位置に大木があった。
 なら、翼はまだ廃ビルの中にいる。
 おそらく、罠があるだろうが知ったこっちゃないと凛が入り口に戻ると、誰かが出て来た。
 青いコートを着た……少年?

「――怯むな!」
 
 目が合った瞬間、凛は怯懦に流されそうになったので『言霊』を行使した。

「……あんた、何者?」
 
 どう見ても、中高生。短い黒い髪。容姿に目を見張る場所はない。
 ただ、手とコートの袖口が汚れている。おそらく、人間の血で――それも、一人や二人ではないだろう。
 もしそうだとしたら、この少年は確実に人を殺していることになる。
 
「――殺さなきゃ」
 
 不穏当な台詞を口にしたと思ったら、少年が向かってきた。

「――落ち着け!」
 
 凛は肉体ではなく、精神に強制命令を下す。
 そうして、自身の身体能力で少年の腹に蹴りを叩きこんだ。

「……弱っ!」
 
 あっさりと、転がる少年。
 だが、すぐさま両手を地面に付き、起き上がる姿勢を見せる。
 苦しそうだが、目は死んでいない。相変わらず恐ろしく、今にも人を刺しそうだ。
 まるで手負いの野獣。目を離したら――遣られる。

「――怯むな! ――落ち着け!」
 
 『言霊』による自己暗示も、数秒と持たない。
 もし、これと遭遇したのなら、翼はきっと死んだふりでやり過ごすだろう。となれば、やはりまだ廃ビルにいる。

「あんた、人の言葉はわかる?」
 
 冗談抜きで、凛は聞いた。返事は獣と雄叫び――そうして、少年は逃げ出した。

「って、逃げんな!」
 
 どう考えても、あの少年はアッシャーだ。しかも、暴走している。放っておく訳にはいかないと、凛は視線をバイクと少年の背中を往復させ――走って追いかけた。
バイクを置いていれば、翼へのメッセージになる。それにあの少年は、バイクで迫ったとしても怯みはしないどころか、平気で飛び込んで来そうだ。

「ったく、誰か私に状況を説明してくれ」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

羽田翼(17歳)。都内の私立高校に通う3年生。性格も容姿も至って平凡でありながら、脅威の耐久力と持久力の持ち主。

不良に暴行を受けている際、居合わせた鈴宮凜に『超能力とは異なった超能力』の所持を疑われる。結果、宗教法人ASHと公安警察にマークされ――人生の選択を迫られる。

鈴宮凜(18歳)。中卒でありながらも、宗教法人ASHの幹部。

組織が掲げる奇跡――H《アッシュ》の担い手。すなわち『超能力とは異なった超能力』の持ち主であり、アッシャーと呼ばれる存在。

元レディースの総長だけあって気が強く、その性格はゴーイングマイウェイ。

冨樫(年齢不詳)。何処にでもいそうを通り越して、何処にでもいる顔。

宗教法人ASHの創設者であり、部下からボスと呼ばれている。

手塚(年齢不詳)。幅広い年代を演じ分けられるほど、容姿に特徴がない。

宗教法人ASHを監視する公安警察の捜査官。

秋月彼方(33歳)。児童養護施設の職員で、元公安警察の捜査官。

また『超能力とは異なった超能力』の所持者でもある。

父親の弱みを握っており、干渉を遠ざけている。

秋月朧(年齢不詳)。彼方の父親で警視庁公安部の参事官。

『超能力とは異なった超能力』――異能力に目を付けており、同類を『感知』できる娘の職場復帰を虎視眈々と画策している。

近江悠(15歳)。児童養護施設で暮らす中学生。

車恐怖症によりバス通学ができず、辛い受験を余儀なくされている。

幼少期から施設で暮らしている為、同年代の少年と比べると自己主張が少ない。

朱音初葉(15歳)。児童養護施設で暮らす中学生。

震災事故の被害者で記憶喪ということもあり、入所は12才と遅い。

同年代の少女としては背が高く、腕っぷしも強い。

茅野由宇(14歳)。児童養護施設で暮らす中学生。

身寄りがない悠や初葉と違い、母親は存命。何度か親元に返されているものの、未だ退所することはかなっていない。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み