2022(令和四)年度

文字数 4,710文字

 今年は後回しにせず、しっかりと記録したい所存ではある…。

教育相談室

4月15日(金曜)

淀橋 高田馬場


 新年度ですね。

本日は国内各地の学校における、子供達の人権を守る取り組みを学ばせて頂きました。

校内暴力は、事後解決よりも未然防止が望まれます。


・「校内暴力は駄目絶対」という意識を定着させ、万一の際に早期発見する「子供自警団」の活動と、教諭の責任。

・「仲良し・手伝い・挨拶」の励行。


 京都市右京区の臨済宗妙心寺中京(なかぎょう)区の花園大学などを経営)を例に、宗教倫理教育などに関しても議論させて頂きました。


 今年度は一層、成功・発展・夢に向けて御指導を賜りたく存じます。

amen

過越(すぎこし)・復活祭

4月17日(日曜)

東京 西蒲田


 ヨルダン川(死海)は、世界最低の水面であり、かの地で受洗なされたキリストは、最も低き者達こそ救い、共に居られる…という事を象徴しております。

amen

天文部

4月22日(金曜)

湘南大磯


 学園にて、新年度の天文部が始まりました。


 太陽の北半球に大きな黒点群が見られ、南半球に移動して行きますが、フレアによるオーロラなどが発生するかも知れません。


 今年度は『天文宇宙検定』を教科書として学ぶ案も…楽しみですね!

横浜絵本研究会

5月8日(日曜)

横浜市 中区 関内


 今回のテーマは「大人はそれほどでもないけれど、子供は大好きな絵本」です。

絵本の結末には、子供には分かりづらい仕掛けが隠されている事もあるので、大人(中学生以上)に成ってから、気になる絵本を読んで見るのも有意義です。

ウクライナの影響で、戦争を描いた絵本の問い合わせも増えているようです。


 ありがとう御座いましたm(_ _)m

そして、母に感謝を…。

天文部

5月13日(金曜)

湘南大磯


 天の川銀河系の中心にある超大質量ブラックホール「射手座Aスター」(2万7000光年)の光子球が、遂に観測されたそうです!

これで、銀河系の中心にブラックホールが存在するという説が、確実に立証されました。

その質量は400万☼で、乙女座M87楕円銀河の65億☼(5500万光年)よりは軽いとの事です。


 いつか「宇宙人」とも交流して見たいですね…。

今日はこの後、夜間部にも参加予定です!

 夜間部では、各自の機材などを用いた今後の観測・活動予定を話しました。

天文部

5月27日(金曜)

湘南大磯


 5月31日(火曜)14時、ヘルクレス座タウ流星群(シュワスマン・ワハマン第3彗星)が見られるかも知れません。この流星群は、1930(昭和五)年に彗星が地球に接近して観測され、1995(平成七)年に彗星核が分裂し、その破片が今、地球に近付いているそうです。

天文部

6月10日(金曜)

相模 大磯


 小惑星リュウグウ(母天体は彗星)から多くのアミノ酸が見付かったので、地球の生命(の原材料)が、宇宙からの小惑星に由来する説が注目されています。但し、リュウグウには左型アミノ酸と右型アミノ酸が同量に存在するのに対し、地球生命の多くは左型アミノ酸で出来ているので、このような地球外天体から生命がそのまま運ばれて来た…とまでは言い切れないようです。

天文部

6月24日(金曜)

相模 大磯町


 太陽は非常に高温なので、プラズマ(物質が正負の荷電粒子に電離した状態)が発生し、それが磁場に影響を及ぼしています。2個の黒点が、磁力線で繋がっている事もあります。

教育演習

6月25日(土曜)

横浜市 中区


 地域社会の現場における広義の教育を、大学院にて議論させて頂きました。


 豊かだが、他者との繋がり、希望あるのか?

