無からの創造?

文字数 199文字

「神様が世界を無から創造した」という考え方はアウグスティヌスが有名ですね。でも、実際聖書を読んでみると、本当に何もなかったところから天地創造が始まったわけではないんですよね……。


水はいつ創ったんだよ? 最初からあったのかよ? というのが、読み始めて最初に気になる点でした……。

そしてようやく作中で名前を呼ばれたシロウくん。黒兎の方はクロウくんです。彼の方はまだしばらく名前を呼ばれなさそうです……。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

白兎のシロウ。

聖書を読み始めた。

黒兎のクロウ。

シロウの親友。

足長兎のナガオ。

シロウに茶々を入れる役目。

硬兎のカタナリ。

とりあえず硬い感じに生きている。

幽霊のヤドナシ。

ちょこっと解説してくれる。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色