情報過多、少子高齢化、様々な課題。現役世代の不遇、子供の貧困。豊かさを求めた先に、個人の孤立・無縁化というウェーバーの予言。国が豊かになっても、個人が幸せとは限らない。


 「居場所」と繋がる自分、他者と助け合う自立・自律。奪い合うのは地獄、天国は分け合う社会。成長社会から成熟社会に。農山村には復元力・強靭性があり、誇りあらば「限界集落」でない。


 市場だけで解決できない、道徳の問題。『集まる場所が必要だ』。全身全霊でなく中途半端でも、できる事をする、そのほうが長く持続可能。分からない事、曖昧を受容するnegative capabilityが求められる。


 共感は、人と地域活動の支えになる。希望は、自分の中から湧き上がる、他者から贈られる、人・物事の間に生まれ皆で分かち合う。各地の具体例、公民館の活用など。


 現在の学校教育(カリキュラム)に対しても、皆様の御意見を拝聴する事ができました。ありがとう御座いました!

池上町興し総会

6月30日(木曜)

東京 大森 池上


 私の郷土である、大森池上の「町興し」に取り組む任意団体の総会に出席して来ました!

インターネットを用いた業務に、私達も協力できれば…と考えております。

アフリカ熱帯林の原住民

7月2日(土曜)

福岡市 中央区


 人類は約1万年前まで狩猟採集文化でしたが、アフリカ中部に広がるコンゴ盆地(コンゴ共和国など)の熱帯林には、現在も「ピグミー」と呼ばれる狩猟採集民が暮らしています。約7万年前から生活を営んでいるピグミーは、農耕以前の文化を継承する、現存最古の人類とも言われる先住民族です。自殺が無く、殺人事件も最近まではゼロ件で、不便でも心地良い生活様式が見られます。


 これまで人類は、寒冷な地域にも進出して来ましたが、近年は地球温暖化の影響で、コンゴ西隣のガボン共和国(赤道アフリカ西岸)でも、植物とそれを食す動物の減衰が報告されています。こうした地域の先住民は、貨幣経済を取り入れるなどして、適応を試みると思われます。


 ありがとう御座いました!

情報環境医療

7月9日(土曜)

福岡市 中央区


 ヒトなどの(人工コンピューターと異なり)適度な情報が入力される事で健全に機能します。そこで、物質・エネルギーに情報を加えた「情報環境学」の視点が、快適な生活に求められています。


 人類の故郷である熱帯雨林には、多様な昆虫の鳴き声などによって、耳に聞こえる可聴周波数を超えた超高周波(20kHz以上)の環境音に包まれています。これは耳だけでなく、全身の体表面から脳に伝達する音であり、ヒトなどの健康に良い影響を与える事が分かっています。都市文明の中でも、この音環境を人工的に再現する事で、ストレスの軽減が期待できます。


 ありがとう御座いました。

 埼玉新都心こと与野(中央区)に来ました!

定刻まで、フードコートでバターチキンカレーを頂きます!

甘い人生観の打破

7月7日(木曜)

埼玉市 中央区(与野市)


 七夕という良き日の今夜、新仏教の講演を拝聴させて頂きました。以下、講演内容の要約を書かせて頂きますが、現代の地球世界では未だ科学的に検証されていない事柄(教団独自の見解)が含まれます事、(あらかじ)め御了承下さい。


 学校教育には、国家の思想が反映される。成功する精神を鍛える経典(明治の『自助論 西国立志編』『学問の勧め』に相当する著書)が、ケニアの学校副読本に採用されている。他方、日本や西洋キリスト教文明を覆う科学的唯物論だけでは、全てを解明できない。宗教的真理の中に科学的真理があり、双方の両立を目指す。宇宙を創造した神の意志を認識せんとする精神の悟りは時空を超越し、地球外との交流を可能ならしめる。


 死後、魂が来世に逝くと信ずる宗教は多いが、胎児にいつ霊魂が宿るかは、キリスト教でもイスラム教でも説かれていない(私達は妊娠9週目ぐらいと考えている)。米国などを揺るがす中絶問題(妊婦の権利と胎児の人権)には、宗教からの意見発信が必要。


 霊魂は進化途上にあり、魂のレベルは生物によって異なる。人間の身近な動物、大きな動物には魂の原型が宿り、人間と関わって学んでいる。畜生道で動物に転生した者は、動物の生き方を経験する事で、人間を再認識する。この点、神道は善悪(天国と地獄)の峻別が曖昧。


 欧米民主制は、全体主義よりはマシだが、神仏の正義を斟酌(しんしゃく)せず、支持者の数だけで判断するマスメディアの正義は要検討。宗教を忌避する割に、妖怪や地獄的物語を好む報道。そのほかウクライナ戦争、同性愛等の自由と責任、ワクチンの副作用(後遺症が隠蔽されているのでは?)など。


 収入よりも支出(半分は借金)が多い国は、会社なら確実に倒産する。宗教も個人も自立し、他者を助けられるようにする。新型ウィルスはあと2年半ほど続くが、現下の諸問題は2020年代に決着が付くだろう。もし西洋の価値観が没落しても、次の価値観を提示できる日本を!


 以上ですが万一、此方(こちら)に上記の内容を掲載する事に何か問題が御座いましたら、仰って下さい。今宵の学びを、神仏に深く感謝申し上げます…合掌。

 「甘い人生観」は良くないとの事なので、あまり甘くないほうのフラペチーノを注文しました…w

天文部

7月8日(金曜)

相模 大磯町


 天秤座♎は、元々は蠍座♏の一部であり、往時の蠍座は今より大きかったそうです。


 太陽暦の7月7日は、梅雨の最中で恒星を見づらいので、旧暦の伝統的七夕(今年は8月4日・木曜)のほうが観望に適しています。

八正道

7月15日(金曜)

淀橋 高田馬場


 今月も寺院に参詣し、教育と大乗仏教を学ばせて頂きました。大人も子供も、眼前の悪に立ち向かう勇気ある者たらねばなりません。一人ひとりが少しずつ変われば、社会も良くなります。


正命 大切な「時間の使い方」を見直す。特に「(こま)切れの時間」を有効活用できるかが、人生を左右します。


正精進 (おの)が最大の欠点を振り返り、克服するために努力する。人生は判断の連続であり、それを繰り返す中で判断力を鍛えれば、自然と正しく選択できる傾向が生まれます。


 時間と上手く付き合い、お仕事を速やかに片付ける習慣を身に付け、余裕ある生活を過ごせるよう努めるべきですね。今月も御指導、誠にありがとう御座いました…合掌。

(…感謝のお布施、もう少し用意したほうが良いですね…)

公開講義

7月23日(土曜)

横浜市 青葉区


 人間の「目」をテーマとする公開講義です。


体育

 視覚的にイメージしたり、他者から実際に見られたりする事が、選手だけでなく学生や日常生活にも影響する。


心理

 錯覚には、物理・知覚・認知レベルの種類がある。特に認知レベルの錯視は、心理学によって柔軟性を持つべき「目」。


政治

 世界がパンデミックとウクライナ戦争に苦しむ中、人々の憎悪を煽り、事件をも引き起こすフェイクニュース。トランプ・プーチン・安倍晋三各氏ら政治権力者も、自らに都合よくフェイクを活用する。私達は新聞を読み、常識を培わねばならない。


 先生方、ありがとう御座いましたm(_ _)m

天文部

7月29日(金曜)

相模 大磯町


 夏休みなので星座早見盤を組み立て、その特徴と使い方を学びます。

天空教室

8月4日(木曜)

相模 大磯


 今日は、旧暦の七夕です。七夕は、奈良時代に唐帝国から伝わり『万葉集』の和歌に多く見られ、旧暦では秋祭の頃に当たります。平安時代に歌会として発達し、江戸時代には一般庶民(短冊)まで広まりました。

天文部

8月5日(金曜)

相模 大磯


 今週も、星座早見盤の使い方を確認。旧暦の七夕は立秋(8月7日)に近い事もあり、かつては秋の年中行事と捉えられていました。


 竜座(夏の北天)の中にある四分儀座は、現代天文学の星座名には正式採用されていませんが、それ以前から流星群の観測に用いられていたので、今も流星群の位置を表す呼称として残っています。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

 地球研究会は、國學院高等学校地学部を母体とし、その部長を務めた卒業生らによって、2007(平成十九)年に「地球研究機構・國學院大学地球研究会」として創立された。

國學院大学においては、博物館見学や展示会、年2回(前期・後期)の会報誌制作など積極的な活動に尽力すると共に、従来の学生自治会を改革するべく、志を同じくする東方研究会政治研究会と連合して「自由学生会議」を結成していた。


 主たる参加者が國學院大学を卒業・離籍した後も、法政大学星槎大学など様々な舞台を踏破しながら、探究を継続している。

ここ「NOVEL DAYS」では、同人サークル「スライダーの会」が、地球研究会の投稿アカウントを兼任している。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色